【軍幕革命】これは事件だ!BUNDOKからまんまUSパップの「ソロベース」が出た!

アウトドアニュース
スポンサーリンク

Amazon限定カラーシリーズ

Amazon限定カラーのテントと言えばコールマンツーリングドームがまだ記憶に新しいところ。オリジナルにはない落ち着いたオリーブカラーにときめきトゥナイトした方もきっと多いのではないでしょうか。

 

そんな好評のシリーズに格安で良心的なキャンプギアメーカーとして知られるBUNDOK(バンドック)のソロ用テントが一挙ラインナップに加わりました。

BUNBOK(バンドック)とは新潟県三条市に本社を置く株式会社カワセが展開するアウトドアブランド

ソロドーム

まずはソロテントとして圧倒的なコスパの良さで知られる「ソロドーム

これはわたし自身ソロキャンプデビューを飾った際の相棒なので非常に思い入れがあるのですが、間違いなく良いテントだと断言できます。魚座型のインナーメッシュテントの張り姿は美しく、タープ下で蚊帳代わりとするのが好きでした。

反面、ブルーのフライシートがなんだか野暮ったく、その安さと引き換えにしぶしぶ使っていた記憶があります。が、そんな気持ちを知ってか知らずか、Amazon限定でフライシートのカラーがダークグリーンカーキの二種類が追加されたのです。

購入当時、これらが選択肢にあれば間違いなく限定カラーをチョイスしていたことでしょう。

これもソロキャンプ及びミリタリーテイストが市民権を得つつある、という証左でしょうか。ともかくこれからソロキャンプデビューを考えている方におすすめです。

ただし、ホントに寝るスペースしかないので、バックパックやヘルメットの置き場が欲しい方は先述したコールマンのツーリングドームをいま一度ご検討ください

ソロティピー

こちらは四角錐のいわゆるワンポールテント「ソロティピー

サイズ感はテンマクデザインのヒット作「パンダテント」とほぼ同じ。ですので就寝スペースとちょっとした前室が確保できることから「ソロドーム」よりも居住性は上かと。

 

自立型ではないのでアスファルトの上などに設営はできませんが、一度ワンポールの簡単な設営撤収に慣れてしまうと元には戻れないかも。

こちらもオリジナルの他にダークグリーンとカーキがAmazon限定カラーとして加わりました。

価格もお手頃なのでキャンツーデビューなんかにぴったり

ソロベース

さて、いよいよここからが本題。

まずはこちらをご覧ください。

画像出典:アマゾン

どこからどう見てもUSパップテントですよね。

個人的には「ついにやってくれたか!」と快哉を叫びたい気分。

いやぁ、こういうの待ってたんスわ!まさに我が意を得たり!

テンマクデザインやDODからもUSパップを意識したテントは近年発売されてはいたのですが、もう少しリアル路線だったらなぁ、と。

DODにはそのものズバリなパップフーテントなんてのもありましたね。

そこにきてこれ!

画像出典:アマゾン

こんなことしなくてもいいのに、わざわざ差し込み口のエンドキャップまで忠実に再現!神は細部に宿ると言いますが、ここにバンドックのオリジナルに対するリスペクトを感じました。

画像出典:アマゾン

定番カスタムとして取り入れられている方も多いファスナー加工

これもデフォルトで備わっているのだから手間いらず。

本来ならファスナーを取り寄せて(手芸用品店にはフィットするファスナーの在庫が実はあまりない)、それからDIYするか業者に依頼する必要があるわけです。これだけでも相応の費用と時間がかかる。ここをショートカットできる恩恵は計り知れません。

画像出典:アマゾン

しかも取り外し可能なメッシュインナーまで付属しているというのだから、至れり尽くせりとはこのこと。冬季ならインナーを外して薪ストーブをインストールしたっていいでしょう。

 

さらに特筆すべきは本体の素材。

なんと昨今のキャンプシーンを席巻するTC(コットンとポリエステルの混紡素材)が採用されているのです。

その割合はコットン35%、ポリエステル65%という標準的なもの。

気になる耐水圧も3000mmとあるので多くの軍幕が弱点とする雨天時もこれなら安心です。

懸念されるロゴもそんなに目立たないかな、、、。

画像出典:アマゾン

使用時のサイズはこんな感じ。

オリジナよりも若干横幅が広め?

画像出典:アマゾン

収納サイズは約×400×200×200mm、重量は約4.4kgなので(がんばれば)バイクにもなんとか積載できますかね。そもそも軍幕(もどきとは言え)に収納バッグがあるだけでありがたい。

画像出典:アマゾン

ポールは4分割可能なアルミ合金

このあたりは利便性重視で良い割り切り方だと思うのでわたしは支持します。

画像出典:アマゾン

ずっとこんなのを待ってましたよ!

まとめ

ほぼほぼ死角のない造りだとは思うのですが、こればっかりは実物に触れてみないことには分かりません。リアル店舗では取り扱っているところも少ないでしょうしね。

とは言え、これから軍幕を取り入れたい方にとっては大変魅力的なアイテムではないでしょうか。

なんせ本物はもう生産されていないので、中古市場価格は年々高騰の一途

ですのでイミテーションながらも本家への敬意を感じさせつつ価格を抑えた大量生産なら大歓迎。

 

それにしてもアルパインデザインポップアップシェルターテントといい、2019年は国内ブランドによるソロ用ミリタリーテント元年と言ってもいいような充実っぷり。

これも近年の第二次キャンプブームと言われる現象の恩恵なのでしょうか。

こうしたものが評判を呼ぶと他社も追随してくれると思うので、バンバン売れてほしいですね。

わたしがZOZOTOWNの社長ならTwitterでこのテントをばら撒きたいところなんですが、、、、。

余談ながら大型ツーポールテントにもカーキがラインナップされているんですよね。BUNBOK(バンドック)さんがんばってるなぁ。

Twitterをフォローしてくださると、たまにお役立ち情報をつぶやきます

 

こちらの記事もオススメ!
【ちょっと待って!ポチる前にしっかり確認】アクアクエストのタープその種類と特徴
ソロキャンプ用タープを求めて 現在、私が所有しているタープはDDタープ4mスクエアのブラウンとテンマクデザインのムササビタープ・コットンの二種類。 どちらも現役で活躍しているのですが、もう少し軽量でコンパクトなタープが欲しい...
【大人気の軍幕】ポーランドポンチョのどこがスゴイのかを徹底解説!
戦争が生んだ逸品 一体いつから軍放出品が野営愛好家から重宝されるようになったのかを私は知りません。 が、おそらくYouTubeの海外ブッシュクラフト動画によって徐々にその認知度を高めていったのだと推察します。 今回取り上げるの...
Alpine DESIGNの2019新作ポップアップテントを徹底レビュー!
POP UP SHELTER TENT(ポップアップ シェルター テント) スポーツオーソリティのプライベートブランド「Alpine DESIGN(アルパインデザイン)」 かねてより蚊帳代わりとなるポップアップシェルターは販売されて...
【2019年新作】コールマンの定番テントがオリーブカラーで今春登場!【Amazon限定】
みんな大好きコールマンがやってくれた! コールマンのテントって人気じゃないですか。店舗でもよく展示されてるし、実際にキャンプ場でもよく見かけますよね。一時期ほどではないにせよ、繁忙期はやはりコールマンとスノーピークで埋め尽くされるのが日本...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュースキャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET