【手軽な登山保険】モンベル会員なので野あそび保険に加入してみた

コラム
スポンサーリンク

今夏、日本三大霊山のひとつ白山への挑戦を計画しているのですが、天候とにらめっこした結果いよいよ予定が決まりました。

そこで念のため登山保険に加入しておこうと色々調べた結果、モンベルが扱っている野あそび保険というのが最もお手軽だという結論に。

これはピッケルやアイゼンといった装備を用いない、よりカジュアルな山登り向けの非常にライトな保険なのです。まさにわたしのようなビギナーにぴったりではありませんか。

ただし前提条件となるモンベル会員である点がひとつのハードルになるのかもしれませんね。

 

【野あそび保険の補償内容】

これらが1日単位からたったの250円で加入できるというわけです。

最も避けたい状況としては怪我や事故、遭難などによって自力で下山が困難となるパターンでしょうか。例えばヘリを3時間飛ばすだけでもざっと150万円もの費用が必要とされるようですから、これを補償してくれるなら安いものです。

他にも長期期間適用されるプランなどが多く用意されていますので、ご自身の活動状況に応じて選択すると良いでしょう。

 

とは言えこれらはモンベル会員でないと加入できませんので、そうでない方はYAMAPLINEほけんなどがお手軽かもしれません。

とりわけLINEほけんは登山以外にもキャンプ安心保険なんてプランも用意されており、ギアの破損や盗難などにも適用されるのでオススメです。

キャンプで盗難被害の不安を解消!「LINEほけん」を活用しよう!
キャンプ中のリスク 突然ですが、キャンプ中に高価なギアを壊してしまった、あるいは盗まれてしまった時に適用される保険があったら利用してみたいですか?賑わうハイシーズン、お子さんが遊んでいる時、他人のお子さんにもしも怪我をさせてしまった場合に...

これからいよいよ本格的なアウトドアシーズンを迎えます。少人数での行動が推奨される社会情勢だからこそ、万が一の備えについてもこれまで以上によく考えなければならないのかもしれませんね。

 

こちらの記事もオススメ
キャンプで盗難被害の不安を解消!「LINEほけん」を活用しよう!
キャンプ中のリスク 突然ですが、キャンプ中に高価なギアを壊してしまった、あるいは盗まれてしまった時に適用される保険があったら利用してみたいですか?賑わうハイシーズン、お子さんが遊んでいる時、他人のお子さんにもしも怪我をさせてしまった場合に...
どうする?キャンプ中の盗難対策5つの方法
はじめに 我が家の場合、家族でキャンプ泊をする際は二泊三日以上を基本としています。と言うのも、設営撤収がソロキャンプに比べて圧倒的に手間がかかるので、一泊二日だと慌ただしく、なかなかゆっくり寛げないと感じているからです。すると二日目が...
【はじめての小屋泊登山計画】消費カロリーから逆算した食事メニューを考える
今夏、石川県と岐阜県をまたぐ日本三霊山のひとつ白山に登る計画を立てているのですが、食事に関して悩んでいます。というもの、今回は小屋で一泊を予定しているのですが、これまで日帰り登山しか経験していないので、どれだけの食糧を準備すべきなのかいまい...
【2020年版】山岳用テントの購入に向け比較検討してみる
まだまだ本格的なものではありませんが、山道を歩く面白さに開眼した2020年。 新型コロナの影響によりその活動も一時休止していましたが、徐々に活動を再開させていきたいなと。いずれはテント泊にも挑戦してみたいのですが、生憎わたしの所有する...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
コラム
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET