どうなの?アルペンのPBイグニオについて調べてみた

コラム
スポンサーリンク

IGNIO(イグニオ)とは

大資本の小売店でよく見かけるプライベートブランド(PB)。

例えばスポーツオーソリティならアルパインデザインタラスブルバ

ヒマラヤならビジョンピークスでお馴染み。

あるいは忘れがちですが、今や大出世を遂げたテンマクデザインだって出自はホームセンター「カンセキ」のプライベートブランドですからね。

そうした意味ではホームセンター「コーナン」のサザンポートだって化ける可能性が、、、あるはず。

 

ここでイグニオに関するwiki情報

IGNIO(イグニオ)は、2006年に誕生した株式会社アルペングループが販売する、スポーツ用品の自社企画商品ブランド(プライベートブランド)である。製造・販売元はアルペングループの「ジャパーナ」。かつてアルペンが展開していた「BE-POP」や「NAKED」ブランドなどの数種の自社企画商品ブランドが統合された上で、全く新しいコンセプトのブランドとして誕生し、サッカー、野球、テニス、ゴルフ、ヨガ、さらにはウィンタースポーツまで幅広いカテゴリーをカバーし、あらゆるスポーツ関連用品をカバーしている。インターブランド社がネーミング・シンボル・ロゴを開発した。

 

アルペングループではアウトドアギアに関して一昔前までサウスフィールドというPBで展開していたはずですが、近年はイグニオに統合しているのかもしれませんね。

一応今でもサウスフィールドのアイテムもいくつかあようですが、力を入れている様子はありません。

大体ビギナーはこうしたPBを織り交ぜながらスタートして徐々にコールマンやスノーピーク、ロゴスといった著名ブランドで身を固めていくのがひとつのパターンでした。

ところが今は頭一つ抜けたDOD(旧ドッペルギャンガー)をはじめとする格安ブランドが花盛り。名前にさえこだわらなければコスパの良いアイテムが数多く揃います。

つくづくキャンプブーム様様といったところ。

 

主なラインナップ

さて、ではイグニオ名義のアウトドアギアをチェックしていきましょう。

もろにスノーピークのエントリーパックTTっぽいこちらのセット。

出典:アルペン

近年アルペンは「アルペン アウトドアーズ」としてキャンプに特化した店づくりを展開しているわけですが、当然そこでもスノーピークを扱っています。その一方でこういうものを作っているのをスノーピーク側はどう思うのでしょうか。特にこだわりのない方ならこれで十分じゃん、となるでしょうしね。

 

ほかにもDODのカマボコテント丸出しのトンネル型2ルーム

出典:アルペン

 

ぱっと見サーカスTCやパンダっぽいけどそうでもなかったりするワンポールテント。

出典:アルペン

ちなみにサーカス風はポリ素材、パンダ風はTC素材となっています。

出典:アルペン

 

こちらは広めの前室を備えたベーシックなドーム型テント。

入門用テントとしては悪くないチョイスかもしれませんね。

出典:アルペン

ただしFIELDOORあたりで似たようなテントを探せばさらに安いものが見つかるでしょうし、コールマンやスノーピークのエントリーモデルと価格差がそれほど大きくないことから積極的におすすめできるものでもありません。

 

他方、バンドックあたりが得意そうな格安テントなら使い捨てとまでは言いませんが、割り切った使い方ができそうです。いずれも数千円クラスなので防災グッズとして購入しておくのもいいでしょう。

出典:アルペン

 

まとめ

他にも簡易タープやラグなど、イグニオ名義のアイテムはいくつかあるのですが、ここでご紹介したいと思えるものは残念ながら多くありませんでした。これはイグニオに限ったことではありませんが、売れ筋のエッセンスを取り入れたオリジナルの廉価版という印象が拭えないのはなんとも寂しい傾向。

無論、PBにはジェネリック的な役割が求められていることは重々承知していますが、、、

 

100均グッズならともかく、数万円レベルの買い物に妥協するというのは長い目で見て得策だとは思えません。逆説的にWILD-1(カンセキ)のPBであるテンマクデザインの開発陣がどれだけ優秀なのかがよく分かりますよね。加えてA&FのPBサバティカルのプロダクトも舌を巻くレベルでした。

粗製乱造とまでは言いませんが、上場企業でもあるアルペンにはより志の高い“ものづくり”に期待したいものです。

ちょっとCMです。

アウトドアの新しい遊びテントサウナお貸しします

画像のタープなどは含みません。

 

その醍醐味はなんと言っても大自然という名の水風呂。

 

川や湖、あるいは積雪があればそこに飛び込んだっていいでしょう。

その日、その場所でしか体験できない感動はやみつき間違いなしです!

 

熱源は薪ストーブなのでもちろん電源不要。

薪さえあればどこでもサウナが楽しめます。

簡易テントだからと侮るなかれ、ひとたびロウリュすればその体感温度はいつものサウナ以上。

購入に踏み切るにはちょっとハードルの高いテントサウナですが、レンタルならとっても手軽におおよそ10分の1以下の価格で楽しめます。

是非、一度お試しください!

レンタルセット内容

  • テントサウナ(モビバ製のロウリュできるタイプです)
  • 専用薪ストーブ
  • サウナストーン
  • ロウリュ用のひしゃくとバケツ
  • 簡易ベンチ(二人掛け)
  • ペグ、ハンマー
  • 火消し壺
  • 着火剤、ライター

ご自身でご用意いただく必要のあるもの

ご用意いただくと快適に過ごせるもの

  • ととのいチェア

注意事項

  • レンタル品は直接の受け渡しとさせていただきます。
  • 受け渡し・返却場所は愛知県一宮市内(詳細はご予約時にお伝えします)
  • 料金は原則一泊二日で15,000円(それ以外は応相談)
  • お支払いは現金払い、銀行振込み、あるいはpaypay・LINEpayのいずれかによる送金からお選びください。

連絡方法

ご連絡はこちら、もしくはTwitterInstagramのDMから

件名を「テントサウナのレンタル」としていただき、

ご利用したい日程をご連絡ください。

追ってこちらから返信させていただきます。

テントサウナの設営方法

【レビュー】ロウリュできるMobiba(モビバ)のテントサウナMB10Aを買ってみた
噂のテントサウナを購入! 手元に届いたのが2020年2月下旬。ところが言うまでもなく、その頃から世間は、いや世界中がコロナ狂想曲による自粛ムードまっしぐら。ウイルス同様、目に見えない同調圧力によってなんだか気分が滅入ってしまい、ちょっとテ...

テントサウナを使ったキャンプの様子

【2020ソロキャンプレポート】5月のひるがの高原キャンプ場
わが愛しのキャンプ場 緊急事態宣言が解除されたら真っ先に駆けつけたいと思っていたキャンプ場、それが今回お邪魔したひるがの高原キャンプ場です。 トイレやシャワーといった最低限の設備のみが近代化されており、サイト自体は必要以上に手を加え...

 

こちらの記事もオススメ
アルペンアウトドアーズ春日井店に潜入!その魅力と課題を検証する
起死回生を図るアルペン 先日大規模なリストラが敢行されると報道された中部地区大手のスポーツ用品店アルペン。そんなアルペンが2018年春、愛知県春日井市にオープンさせたのがキャンプレジャーに特化したアルペンアウトドアーズ春日井店です。 ...
スポオソのPB【Alpine DESIGN】2019年の新作がアツイ!
Alpine DESIGNとは? スポーツオーソリティが手掛けるプライベートブランドで主にトレッキングやキャンプで活躍するアイテムを扱っています。 2019年の新作が続々登場! 今年のメインカラーはコヨーテブラウンとなり、テー...
スポオソのPBとして復活したTARAS BOULBA(タラスブルバ)から目が離せない!
TARAS BOULBA(タラスブルバ)とは? かつてasicsが展開していたアウトドアブランドで、誕生したのは1976年。2010年頃、asicsがスウェーデンのアウトドアメーカー「ホグロフス」を子会社化。そこでホグロフスに注力するため...
安売りしないアルペンアウトドアーズに行きたくなる理由を考える
アルペン「世界最大アウトドア店」に抱く野望 という記事が東洋経済オンラインに掲載されていました。 それを読んでちょっと気になったこと、思ったことをつらつらと。 V...
株価でみるアウトドア関連企業のリアルな値打ちを調べてみたら気づいたこと
上場しているアウトドア関連企業 って実際のどのくらいあるかご存知でしょうか。 例えばあのコールマン・ジャパンは意外にも非上場企業なんですよね。 そこで他の企業も気になったので調べてみたところ、個人的に抱く企業へのイメージと実際...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.nero

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
コラム キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET