これぞ移動式ラグジュアリー!テンマクデザインのミグラテールはおしゃキャン勢の新定番となるか!?

アウトドアニュース
スポンサーリンク

ソロ用ロッジ型という珍しいコンセプトのガレージテントを発表したばかりのテンマクデザインからまたもや新たなロッジ型テントが公開されました。それがミグラテールという聞きなれない語感のテント名。

 

調べてみるとどうやらフランス語で渡り鳥を意味するようです。一目見てうっとりするようなその美しい立ち姿はまさしくエレガント。まるで森に佇むフクロウのようでもあります。

出典:テンマクデザイン

クラシカルなその見た目とは裏腹に、細部を観察してみると近代テントのメソッドがこれでもかとてんこ盛り。サーカスTC譲りのサイドラップ付きキャノピーに、結露の防止や遮光性をアップさせるライナーも標準装備。

出典:テンマクデザイン

機能性だけでなく、格子窓やそれを覆うストライプのカバーなどの遊び心も盛りだくさん。

出典:テンマクデザイン

現状で競合しそうなのはogawaのオーナーロッジ、あるいは同じくテンマクデザインのPEPOくらいでしょうか。

一点だけ気になるのはこのミグラテールはフロアレス構造だということ。

晴天時はともかく、グラウンドコンディションの悪化する雨天時はある程度の対策を考えておかねばなりません。いずれインナーテントが別売りされる可能性もありますが、カンガルースタイルなども念頭に置いておいたほうがいいでしょう。

いずれにせよ、この類のテントはハンパない重量(なんと総重量26kg!)がありかさばるということは覚悟しておかねばなりません。骨組みのパーツ、ペグ打ちの多さも近代テントとしては致命的な欠点だとお考えの方もみえるでしょう。

出典:テンマクデザイン

しかしながら、そうしたネガティブな側面を打ち消すだけのラグジュアリーさがこのミグラテールの魅力であることも事実。手間暇をいとわず、エレガントでリッチな週末を過ごしたい方は是非。

発売は2021年1月中旬頃を予定。

 

こちらの記事もオススメ
テンマクデザインのガレージテントはニューノーマルの新定番となるか!?
アイキャッチ画像:テンマクデザイン公式Instagram ロッジ型テントと言うとドーム型やシェルターなどに比べ現代ではちとマイノリティなイメージ。現役で購入可能なのはノルディクスのユドゥンやogawaのオーナーロッジ、テンマクデザイン...
さあ逆襲のはじまりだ!テンマクデザインが炎幕シリーズをさらに拡充!
近年、益々活発な動きを見せるパップテントの民主化運動。 見事に大輪の華を咲かせたのは伏兵バンドックでしたが、比較的早い段階で着手していたのはテンマクデザインでした。オリジナルに忠実でありつつも手ごろな価格に抑えてきたバンドックのソロベ...
あの傑作テントがポリ素材に!?テンマクデザインからサーカスST登場!!
テンマクデザインのサーカスTCと言えば、テント界の歴史に燦然と輝く金字塔。 絶妙なサイズ感、落ち着いた色合い、自然な風合い、遮光性、設営しやすいワンポール構造、そのどれもが高次元でバランス良く融合されています。 そうした...
悪ふざけじゃない!テンマクデザインのおにぎりテントはガチ登山もOKの本格仕様だと!?
あれDODかな? と思ったのはわたしだけではないはず。 だってこういうネタ的なギアはDODの十八番ですからね。 先だってめんたいシュラフなるものが発表されていたわけですが、どうやらコミックとのコラボシリーズである模様。 ...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.nero

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET