【徹底検証】DODパップフーテント2はどこがどう変わったのか?

アウトドアニュース
スポンサーリンク

パップフーテント2

軍幕、とりわけUSパップテントの意匠を取り入れたレジャー仕様の民生テント。ガレージブランドでしか取扱いのなかったこのジャンルに大手ブランドとして先鞭をつけたのがDODでした。

初代パップフーテント

出典:DOD

その後、テンマクデザインからも似たコンセプトの炎幕が登場し、遂に2019年ダークホース・バンドックからほぼ原型をトレースしたソロベースが発売されたのは記憶に新しいところ。

【軍幕革命】これは事件だ!BUNDOKからまんまUSパップの「ソロベース」が出た!
Amazon限定カラーシリーズ Amazon限定カラーのテントと言えばコールマンのツーリングドームがまだ記憶に新しいところ。オリジナルにはない落ち着いたオリーブカラーにときめきトゥナイトした方もきっと多いのではないでしょうか。 ...

ソロキャンプなる文化もいよいよ浸透しはじめた昨今、満を持してあのパップフーテントが帰ってきました。では初代と比較して二代目がどのように生まれ変わったのかチェックして参りましょう。

 

タープスペース

まず一目見てはっきりと認識できるのが前室の張り出し、タープの形状の違い。

パップフーテント2のタープスペースは雨風の吹込みを軽減できるようサイドが拡張されています。

出典:DOD

 

ちょうど本家パップテントを跳ね上げた状態、いわゆるパッカーン仕様に似ているような。

これによって使い勝手のみならず、全体のデザインとしても向上したように感じられます。

 

カラー

初代はタンとブラックの2色でしたが、今回はタンとカーキ。

そもそもパップテントがルーツなのに、なんで初代にカーキがなかったのか、今ではそちらのほうが不思議。これは妥当な変更点といっていいでしょう。

出典:DOD

 

ロゴマーク

気になるのは主張が強めだったあのうさちゃんロゴの存在。

ブランドの矜持としてロゴを前面に打ち出したい心理は理解できるものの、パップテントという泥臭いテイストとキュートなうさちゃんロゴはあまりにもミスマッチでした。意欲的なテントの登場に魅力を感じつつも、このロゴの存在にジレンマを抱えていた方も多いのではないでしょうか。

こちらは初代パップフーテント

出典:DOD

 

それではパップフーテント2ではそれがどうなったか、、、

出典:DOD

おおぅ、、、シンプル。

特にカーキに黒文字だとほとんど目立ちませんね。

もうDODの無骨系ギアのロゴはすべてこれでいいんじゃないでしょうか。

この仕様変更も大きな加点ポイント。

 

初代から継承している機能

フロアレスながら前面の出入口及び背面の一部がメッシュ構造となっているので蚊帳代わりに。

また特殊フロアレス構造と呼ばれる仕様となっており、寝室部分の内周にだけフロア生地が取り付けられています。

これによって風の吹込みや虫の侵入を軽減してくれるのだとか。

出典:DOD

広いタープスペースを張り出した状態でもフルクローズできる特殊ドア構造。ですので就寝時にわざわざタープを仕舞う必要がありません。

出典:DOD

 

バンドック・ソロベースとの比較

ではわたしの一押しバンドックのソロベースと比較してどうなのかを解説してみましょう。

まず居住性という意味ではDODパップフーテントに軍配があがります。

出典:DOD

というのも、ソロべースは幕の高さが約100cmしかなく、例えローチェアだったとしても張り出したタープ(ひさし)に頭が付いてしまうのです。

よって焚き火をしながらテントを背にしようと思うと、どうしたって地べたスタイルを強いられる。これが腰痛持ちにはなかなかキツイ

加えて雨天時は別途タープを設営しないかぎり、テント単体で過ごすことは苦行と言っていいでしょう。ですから腰に爆弾を抱えている方には問答無用でパップフーテント2+ローチェアスタイルをおすすめしておきます。

 

他方、価格面ではソロベースの圧勝かと。

どちらも幕素材には火の粉に強いポリコットンを採用しているわけですが、バンドックの価格設定はにわかには信じがたいもの。

 

まとめ

タープスペースの拡張、カラー及びロゴの変更など、初代のエッセンスを残しつつ、見事なマイナーチェンジを果たしたパップフーテント2。

個人的には加点ポイントしかなく、非常に魅力的なテントに生まれ変わったと感じています。

現時点で入手可能なのは先日オープンしたばかりのDOD公式オンラインショップのみ
ついにDOD直営Eショップがオープン!したはいいけど…
満を持して DOD直営のEショップが遂にオープンしたって言うのでちょっとお邪魔してきたんですが、今のところ(2019年11月時点)「ホットサンドメーカー専門店」でした。 いや、ホントに。 これは公式からも申し訳なさそう...

 

本物の軍幕を除けばコットン製あるいはポリコットン製のソロ用ツインポールシェルターという括り方をした場合、現在(2019年12月)入手しやすいのはテンマクデザインの炎幕、バンドックのソロベース、そしてDODのパップフーテント2の3種類のみ。(ほかにもあればご指摘ください

これらの幕に共通する目的は焚き火と居住空間の一体感

あとはデザインの好みとご予算の問題だけと言っていいでしょう。

出典:DOD

軍幕に魅せられたソロキャンパーは、真の自由を求めてさまよう週末だけの十字軍。このテントを手に入れたらするべきことはただひとつ、進軍あるのみ!(あ、キャンプ行こうぜってだけの話です)

 

こちらの記事もおすすめ
【エイテント/ショウネンテント】DOD2019秋の新作をじっくりチェック!【めちゃもえファイヤー】
エイテント/ショウネンテント DODから新たに発表された二種類のロッジ型テント、それが「エイテント」と「ショウネンテント」 最大5人が就寝可能な「エイテント」はノルディスクのユデゥン5.5やテンマクデザインのPEPOと競合するサイズ...
これぞDOD的発想!モノポール型2ルーム「ヤドカリテント」が新登場!
ヤドカリテント 百聞は一見に如かず。まずはこちらをご覧ください。 一見するとテントなのかタープなのか判然としませんが、、、 これはいわゆる「2ルーム」の概念をモノポールテントに持ち込んだもの。 現状でも例...
【レビュー】バンドックの和製USパップ「ソロベース」をどこよりも詳しく!
ジェネリックUSパップ ことBUNDOK(バンドック)のソロベース。 ソロキャンプ界隈の中でもさらにニッチな市場、軍幕愛好者が色めきだった2019年8月下旬。USパップテントをデフォルメ化した既存のテントとは一線を画す本格リアル志向...
【大人気の軍幕】ポーランドポンチョのどこがスゴイのかを徹底解説!
戦争が生んだ逸品 一体いつから軍放出品が野営愛好家から重宝されるようになったのかを私は知りません。 が、おそらくYouTubeの海外ブッシュクラフト動画によって徐々にその認知度を高めていったのだと推察します。 今回取り上げるの...
Alpine DESIGNの2019新作ポップアップテントを徹底レビュー!
POP UP SHELTER TENT(ポップアップ シェルター テント) スポーツオーソリティのプライベートブランド「Alpine DESIGN(アルパインデザイン)」 かねてより蚊帳代わりとなるポップアップシェルターは販売されて...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET