【2018福井】ファミキャンレポ@ガラガラ山キャンプ場#後編

キャンプレポ 福井
スポンサーリンク

こちらの続きとなります。

雨上がりの朝

さて、朝食は昨晩食べそびれた鍋とします。牡蠣と豚肉を入れて。

普段あまり出番のないアイテムもここぞとばかりに活躍します。

MSRのレードル

白菜はクタクタにしたいタイプ。食道でオラつく熱々の豆腐に軽く悶絶しながらはふはふ、と。汗ばむくらいに暑くなってきました。

雨も上がったことだし、場内を散策してみましょう。

雨上がりは足元注意

キャンプ場の詳細は後日、別記事にまとめる予定です。

温泉に行こう

散歩を終えてコーヒーブレイク。

今日の予定は温泉に行くだけ。過去の経験から、あれこれ予定を詰め込まないスタイルに落ち着きました。車を30分ほど走らせて道の駅越前まで。

ここにある露天風呂がお目当てです。ここはホントに凄い道の駅でした。食事の為、帰り際にもう一度立ち寄ったほどです。

温泉も良心的な料金ながら眺望が素晴らしく、近くに寄ったらまた是非お邪魔したいと思います。私の入浴時間はトータルでもせいぜい3040分程度なので、大抵の場合休憩所で家族を待つことになります。

こんな景色を眺めながら湯につかっていられます

そんなわけで無料休憩所の居心地もチェックポイントの一つなのですが、ここの休憩所は広いわりに利用者があまりおらず、穴場だなと感じました。ビールの自販機が近くにあるのも嬉しいですね。

 

もちろん誘惑に負けています。はい。

カニ食べ行こう、はにかんで行こう

今夜のお楽しみにセイコガニをお持ち帰り。初めていただきます。

ついでに食堂の店先で売っていた魚介のフライもゲット。

とりあえず持ってきたタルタルソースが火を吹きそうです。イカでも買って焼きそばに投入しようかと目論んでいたのですが、なかなか事前のシミュレーション通りにはいきません。

フライ祭りを開催します

キャンプ場に戻ったら早速ストーブの上でフライを温めていきます。

さわら

イカ

がまえび

がまえびって何?

甘えびを狙う網の中に、まれに入る幻のエビ、それが越前エビです。幻と呼ばれるエビで、漁獲高が極端に低く、甘えびの10分の1程度しかありません。

この越前えびはさまざまな呼ばれ方があり、「ガマエビ」「ガサエビ」「ガラエビ」「ザコエビ」「ブルエビ」などと呼ばれ、越前ではガマエビと呼ばれています。鮮やかな赤色の甘えびに対して、茶色味がかったその姿は決して見栄えは良くありませんが、かめばかむほどに強い甘みが押しよせて、病み付きになるおいしさです。

ほほう、知らずに頂いていましたがそんな貴重な海老だったとは。なんかやたら濃厚で旨いな、という認識しかしていませんでした。

まあ、すすみますよね。炊飯の準備をしていましたが、待っていられずついつい完食。

カニ祭り会場はこちらです

矢継ぎ早にセイコガニいっちゃいましょう。

食べ方をググって。パカッと。

 

身はほとんど無いので卵のプチプチ感と味噌を堪能する感じですね。

あっと言う間に夜は過ぎ

散々飲み倒して子どもとモノポリーをして遊んでいるといつの間にか眠っていました。気づいたら既に辺りは真っ暗で、周りの皆さんは焚き火を絶賛お楽しみ中。残りの蟹をお鍋にします。

昼に炊いたお米で〆の雑炊に。今度はおばけキャッチだそうで。子どもの頭はどうなってるんだろう、大人二人がかりでも歯が立ちません。

ようやく焚き火を堪能します。SpotifyQUEENLIVEAIDを聴きながら。先日のボヘミアンラプソディー後夜祭のはじまりはじまり。

キャンプ最終日の朝ってなんか寂しい

ああ、もう朝か、という気分で毎回迎えるキャンプ最終日の朝。朝食は残りの食材処理が課題となります。まずは焼きそば。朝だろうが、土曜日の昼だろうが、いつだって焼きそばは美味しいものです。

餅をスキレットで焼いて、おやつに用意していたぜんざいも片付けましょう。

キャンプサイトのチェックアウトは1000

ちょっと早めなのであまり余裕はありません。サーカスTCは無論、ヴォールトもあまり結露していないので助かりました。家族の評判も上々だったのでまたお邪魔するかと思います、ガラガラ山キャンプ場、お世話になりました。

そう言えば、今回のヴォールトとサーカスTCの組み合わせですが、最大4人までなら問題なく真冬も過ごせそうですね。状況次第ではヴォールトをシェルター仕様でリビングにサーカスTCでコット寝もありかと。

こんな割引券をいただいたので、またお邪魔するしかありませんね。

 

Twitterをフォローしてくださると、たまにお役立ち情報をつぶやきます

プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
キャンプレポ 福井 キャンプレポート
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET