【防災グッズ】本当に用意すべき非常用ライトとは【おすすめ】

防災
スポンサーリンク

はじめに

防災への備えは万全でしょうか。かく言う私も、いわゆる防災バッグに非常食をまとめて、というようなことはしていません。それでも頻繁にキャンプへ出かけるので、ある程度の道具は常に一纏めになっており、何がどこにあるかというのは頭の中に入っています。いざという時はそれらを引っ提げて避難するつもです。

アウトドアで役立つアイテムは被災時にもシームレスで運用が可能です。こちらで命を守るために必要な情報をまとめていきますで、お役に立てて頂ければ幸いです。今回はランタンについて。

結論から先に言うと

光が必要とされる場面をイメージしてみましょう。

  • 停電している
  • 夜間
  • 窓のない暗い室内

こういった状況ですよね。

目が暗闇に慣れないと、足元に何が転がっているかすら分かりません。そんな時に役立つのはヘッドライトです。

家にも同じものがあるのですが、

よくあるこうした懐中電灯だと片手が塞がってしまいますが、ヘッドライトなら自分の視界や足元をピンポイントで照らし続けてくれるので便利です。なにより両手が空くので不安定な足場でも安全性がグッと増します。

近年よく見かけるようになったUSB給電が可能なタイプの利便性は確かに高く、実際に私も所有しているのですが、有事の際はやはり乾電池タイプがおすすめです。充電出来る状況があるなら情報収集の為にもスマホの電源を回復させておいたほうがいいでしょう。

おすすめアイテム

ライトの性能は非常時ですので、特別いいものを用意しなくても構いません。

1000円前後で十分な性能のアイテムが手に入ります。

オススメ

こちらは単三電池1本で運用できます。頭頂部の縦ベルトがライトのずり下がりを防いでくれるので、こうしたタイプがオススメです。

吊り下げ用おすすめLEDランタン

ヘッドライトとは別に以下のようなLEDランタンがあると避難生活で役立つはずです。特にテント内や車中泊での避難生活を想定しているなら必須アイテムと言っても過言ではありません。とりわけジェントスのランタンが価格が安く性能もいいのでオススメです。

380ルーメンという光量は四人用テント内程度であればメインの灯りとして十分な役割を果たせます。またこうしたランタンは単一電池タイプが多いのですが、こちらは単三電池で運用できるのも大きな特徴です。
安価な定番LEDランタンの一つ。100ルーメンという光量が弱いように思えますが、体感的な明るさは数値以上。こちらも単三電池4本で運用できますので、備蓄用電池を統一しておくと後々便利かと思います。

まとめ

緊急時に足元を照らす程度ならスマホでも代替可能ですが、貴重なバッテリーの消耗は避けたいところだと思います。高価なものではありませんので、ベッドルームや玄関などに、あるいは懐中電灯からの買い替えを是非ご検討頂きたいと思います。

Twitterをフォローしてくださると、たまにお役立ち情報をつぶやきます

【防災グッズ】石油ストーブを日常生活に取り入れる【アルパカ】
はじめにもともと冬季キャンプで使うことを前提に購入したアウトドア用石油ストーブのアルパカ。使い勝手がよく、パワーもあるので今では自宅のリビングで冬の主役に昇格しました。こちら東海地方でも11月に入り一気に寒さを増しましたが、停電時や被災...
【初心者用】防災グッズにテントを加えて被災時のプライバシー問題を解決する【ペットとの避難生活にも】
被災時に用意したいアイテムとして、これまでオススメのスリーピングマット、寝袋を紹介してきました。今回扱うのはテントです。 なぜテントが必要なのか 屋外で一夜を過ごすのに必要なアイテムとして、寝袋、マット、テントは三種の神器と言っ...
【初心者用】寝袋(シュラフ)常備のススメ【簡単解説】
先日、防災グッズとしての「スリーピングマット」を考察しましたが、今回は寝袋(シュラフ)について考えていきたいと思います。 何故、寝袋が重要なのか 例えば2018年9月、北海道で発生した地震が仮に冬季であったなら、その被害はより甚大な...
【初心者用】スリーピングマット常備のススメ【おすすめ】
防災について考える 私の住む東海地方は昔から「いつか大地震がやってくる」と言われてきました。 ところが、幸いなことに東海地方は近年大きな地震の被害にあっていません。 私の記憶でも震度5以上の地震被害にはあっていないと思います。...

ちょっとCMです。

アウトドアの新しい遊びテントサウナお貸しします

画像のタープなどは含みません。

 

その醍醐味はなんと言っても大自然という名の水風呂。

 

川や湖、あるいは積雪があればそこに飛び込んだっていいでしょう。

その日、その場所でしか体験できない感動はやみつき間違いなしです!

 

熱源は薪ストーブなのでもちろん電源不要。

薪さえあればどこでもサウナが楽しめます。

簡易テントだからと侮るなかれ、ひとたびロウリュすればその体感温度はいつものサウナ以上。

購入に踏み切るにはちょっとハードルの高いテントサウナですが、レンタルならとっても手軽におおよそ10分の1以下の価格で楽しめます。

是非、一度お試しください!

レンタルセット内容

  • テントサウナ(モビバ製のロウリュできるタイプです)
  • 専用薪ストーブ
  • サウナストーン
  • ロウリュ用のひしゃくとバケツ
  • 簡易ベンチ(二人掛け)
  • ペグ、ハンマー
  • 火消し壺
  • 着火剤、ライター

ご自身でご用意いただく必要のあるもの

ご用意いただくと快適に過ごせるもの

  • ととのいチェア

注意事項

  • レンタル品は直接の受け渡しとさせていただきます。
  • 受け渡し・返却場所は愛知県一宮市内(詳細はご予約時にお伝えします)
  • 料金は原則一泊二日で15,000円(それ以外は応相談)
  • お支払いは現金払いのみとさせていただきます。ご了承ください。

連絡方法

ご連絡はこちら、もしくはTwitterInstagramのDMから

件名を「テントサウナのレンタル」としていただき、

ご利用したい日程をご連絡ください。

追ってこちらから返信させていただきます。

ご予約状況

※リアルタイム更新ではありません

テントサウナの設営方法

【レビュー】ロウリュできるMobiba(モビバ)のテントサウナMB10Aを買ってみた
噂のテントサウナを購入! 手元に届いたのが2020年2月下旬。ところが言うまでもなく、その頃から世間は、いや世界中がコロナ狂想曲による自粛ムードまっしぐら。ウイルス同様、目に見えない同調圧力によってなんだか気分が滅入ってしまい、ちょっとテ...

テントサウナを使ったキャンプの様子

【2020ソロキャンプレポート】5月のひるがの高原キャンプ場
わが愛しのキャンプ場 緊急事態宣言が解除されたら真っ先に駆けつけたいと思っていたキャンプ場、それが今回お邪魔したひるがの高原キャンプ場です。 トイレやシャワーといった最低限の設備のみが近代化されており、サイト自体は必要以上に手を加え...

プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.nero

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
防災
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET