【ポリタンク問題】野暮ったい灯油タンクからの卒業【ヒューナスドルフ】

キャンプ道具
スポンサーリンク

先日、石油ストーブに関する記事を書きました。

ポリタンク野暮ったい問題

そこで今回は石油ストーブと切っても切れない灯油タンクについて。

灯油タンクと言えば、やはりこうしたものが一般的ですが、やはり野暮ったいと言いますか、「THE生活感」をこれでもかと強調してきますよね。危険物であることをアピールする目的もあるのでしょう。

 

そこで我が家ではドイツ製ヒューナスドルフのポリタンクを使っています。

さすがはドイツ製、ゲルマン民族の最高知能の結晶と言いましょうか、その質実剛健な姿は惚れ惚れします。実際、作りは頑丈で多少の衝撃では凹んだり穴が空いたりという心配は不要なほど。

 

タンクの蓋を開ける際、とちょっとしたコツがあるので念の為記しておきます。時計回りにくるくる回しても蓋は開きません。下にグッと押し込むように力を入れて回してみましょう。私自身、初回時に手間取ったので。

 

サイズ展開

2L、5L、10L、20Lの4種類

 

カラー展開

カーキ、赤、黒、黄、緑、青のなんと6種類

 

ポリタンクとしてはちょっと値が張るのですが、そうそう買い替えるものではありませんし、10年は平気で使えそうな頑丈なつくりをしているので後悔はありません。唯一無二のヴィジュアルとカラーリングはそれだけの価値があるかと。

 

灯油ポンプ問題

ただ、もう一つ問題がありまして、それが灯油ポンプ。せっかくポリタンクでイキってみたのにポンプがぐいぐい足を引っ張ってきますので、ここにも気を使いたいところ。

 

そこで私は近所のホームセンターでこちらの灯油ポンプを取り寄せました。

送料で600円くらいしましたが、、、

 

本当はタカギのポリカンポンプの評判がいいので、そちらも候補にしていたのですが、いかんせんカラーリングが納得できませんでした。

 

そこでこうした需要があるとメーカーも把握しているのか、アラジンストーブとのコラボバージョンもあるのですが、

あらやだ

ポンプだけで結構なお値段がするではありませんか。

 

ここまで揃えたらもう、

いったれや

とも思うのですが、しばらくは様子を見たいと思います。

 

ただこの組み合わせには欠陥がありまして、ポンプをタンクに差しっぱなしに出来ないのです。これはかなり致命的な問題でありまして、給油の度にタンクからポンプを抜き差しするわけですが、当然そのままだと灯油が床にこぼれてしまいます。

ですから雑巾でポンプから滴る雫を拭いながらポンプにケースに収めなければならないのです。この作業がかなり面倒。雑巾の収納場所に困り、現在はコストコで購入したこちらのアンモボックス小に入れています。

これなら灯油のニオイもシャットアウトしてくれるので重宝しています。

 

ちなみにタンクに付属する黒いノズルを使用する場合は漏れる恐れがあるので、こちらのパッキンを噛ますのが定番となっている模様。

 

新たな組み合わせ案

まず、給油の手間問題を解決するには口コミを信用するならポリカンポンプにすることが最適解だと考えます。ポリカンポンプはタンクのキャップ代わりにもなるので、都度片付ける必要がないからです。

 

ところが、ポリカンポンプが蓋として機能する給油口の外径は50mm。ヒューナスドルフの外径は37mm。つまりフィットしないわけです。外径が合わないとき用のアダプターもあるのですが、そちらは65mm。

 

はて、どうしたものか。それを解決してくれそうなのが、こちらのポリタンクです。

View this post on Instagram

LITTLEHANDさん(@littlehandantique)がシェアした投稿

福井県の輸入雑貨店オリジナルのポリタンクらしいのですが、カラーリングはこちらのイメージに近いのでOK

 

問題はこのタンクにもポリカンポンプがフィットしないこと。なんですが、先ほどのアタッチメントがそれを解決してくれます。ただ、そこまで投資して今の灯油環境を改善したいかと言うと、まだ切実な心境ではないというのも正直なところ。

我が家の給油担当は私ひとりなので、ぶっちゃけ私が我慢すればいいだけの話でもあり。しばらくは現状維持で様子をみてみたいと思います。

 

こちらが最適解のイメージですね。皆さんは私の失敗を踏み台にしてください。

View this post on Instagram

Yasuhiro Iさん(@yasuoromen)がシェアした投稿

 

意外と知らない方も多いアダプターとポリカンポンプの組み合わせ

私とお揃いでよかったら、、、

 

 

Twitterをフォローしてくださると、たまにお役立ち情報をつぶやきます

プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET