【レビュー】DODのバッグインベッドを使い込んだから言えること

キャンプ道具
スポンサーリンク

からだバキバキ問題

数年前にファミキャンデビューした当時、我が家の喫緊の課題は妻のからだバキバキ問題でした。

それは地面にマット敷いて寝ていたのですが、朝起きると妻が「体が痛い」としきりに訴えてきたのです。そこで購入したのがアルパインデザインの激安コット2台(これはこれで私は気に入っています)。

これは妻と娘の分で、私は痛みを感じたことがないのでいらないかなー、と思ったのでした。

 

しかしながらテントの中で二人がコット寝で私だけ地べたに寝ていると、すごく見下されているような気分になるので、むしゃくしゃして買ってしまったのが、DODのバッグインベッドでした。

当時はよくリトルカブに荷物を満載して野営に繰り出していましたので、コンパクトなコットがあったらごつごつした河原でも快適に眠れるんじゃないか、などと妄想したのが購入の決め手です。

 

軽量コンパクトを追求すれば、それこそヘリノックスやサーマレストのコットにたどり着くのでしょうが、そもそも必要に迫られたわけではないので、手頃な価格であることも重要だったのです。

行きはよいよい帰りは、、、

組み立ては非常に簡単。これは間違いありません。

私の場合は片足でホールドして右手に持ったポールをひょいと引っ掛けるイメージで組み立てています。

問題はバラシ作業の困難さにあります。

バッグインベッド(コット) CB1-510K CB1-510T 組立て動画

公式動画でもバラシ方には触れていませんよね。

 

全部で4本ある脚部の半分くらいは簡単に分解できるのですが、残りの2本になると途端に難易度が跳ね上がるのです。相当な力をかけて持ち上げないと脚が外れません。

あるいは何かコツがあるのか、私の扱いに問題があるのかもしれませんので、あくまで私個人の見解であることは強調しておきます。

寝心地

これを購入したのち、妻に使わせたところ、以後これでしか寝たくないと言わしめたので、きっといいのだと思います。私の意見はマットさえ敷いてあればどこでも寝られるので、あまり参考にならないかと。

総評

商品サイクルの早いDODさんのラインナップで未だに販売されていることからもロングセラーと考えていいのでしょう。それはやはり評価の裏返しでもあると思います。繰り返しますが、この収納サイズ、重量、そして10000円前後という良心的な価格の商品を私は他に知りません

そうした意味でも現状唯一無二のポジションを確立しているDODバッグインベッド、就寝環境に課題を感じてみえる方におすすめしたい逸品です。

おしまい。

プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET