【クマの襲撃事件発生!】野外活動における食料の保管方法を抜本的に見直そう!

アウトドアニュース
スポンサーリンク

衝撃的なニュース

現場となったのは長野県松本市上高地のキャンプ場。

2020年8月8日の晩、日付が変わろうとしていた時刻にそれは起きました。なんと一人でテント泊をしていた50代女性が熊に襲われたのです。それも驚くべきことにテントごと。

調べによれば、熊はテント内にあった食料を狙ったのだとか。幸い女性の命には別条がなかったものの、右足を10針も縫う大怪我を負いました。尚、同キャンプ場は熊が捕獲されるまで一時閉鎖される模様。

キャンプに限らず、釣り、登山などアウトドア愛好家にとって他人事ではないこの問題。かく言うわたし自身もこれまで真剣に向き合おうとはしてきませんでした。そこで今回の事件を機に我々が学ぶべきこと、対策できることをじっくり考えてみたいと思います。

 

と、その前に熊に関する基礎知識を。

日本国内では2種類の熊が生息していますが、どのように分布しているかご存知でしょうか。

答えは北海道に生息しているのがヒグマ、そして本州以南で生息しているのがツキノワグマなのです。

つまり今回、上高地に現れたのはツキノワグマだったというわけです。

 

野外活動における熊対策

熊鈴の効果

山歩きをしていると、頻繁に熊鈴と呼ばれるものを腰のあたりにぶら下げた方とすれ違います。

チリンチリンと音がして遠くに人の気配があることを教えてくれるアレ。

あるいはラジオから音を鳴らしながら歩いている方も一定数いらっしゃいます。

これらの音が警戒心の強い熊を遠ざける効果がある(と、されている)わけですね。

 

ただ熊鈴を付けていても熊が現れたら効果がなかったと証明されますが、熊鈴のおかげで熊が立ち去ったことを証明するのってかなり難しいですよね。また一括りに熊と言っても個体差や性格の違いなどによってその行動パターンも同一であるとは言い切れません。

よってある種のお守りとして携帯されているのかな、とも考えられますが、危険の多い山中で己の存在を音でアピールできる数少ない貴重なツールであることは間違いないでしょう。

食料の保管方法

今回の事件で浮き彫りにされた食料の保管問題。

テント内で食料を保管するのってわたしもこれまで当然のように行ってきましたが、実はこれとっても非常識な行動だったのです。

とりわけ北米では熊の生息地で野営する際、ベアキャニスターなどと呼ばれる食糧保存容器の利用が義務付けられているのだとか。

ですからテント内で食料を保管するなんてことは、愚の骨頂だと指摘されても仕方のない行為だったのです。

知らんかったわ!

【参考記事】

ジョンミューアトレイル完全ガイド

アウトバック

 

ただ日本国内ではベアキャニスターの概念がそもそもありませんし、入手しようとしても基本的には個人輸入する以外に選択肢の少ない状況となっています。

では一体どうすればいいのでしょうか

オートキャンプであれば、例えば熊でも壊せないとされるYETIのクーラーボックスに食料を入れ、テントから離れた位置に置く、というのが今後の最適解になるでしょうか。

YETIのクーラーボックスはIGBC(アメリカ省庁間グリズリーベア委員会)が認証するベアレジスタンス容器としての基準をクリアしています。ただし熊が蓋を開けることを防止するには南京錠をかける必要あり。

出典:A&F

では大掛かりな荷物を携行できない登山やバックパック野営ではどうでしょうか。

考えられるのは、例えば袋に入れた食料をテントから離れた立ち木にぶら下げておく。あるいは地面に穴を掘って、そこに埋めて石などでカモフラージュする、といった程度でしょうか。

正直、どちらも気休め程度の効果しか望めないような気もしますが、テント内で食料と同居しないことが命を守るポイントだとすれば、現状このくらいしか思いつきませんでした。

 

とは言え、登山では食料のロストは命の危険にも関わりますから、これが最適解だとはとても言えません。今回の事件を教訓とする日本版ベアキャニスターの開発が望まれます。

熊よけスプレー

様々な対策を講じても熊に出会ってしまったら、、、

あまり考えたくはありませんが、可能性として避けられない以上は備えておかねばなりません。

いくつも種類があるようですが、わたしは使ったことがありませんので効果のほどはいずれも不明です、悪しからず。

問題は熊と正対した時、冷静にこのスプレーを構える胆力があるのだろうかってこと、、、

ちなみに成分は催涙スプレーの一種のようですが対人よりも当然強力なので、慌てて自分に向けて発射してしまわないように気を付けましょう。

まとめ

とゆーわけで、北米に比べて熊に対する警戒心のまだまだゆるい日本だからこそ起きたとも言える今回の事件。上高地の比較的栄えたエリアでも油断できないという、大きな教訓を得ることができました。

 

テント泊の新常識、それは、、、

寝床と食料の保管を一緒にしてはいけない、ということです。

 

ベアキャニスターが容易に入手しずらい現状は難しいこともありますが、熊の目撃情報のあるエリアではこのことを念頭の置いた行動を心掛けたいものです。

 

こちらの記事もオススメ
【はじめての小屋泊登山計画】消費カロリーから逆算した食事メニューを考える
今夏、石川県と岐阜県をまたぐ日本三霊山のひとつ白山に登る計画を立てているのですが、食事に関して悩んでいます。というもの、今回は小屋で一泊を予定しているのですが、これまで日帰り登山しか経験していないので、どれだけの食糧を準備すべきなのかいまい...
【2020年版】山岳用テントの購入に向け比較検討してみる
まだまだ本格的なものではありませんが、山道を歩く面白さに開眼した2020年。 新型コロナの影響によりその活動も一時休止していましたが、徐々に活動を再開させていきたいなと。いずれはテント泊にも挑戦してみたいのですが、生憎わたしの所有する...
【2020年版】初のツエルト購入に向け比較検討してみる【登山のお守り】
ツエルトという名前こそ知ってはいたものの、登山をしないわたしにとってはどこか遠い存在でもありました。ざっくりとしたイメージとしてはシェルター仕様のタープ泊って感じでしょうか。 基本的には緊急避難時に使うものではあるのでしょうが、その軽...
【手軽な登山保険】モンベル会員なので野あそび保険に加入してみた
今夏、日本三大霊山のひとつ白山への挑戦を計画しているのですが、天候とにらめっこした結果いよいよ予定が決まりました。 そこで念のため登山保険に加入しておこうと色々調べた結果、モンベルが扱っている野あそび保険というのが最もお手軽だという結...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース コラム
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET