【登山トレーニング#23、24】金華山 馬の瀬~百曲を行く

金華山
スポンサーリンク

梅雨明けはもう少し先になりそうな東海地方。

貴重な晴れ間を狙ってやって来ました。

アジサイもやや色あせていますね。

今日は金華山の上級コースとされている馬の背登山道から。

コースの難易度としてさほど高いわけではありませんが、さすがにノンストップで駆け上がるのはなかなかハード。

わたしの体力では小休憩を入れつつ、ゆっくり登っていかねばなりません。

本日は山頂の神社にお坊さん方が集まり、お経えを唱えていらっしゃいます。

結構な密状態が完成。

 

下山時にいつも足の裏が痛くなるので試行錯誤。わたしは足先から着地する癖があるので、それが原因なのかな、と。試しに意識してかかとから着地すると痛みが幾分緩和されました。

これが良いのかどうか分かりませんが、しばらく様子見。

 

いつも早朝に登ることが多いので、閉まっているロープウェイの発着場。

はじめて入ってみることに。

すると精巧なモックンがいるではありませんか。

さすが人形でもカッケーですね。

 

ウシガエルの鳴き声が鳴り響く、翌日早朝。

昨日とまったく同じコースに挑戦してみます。

まだ5時前ですが、こんな時間でも時折人とすれ違うのは多くの方に愛されている山の証でしょうか。

 

恐るべきことに60オーバー、いや70オーバーの可能性すらあるお爺さんにスイスイと追い抜かれてしまいました。一体どんなエンジンを積んでいるのでしょう。

せめて背後から迫る、こちらも還暦近いご夫婦には追いつかれまいと必死に気力を振り絞ります。

滝のように流れる汗とあがる息。

往年の高見盛よろしく両腕をバフバフさせて気合いを入れ、歯を食いしばって歩みを進めます。

立ち止まらず、ゆっくりと歩きながらスタミナゲージを維持するイメージ。

 

ようやく山頂が見えてくると、背後のご夫婦から「54分」というワードが漏れ聞こえてきました。

実際の登山ではスピードを求めることはしませんが、体力づくりを目的としてる金閣寺トレーニングではこの「54分」がわたしの基準となりそうです。

 

帰路の百曲登山道で出会ったタイワンリス。

おそらく山頂のリス村から脱走した個体なのでしょう。金華山を歩いているとよく見かけます。リス村での不自由ながら安定した生活を良しとせず、フリーランス・リスとして生きる道を選んだ彼ら。

飼われている時と今と、一体どちらが幸せなのか?

何故、金華山から出ていかないのか?

色々とたずねてみたいものです。

こちらの記事もオススメ
【登山トレーニング#22】梅雨真っ只中の金華山 めい想~百曲
連日の雨天にやや鬱々としつつ、貴重な曇天を狙って久しぶりの金華山へ。 無料駐車場近くで工事中の立派なトイレ棟もいよいよ完成間近。 公園の入口で出迎えてくれるアジサイが綺麗に咲き誇っていました。 今日...
【登山トレーニング#21】養老山地をちょこっとだけ登る
梅雨らしくジメジメとした日が続いていますが、貴重な晴れ間を狙ってトレーニングへ。 登山口に最も近い養老の滝駐車場へ車を走らせます。 平日だけあって駐車場はガラ空き、料金は500円でした。 ただし週末は1,0...
【登山レポ】鈴鹿セブンマウンテンのひとつ竜ヶ岳を攻める!
いざ宇賀渓へ 鈴鹿セブンマウンテンとはなんぞや、という話はここでは詳しく触れませんので、ご興味ある方はWikipediaでも参照ください。 わたしも最近知った程度ですので。 まあ要するに観光地への誘致キャンペーンの一環が起源と...
【登山トレーニング#20】金華山の馬の背登山道で御在所岳を反芻する
数日前に訪れた御在所岳。 人気の観光スポットだけにイージーな山かと思いきや、さにあらず。 気を抜けば簡単に大怪我、あるいは死に直結する恐れのある大変危険な山でした。とりわけ45度、いや60度近い急傾斜の岩場では強風に煽ら...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
金華山 登山
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET