【テント・オブ・ザ・イヤー2019】今年最もイケてるテントはこれだ!【大型テント部門】

コラム
スポンサーリンク

企画説明

いよいよ年の瀬となってきましたので、2019年に発売された新作テントを振り返りつつ、独断と偏見にもとづく、わたしの琴線に最も触れたテントを発表したいと思います。

なんでテントかと言うとやっぱりアウトドアギアの花形選手ですからね。

しかしテントと一口に言っても多種多様なので、ここではざっくり大型テント部門小型テント部門といった具合に区分けをしていきます。

尚、フロアレスシェルターなどもテントとして扱っておりますのでご了承ください。

 

大型テント部門

まずはキャンプ市場の中心ど真ん中、日本のキャンプと言えばオートキャンプ。近年益々大型化の進むテント市場、既存の区画サイトには収まりきらないものも散見されるようになってきました。

それではエントリーされた大型テントを寸評・解説と共に一挙ご紹介。

基本的に当サイトで過去に扱った情報から恣意的にピックアップしています。

 

ogawa

  • アテリーザ
この発想はなかった!ogawaからY字ワンポールテントなる新概念のアテリーザが登場
枯れた技術の水平思考 ゲーム&ウオッチは、5年早く出そうと思ったら10万円の機械になっていた。 量産効果でどんどん安くなって、3800円になった。それでヒットしたわけです。 これを、私は"枯れた技術の水平思考"と呼んでいます。...
Y字ポールという一発アイデアでワンポールテントの居住性をアップさせたアイデアが光ります。

 

テンマクデザイン

  • BIG ROOM
  • CIRCUS650
  • CIRCUS720SS
テンマクデザインから大型シェルター「CIRCUS(サーカス) 720SS」登場!
CIRCUS(サーカス) 720SS A型フレームを採用することで広い内部空間を確保してみせたテンマクデザインの「CIRCUS(サーカス) 720DX」 この投稿をInstagra...
テンマクデザインの攻めた新作テント「BIG ROOM」は実店舗で7/25発売!
アイキャッチ:テンマクデザイン公式Instagram BIG ROOM この投稿をInstagramで見る 【BI...
ここにきてBIG ROOMという高価格帯のプロダクトを投入してきた業界の風雲児。

 

luxe

  • ヘラクレス
  • メガホーンXLシェルター
Luxeの新作テントが大型化!冬のひきこもりキャンプに最適な煙突ポート付き!
Luxe かつて一世を風靡したメガホーンでお馴染みの中華製アウトドアブランドLuxe 安価で見た目も良く、実用的なワンポールテントとして2014~2015年頃に流行していたと記憶しています。現在ではメガホーンだけでなく、ミニピークを...
メガホーンのluxeから煙突ポート付ドームテント「ヘラクレス」が出た!
メガホーンが一世を風靡したのって、、、 もう3~4年前でしょうか。最近でこそサーカスTCの台頭によってあまり見なくなりましたが、一時期はキャンプ場でもYoutubeでもよく見かけました。これは有名な話ですが、メガホーンを作っている香港メー...
国外メーカーらしく煙突ポートの付属したヘラクレスと人気なメガホーンのXLサイズ。

 

ハイラダンダー

  • ROOMY
  • NAGASAWA
ハイランダーのNEWテント『ROOMY』と他社のエアフレームテントを比較検証
重要 2019年4月24日(水)現在ナチュラムにて在庫あり! Hilander(ハイランダー) エアートンネル ROOMY 満を持して登場 あのアウトドア&スポーツ ナチュラム から遂にオリジナルテント『RO...
グランピングの最終兵器!ハイランダーからタマネギ型テントが新登場!【NAGASAWA】
NAGASAWA300/400TC とにもかくにも、まずはこちらをご覧ください。 出典:ナチュラム 公式では蓮型と表現されていますが、タマネギを彷彿させるその特徴的な形状。ぽってりとしたフォルムが愛らしく、女性...
ハイラダンダーが手掛ける初のテントはなんとエアフレーム!

 

nemo

  • ヘキサライト6P エレメント
  • ヘキサライト SE 6P マルチカムリアッド
【レビュー】nemo(ニーモ)ヘキサライト6Pエレメント初回利用時の印象
購入動機 昨年購入したスノーピークのヴォールト。 2018年11月のファミリーキャンプではこのようにサーカスTCをリビング、ヴォールトを寝室として運用したのですが、たとえ3人家族とは言え、サーカスをリ...
希少なツーポールシェルターのTC素材バージョン。

 

ニュートラルアウトドア

  • LG Tent 4.0
  • TCテント4.0
流行りのTC素材で!ニュートラルアウトドアから2019秋の新作テント&タープが新登場!
NEUTRAL OUTDOOR(ニュートラルアウトドア) グランピングという言葉が徐々に世間へと浸透しはじめた2015年当時、その象徴的な存在としてNordisk(ノルディスク)のコットン製ベル型テント「アスガルド」が人気を博していました...
ニュートラルアウトドアより新作テント登場!今度はロッジ型
新作テントはロッジ型 「NEUTRAL OUTDOOR」2019年最初の新作テントはロッジ型となるLG Tent 4.0 画像出典:ニュートラルアウトドア スペック 本体生地: ポリエステル68Dリップストップ...
ポリ素材のロッジ型とTC素材のベル型。

 

ヘリノックス

  • Tac.フィールド6.0
  • タクティカルVタープ
ヘリノックス秋の新作!Tac.V-tarp(タクティカルVタープ)がいよいよ発売開始!
Tac.V-tarp(タクティカルVタープ) 待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。2019年に満を持してテント・シェルターの領域に進出を果たしたHelinox(ヘリノックス) ゴールデンウィーク前に発売された製品群に遅れるこ...
コンパクトチェアの雄が満を持して放つ大型シェルター。

 

muraco

  • ZIZ 5P
muraco初の2ルーム「ZIZ 5P」が7/27発売開始!
ZIZ 5P 2019年の春先より情報が小出しにされていたmuraco初の2ルームテントとなる「ZIZ 5P」がいよいよ発売されることになりました。 名前の通り5名が寝泊まり出来る空間を備え、吊り下げ式のインナーを外せば倍の人数が寛...
ブランドが有するシックなイメージを保ちながらファミリーでも使える同ブランド初の2ルーム。

 

キャプテンスタッグ

  • DXオクタゴン
キャプテンスタッグからポリ素材のベル型テント「DXオクタゴン」が新登場!
ポイント ポリエステル素材のワンポールベル型テント サイズは5~6人用400と7~8人用460の2種類。 価格はそれぞれ85,104円、99,360円(ナチュラムを参照、ポイント3%付与) 納期は注文後、1週間~...
こっそり発売されたクラシックシリーズの最新作。

 

DOD

  • カマボコテント2
  • タケノコテント(タンカラー)
  • カマボコテント クエ
DODの高級幕カマボコテントクエが7/24から販売開始!
カマボコテントクエ 一大旋風を巻き起こした「カマボコテント」のハイグレードバージョンとしてDODが満を持して放つ「カマボコテントクエ」 当初、転売対策として抽選販売を予告していたのですが、諸般の事情により従来通りの先着順となったよう...
同社を代表する存在となったカマボコシリーズがバリエーション豊かに。

 

FIELDOOR

  • ワンポールテント500
FIELDOORから大人数向けの「ワンポールテント500」が新登場!
ワンポールテント500 先日ご紹介した「フォークテント280」に続き、FIELDOORからまたしても新作テントが登場しました。 一見シンプルなテントではありますが、細部をチェックしていくと、しっかりポイントをおさえていること...
良コスパブランドとして急成長中。

 

コールマン

  • トンネル2ルームハウス/LDX+
コールマンが2019年新作トンネル2ルームハウス/LDX+を発売
トンネル2ルームハウス/LDX+ ここ最近コールマンがやたらグイグイ推しているダークルームテクノロジーなる新技術を取り入れたお馴染みの2ルームタイプ。日光を90%ブロックと謳っているのですが、不思議と温度の上昇に関しては公式で触れていない...
新素材の幕で遮光性アップ。

 

ビッグアグネス

  • ガードステーション8
  • フライングダイヤモンド
ビッグアグネスのガードステーション8 日本限定カラーが登場!
これが真っ赤な日本限定カラー! View this post on Instagram Big Ag...
ビッグアグネスの2019新作大型テント!フライングダイヤモンド
フライングダイアモンド 情報まとめ 6人用と8人用の2種類が存在 高さは6人用が170cm、8人用が183cm インナーテント内部に仕切りあり 6人用 2:4 8人用 2:6 価格:6人用98,0...
日本向けにアレンジされたガードステーション8と2ルーム構造のフライングダイヤモンド。

 

カーカムス

  • ハイライン クラシックジャック
カーカムスの新テント「 ハイライン クラシックジャック 」が登場!
Kirkham's スプリングバーでお馴染みのカーカムスからナチュラルな風合いのアイボリーカラーが登場しました。近年日本のテントはベージュ、デザート、タンといった茶系がトレンドとなっていますので、こちらも同様に人気が集まりそうですね。 ...
スプリングバーと呼ばれる構造の大型コットンテント。

 

タラスブルバ

  • キャタピラー
スポオソのPBとして復活したTARAS BOULBA(タラスブルバ)から目が離せない!
TARAS BOULBA(タラスブルバ)とは? かつてasicsが展開していたアウトドアブランドで、誕生したのは1976年。2010年頃、asicsがスウェーデンのアウトドアメーカー「ホグロフス」を子会社化。そこでホグロフスに注力するため...
スポオソを展開するメガスポーツが手掛ける旧ブランドが今年復活。その目玉となった大型シェルター。

 

スノーピーク

  • ランドロックアイボリー
  • ランドブリーズPro.4
限定アイテム発表!雪峰祭2019春の目玉はランドロックアイボリー!
ランドロックアイボリー RED FRAME EDITION 先日お伝えしたスノーピークのファン感謝祭である「雪峰祭2019春」 そして今回、雪峰祭限定仕様のアイテムがいくつも発表されました。 なかでも特筆すべき...
スノーピークが2020年の新作発表!気になるアイテムをピックアップ!
スノーピーク2020年の新作 年々ヒートアップするアウトドアブームに踊らされることなく、その状況を冷静に分析しつつその上で進化をやめようとしない業界のトップランナーsnow peak(スノーピーク)。 先日、会員だけに送られる新作カ...
不動の人気ランドロックの雪峰祭2019モデル

 

ロゴス

  • ナバホEX Tepeeリビング400-AI
  • neos AL PANELリビングプラス XL-AI
  • neos AL PANEL V-DOME WXL-AI
  • PANELスクリーンドゥーブルXL AI-LIMITED
ロゴスからベーシックな4シーズンテント「neos AL PANEL V-DOME WXL-AI」が新登場!
neos AL PANEL V-DOME WXL-AI クセのないベーシックなドーム型テントがロゴスから発売されました。 こうしたタイプには珍しいスカート付きというのが嬉しい配慮ですね。 これによって冬季の保温性能もぐっと増し...
ロゴスの新作2ルーム「neos AL PANELリビングプラス XL-AI」が発売開始!
neos AL PANELリビングプラス XL-AI ロゴスの2019年新作2ルームテントが発売されました。 キャンプ場でみかけるロゴスのテントってまあ大体2ルームテントが多いですよね。あとはワンポールのナバホとかでしょうか。 ...
ロゴスから前室付ワンポールテント「ナバホEX Tepeeリビング400-AI」が登場!
ナバホEX Tepeeリビング400-AI ロゴスお得意のナバホ柄ワンポールテントに新形態が登場です。 簡単に言うとワンポールテントの設営のしやすさと2ルームテントの広々空間をいいとこどりしたような感じ。サイズもかなり大きく、公式サ...
ロゴスより2019秋の限定カラー「リミテッド」シリーズが新登場!
リミテッドシリーズ ロゴスより2019年秋限定カラーとなるリミテッドシリーズの発売が発表されました。これまでのロゴスにないどこかクラシカルで落ち着いた色合いに興味を持たれた方も多いのではないでしょうか。 それではラインナップされた全6ア...
既存モデルのマイナーチェンジが目立ちました。

 

ヒルバーグ

  • アルタイXP
A&F別注限定カラーのHILLEBERG「アルタイXP」が発売開始!
アイキャッチ出典:A&F公式Instagram ヒルバーグ アルタイXP A&F限定カラーのヒルバーグ「アルタイXP」が登場です。 リビングスペースとしてグループでの利用やシェルターとしてカンガルースタイルなどに活...
人気シェルターのA&F別注カラー。

 

ゼインアーツ

  • ZEKU-M
  • ROGA-4
ゼインアーツの1stロットが2019年4月6日(土)全国同時発売!
颯爽と現れた新進気鋭のテントメーカー 2018年末の発表と同時に界隈の話題をかっさらった新興アウトドアブランドのZANEARTS(ゼインアーツ)その美しい造形はテントという道具の枠を越えてもはやアート。その看板に偽りなし、といったところで...
2018年末に産声をあげた新進気鋭ブランドの第一弾。誰もがうなる美シルエット。

 

サバティカル

  • モーニンググローリー TC
  • スカイパイロット
  • アルニカ
  • ギリア
遂に情報解禁!A&Fが手掛ける新興ブランド「SABBATICAL(サバティカル)」の全貌に迫る!
SABBATICAL(サバティカル) 世界の錚々たるブランドを取り扱う業界の先駆者であるA&Fが満を持して立ち上げた独自ブランド、それが今回取り上げる「SABBATICAL(サバティカル)」 WikipediaによればSAB...
【アルニカ】あのサバティカルから新作テント&タープ第二弾が発表!【ギリア】
超大型ルーキー「SABBATICAL(サバティカル)」とは? 2019年夏、業界を震撼させたA&Fが放つオリジナルブランド「SABBATICAL(サバティカル)」の第一弾プロダクト。とりわけモーニンググローリーTCとスカイパイロットが放つ...
A&Fからの嬉しいサプライズ。デザイナーはなんとゼインアーツ代表の小杉敬氏。

 

デザイン賞

それでは優れたデザインのテントに送るデザイン賞を発表します!

テント・オブ・ザ・イヤー2019、大型テント部門、デザイン賞に輝いたのは、、、

 

 

 

ゼインアーツ、ROGA-4!

出典:ゼインアーツ

【選評】

これほどまで美麗なシルエットのテントが国内メーカーから登場したことを素直に喜びたい。史上最も美しいテントと呼ばれるmossの伝説が過去のものとなる瞬間にわたしたちは立ち会っていたのかもしれません

デザインは代表を務める小杉敬氏。同じく新興ブランドであるサバティカルのデザインまで手掛ける小杉氏が今後、業界のキーパーソンになっていくことは明白、動向がさらに注目されます。

 

アイデア賞

続きまして、アイデア賞!

こちらは言うまでもなく、独創的な構造やギミックに溢れたテントに送られる賞です。

それでは発表します!テント・オブ・ザ・イヤー2019、大型テント部門、アイデア賞に輝いたのは、、、

 

 

 

ヘリノックス、Tac.フィールド6.0!

出典:ヘリノックス

【選評】

Tac.フィールド6.0最大の特徴はポールの形状にあります。

基本的にはツーポールシェルターの特性を踏まえながら、設営の簡易さと引き換えにしてきた居住性をアップさせるために取り入れられたのが十字ポール。これはヘリノックスを手掛けるDAC社が誇る世界最高レベルのポールを使用しているからこそ実現したもの。

アイデアは無論、それを叶える技術あってこそ完成した、いわば唯一無二のツーポールシェルター2.0(ややこしい?)なのです。

 

話題賞

さて、悩みに悩んだのが話題賞。

今年はハイランダーやタラスブルバ、ゼインアーツ、サバティカルなどの新規参入が目立ちましたが、純粋にテント単体として話題になったことを考慮した結果、、、

それでは発表します!テント・オブ・ザ・イヤー2019、大型テント部門、話題賞に輝いたのは、、、

 

 

 

ゼインアーツ、ZEKU-M!

出典:ゼインアーツ

【選評】

なんとゼインアーツが二冠達成!(安心してください、お前のマッチポンプだろうという声は聞こえています)

要因として美しいデザインは無論、発表から発売までのスパンが長かったために話題が話題を呼んだという印象があります。初期ロットも即完でしたよね。ビジュアル一発でハートを射抜かれたキャンパーが続出しました。

A&Fのサバティカルも鮮烈なデビューでしたが、どちらも次のプロダクトが楽しみです。

 

最優秀賞

さあ、それでは最期に最優秀賞の発表です。

高い志と努力の痕跡、そして唯一無二の希少性などを複合的に判断した結果は、、、

それでは発表します!テント・オブ・ザ・イヤー2019、大型テント部門、最優秀賞に輝いたのは、、、

 

 

 

サバティカル、スカイパイロット!

出典:サバティカル

【選評】

サバティカルを手掛けるA&Fと言えばヒルバーグを筆頭に世界各国の有名アウトドアブランドを代理販売していることで知られています。

すなわちそれらとバッティングしないプロダクトを開発しなければならない、という非常にデリケートな問題があったであろうことは自明。つまり作りたいものを忖度なく作れる純粋なアウトドアブランドとはまた違う諸事情を抱えていたはずなのです。

そんな狭いストライクゾーンに見事な剛速球を投げ込んだ開発陣には脱帽の一言しかありません。同時発売されたモーニンググローリーTCと最期まで迷いましたが、大型テント部門に相応しいスカイパイロットに最優秀賞を捧げたいと思います。

 

引き続き小型テント部門へ!

【テント・オブ・ザ・イヤー2019】今年最もイケてるテントはこれだ!【小型テント部門】
大型テント部門はこちら 企画を再度ご説明 最新のアウトドアギア情報を日々チェックしている中で最も嬉しいのが、度肝を抜かれるようなプロダクトに出会えた瞬間。「なんだこれは!?」とか「そうきたか!!」と大きく感情が揺さぶられる、あの...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
コラム
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET