あのサーマレストより極地冒険用シュラフ「ポーラーレンジャー -30℃」が登場!

アウトドアニュース
スポンサーリンク

アイキャッチ出典:MSR日本公式Instagram

マットレス界の王者が仕掛ける

アウトドアシーンにおけるマットレス界の王者と言えばやはりサーマレスト。シチュエーションを問わず、あのシルバーとイエローのマットは世界中で愛されています。

わたしも愛用者のひとり。そしてなにかの動物にかじられた傷跡。

無論、それは性能が良いからに他ならず、価格もそれに見合わぬリーズナブルさだと言えましょう。一般的にマットレスに要求されるものは寝心地の良さと忍び寄る冷気の遮断。それを高次元かつコスパに優れた価格で提供してくれるのがサーマレスのマット、とりわけZライトなわけです。

そんな「眠りのエキスパート」であるサーマレストから待望のハイスペックシュラフが発売されることが先日発表されましたのでチェックしてまいりましょう。

 

ポーラーレンジャー -30℃

まずはいきなりですが厳冬期用と呼ばれる国内メーカーのダウンシュラフと比較してみましょう。

メーカーモンベルナンガサーマレスト
商品名ダウンハガー900UDD BAG 1000DXポーラーレンジャー
快適温度-4℃-9℃-20℃
下限温度-10℃-16℃-30℃
重量850g1450g1470g
定価(税抜)¥70,200¥70,000¥94,000

 

モンベルとナンガの温度表記はヨーロピアン・ノームと呼ばれる統一規格に基づいたものですが、サーマレストに関しては現時点でそうした情報がないために不明。あくまで公式から発表された数値となっています。

 

UDD BAGとポーラーレンジャーのダウン量は共に約1000gなわけですが、なぜここまで温度表記が異なるのでしょうか。その秘密と思われる情報が販売代理店であるモチヅキの公式Twitterにありました。

 

まずはこの独特なシュノーケルフードと呼ばれる顔周りの構造。

わたしはほぼ毎日シュラフで仮眠するのでよぉく分かるのですが、いかに顔及び首回りの冷気をシャットアウトするかが快眠の鍵になるんですよね。通常ドローコードで調整するわけですが、保温に特化したこの構造は発明と言っていいでしょう。

 

そして第二、いや第一といってもいい快眠の鍵、それが足先の冷え。わたしの場合、ダウンシューズを履いて冷え対策をしていますが、不要になるならそれに越したことはありません。

温度調整のためにもうけられた両サイドのジッパー。これがベンチレーションかつシュラフに潜ったまま手が自由になるというのだから引きこもりキャンパーには朗報です。着る寝袋なんて商品は以前からありますが、ガチなアウトドアでの利用にはスペック的に不十分でした。しかしポーラーレンジャーならそれも夢ではありません。むしろ日本のキャンプシーンではオーバースペックなほど。

実際の極地冒険でも利用されている、ということなので性能に関しては折り紙つき。お値段こそなかなかしますが、スペックを考えたらかなりコスパ良好ではないでしょうか。厳冬期のハンモック泊、タープ泊を好む物好きな方のお供にも頼もしい、いや頼もし過ぎる相棒となってくれるでしょう。

発売時期は2020年4月頃を予定

 

こちらの記事もオススメ
MSR2020はファミリー向けも!最新作HabitudeとFrontRangeをチェック!
画像出典:MSR日本公式Instagram MSRの新たなる挑戦 本格的な登山向けブランドながら、日本のオートキャンプシーンでも根強い人気を誇るMSR。大型シェルターブームの火付け役となったパビリオンやエリクサーのインナーだけでカンガル...
MSRから新作テントのシリーズZoic(ゾイック)が今春登場!
MSRから2019年の新作テントがシリーズ展開されます。その名もZoic(ゾイック) 新しい技術で従来のコーチティングと比較し、約3倍長持ちするようになりました。 新しいコーティング技術、エクストリームシールドシステムを採用していま...
MSRの大型タープ 「ランデブー」がモデルチェンジ
変更内容 カラーが淡いブルーからマスタードに タープ裏面に紫外線防止のコーティングが施されました 旧タイプ 画像出典:MSR Outdoor Gear Touch&Tryにて展示...
【テント・オブ・ザ・イヤー2019】今年最もイケてるテントはこれだ!【小型テント部門】
大型テント部門はこちら 企画を再度ご説明 最新のアウトドアギア情報を日々チェックしている中で最も嬉しいのが、度肝を抜かれるようなプロダクトに出会えた瞬間。「なんだこれは!?」とか「そうきたか!!」と大きく感情が揺さぶられる、あの...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET