いよいよ腕試し!岐阜県池田山の登頂に初挑戦!【前編】

池田山
スポンサーリンク

わたしが登山をはじめた理由

ここ一カ月ほど、週2・3回のペースで金華山をメインとする低山を中心にトレーニングを積み重ねてきました。徐々に体力と山用の筋力もついてきたように感じるので、そろそろステップアップを。

 

今回のターゲットは岐阜県池田山

山の麓にはこれまで幾度となく無料で利用させてもらってきた大津谷公園キャンプ場が広がります。まさか自分が登山に目覚めるとは、数年前には想像もしていませんでした。

 

自然の中で調理し、食事やお酒を楽しみ、そして眠る。

いわば日常生活をアウトドア環境にトレースしているだけではありますが、なぜかキャンプだとそれが一大エンターテインメント。その楽しさは十分理解しつつも、一点だけ払拭出来ずにいたデメリット、それが健康面の不安。

基本的にキャンプ中は食っちゃ寝するだけですから、屋外にいる、ということ以外はさほど体を動かすことがありません。たとえキャンプにせよ、楽しめるのは健康体たればこそ。だからわたしは自然を楽しみつつ健康にも良さそうな山登りに心が傾きつつあるのかもしれません。

いつかはテン泊にだって挑戦してみたい。

夜明け前の池田町

午前4時45分、池田山の登山口となる霞間ヶ渓の無料駐車場に到着。

さすがにこの時間だとまだ誰もみえません。

少し早いので夜が明け始める5時半頃まで少し仮眠を。

 

やがて遠くの空が薄っすらと明るくなってきました。

このくらいなら歩いているうちに日の出を迎えることができるでしょう。

 

登山口の近くには新しいトイレ棟が。

これは大津谷公園と同じタイプのトイレかしら。

清潔に管理されていますね、池田町ありがとう!

 

それでは午前5時45分、登山開始!

登り始めるとすぐにフェンスが現れました。

チェーンを外して進入していきます。

 

登山道はしっかり整備されており、ふかふかな落ち葉の絨毯が足に優しい。

 

絶妙な間隔で現れるピクニックテーブルがわたしのようなビギナーにはありがたい、感謝感謝。

上着を脱いだついでに水分も補給。

 

太陽が昇って来ましたね。

山頂までの途上にある神社がまずは第一チェックポイント。

 

スタートから85分経過した午前7時10分、休憩がてらここらでいっちょエネルギーチャージ。

 

誰も居ない山の公園でいただくおにぎりのなんと美味いことか。

標高が高くなってきたからか、歩いていても冷えてきました。

ここで上着を羽織り直します。

このあたりで2名のサイクリストと遭遇。

池田山は山頂近くまで車でもアプローチできるので、絶好のサイクリングコースなのでしょう。

 

焼石神社を通過

チェックポイントとなる焼石神社が見えてきました。

かなり疲れてきたのでもう戻ろうかと一瞬弱気になりましたが、池田温泉新館が9時オープンなのでまだ早い。

やはり当初の目標通り山頂を目指すこととします。

 

避難小屋が現れました。

電波も届くし、アスファルト舗装された道路沿いなので利用されることはあまりないのではないでしょうか。

 

おお、これが噂に聞くハングライダーの離陸台。

ゼルダの伝説ブレス・オブ・ザ・ワイルドごっこが出来そう。

 

キレイに整備された尾根を歩いていると霜柱に遭遇。

池田山は標高924mあるそうですから、下界から5℃近く低いはず。

そりゃあ歩いても歩いても肌寒いわけだ。

さあて、山頂まであと一息。

がんばっていきまっしょい!

 

つづく

登山用品・アウトドア用品専門店の好日山荘《公式通販》

 

こちらの記事もオススメ
【登山トレーニング#9】雨あがりの金華山「百曲」から「七曲」ルートを行く
小春日和の金華山 3月上旬ながら20℃前後まで気温上昇することが予報されている本日。 午前10時前の時点ですでに13℃。 半袖に薄手のジャケット一枚で十分だと判断しました。 前日振り続けた雨の影響で、樹々の生い茂る百曲登...
【登山トレーニング#8】金華山「百曲登山道」から「めい想の小径」ルートを新しい靴で行く
足元をアップデート 好天に恵まれた3月上旬の土曜。 新型ウイルスによる自粛ムードが漂う中でも岐阜公園の無料駐車場は満員御礼の大盛況。 その最深部に車を停め、本日がデビュー戦となる新品の登山靴にはき替えます。 好日...
【登山トレーニング#7】金華山「百曲登山道」から「めい想の小径」ルート
金華山はナウなヤングにも大人気! 本日は前回の下山ルートだった「百曲登山道」を登っていきます。 岩場が多かった印象が強いのですが、果たしてどうなることか。 はじめて営業しているところを見た公園内のお茶屋さん。 ...
【登山トレーニング#6】金華山「めい想の小径」から「百曲登山道」ルートを行く
山登りの楽しみ 運動不足の解消、ついでにダイエットできたらラッキー、くらいの感じではじめた山登り。こいつがなんだか楽しいんですよね。これまで軽めのジョギングで近所を周回していましたが、楽しいという感覚はありませんでした。 楽...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
池田山 登山
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET