わたしのテント遍歴【ソロテントからファミリーテント、軍幕まで】

キャンプ道具
スポンサーリンク
【初心者用】防災グッズにテントを加えて被災時のプライバシー問題を解決する【ペットとの避難生活にも】
被災時に用意したいアイテムとして、これまでオススメのスリーピングマット、寝袋を紹介してきました。今回扱うのはテントです。なぜテントが必要なのか屋外で一夜を過ごすのに必要なアイテムとして、寝袋、マット、テントは三種の神器と言っても...

上記のような防災グッズとしてのテントに関する記事を書きましたので、今回は私が実際に使ってきたテントを、その使用感や設営の難易度など各項目に分けてご紹介したいと思います。

バンドック ソロドーム

2016年4月、50ccのリトルカブと共にソロキャンプデビューするために初めて購入したテントです。試してみたものの、継続した趣味となるのか自分でもわからなかったので、安価且つ評判の良いものを探してたどり着いた、と記憶しています。

いまはもう手放してしまったのですが、最初のテントとしては悪くなかったと思います。インナーシートが吊り下げ式だったので設営撤収が非常に簡単でした。

ただし、オールメッシュ構造だったので冬が近づくにつれて、もう少し保温性の高いテントが必要だな、と感じはじめたのでした。

  1. 収納サイズ ☆☆☆
  2. 設営撤収  ☆☆
  3. 快適性   ☆
  4. 保温性   ☆
  5. 価格    ☆☆☆

ロゴス プラトー 2ルームM

同じ時期に家族でキャンプデビューするために購入したもの。大人二人、子ども一人が就寝するには十分な広さで、蚊帳付きの前室もあり、使い心地は悪くありませんでした。

設営も慣れればひとりで30分程度で可能なのですが、もっと楽なテントはないのかな、と欲が出てくるのでした。

  1. 収納サイズ ☆
  2. 設営撤収  ☆
  3. 快適性   ☆☆☆
  4. 保温性   ☆☆☆
  5. 価格    ☆☆

ポーランド軍 ポンチョテント

簡単設営、冬期も使える、そしてなによりカッコいいという理由で選んだ軍幕。ホントは米軍のパップテントにも興味があったのですが、調べてみると価格が高騰しており、尚且つ改造したりの手間が面倒に感じました。雨には弱いが火の粉に強い。コットン幕の特徴を知るきっかけとなりました。

  1. 収納サイズ ☆
  2. 設営撤収  ☆☆
  3. 快適性   ☆
  4. 保温性   ☆☆
  5. 価格    ☆☆

3f ul ツーポールシェルター

ポーランドポンチョでワンポールテントの設営の簡単さを知り、だったらツーポールも似たようなものだよな、しかもより広い空間を得られるのでは、と考えました。これは正解で、簡単設営、広々空間という申し分のない手応えを得ることが出来たのです。ただ、スカート(テント裾のヒラヒラ)がないため冬場はすきま風がツラいんです。

  1. 収納サイズ ☆☆
  2. 設営撤収  ☆☆
  3. 快適性   ☆☆
  4. 保温性   ☆
  5. 価格    ☆☆☆

テンマクデザイン サーカスTC

言わずと知られた傑作ポリコットンテント。我が家でも一軍として現役稼働中です。生地にコットンが35%含まれているので、冬の朝でも結露しにくくスカート付きなので保温性能も高く、遮光性が高いので夏場でも活躍してくれる、まさにオールラウンダーなワンポールテントです。性能に似つかわしくない低価格であることも含め、ほぼ死角なし、と言ってもいいでしょう。しかしながらそこは人気幕の宿命、キャンプ場内でのバッティング率はかなり高めですね。永遠のジレンマ。

  1. 収納サイズ ☆
  2. 設営撤収  ☆☆☆
  3. 快適性   ☆☆☆
  4. 保温性   ☆☆☆
  5. 価格    ☆☆☆

3f ul 大型ツーポールシェルター

いわゆるMSRのパビリンオンインスパイア系シェルターです。中華風パビリオン、パクリオンなどの別名もあります。ですが、こちらには本家にはないスカートが備えられており、冬期の引きこもりキャンプにはむしろこちらを積極的に使っていきたい、とすら思っていました。なんですが、如何せん大型幕なので設営可能な環境が限られるため、一回利用しただけで手放してしまいました。ですがあの簡単設営と広々空間の両立は今でも忘れられません。

  1. 収納サイズ ☆
  2. 設営撤収  ☆☆☆
  3. 快適性   ☆☆☆
  4. 保温性   ☆☆
  5. 価格    ☆☆☆

Nature hike クラウドピーク2

最近になって出番の多くなったテント。こちらもヒルバーグのインスパイア系ですね。構造を似せてあるのでフライシート、インナーシート、グランドシート一体型で設営撤収が楽チン。

  1. 収納サイズ ☆☆
  2. 設営撤収  ☆☆
  3. 快適性   ☆☆
  4. 保温性   ☆
  5. 価格    ☆☆

ただし生地が弱いんでしょうね、撤収時に乾燥させる為、裏返して日光に当てていたら頂点部分のフライシートに穴が空いてしまいました。修理後、どしゃ降りのなかで使ってみましたが、特に雨漏りすることもなく問題ありませんでした。

 

ソロデビューに最適!タープ下にインナーだけ張って蚊帳代わりにしても

ロゴスの2ルームもよく見かけますよね

ブッシュクラフター御用達

設営簡単な2ポールテント

スカート付きの大型2ポールはとっても貴重!

設営撤収がめちゃくちゃ早くて便利です。

 

追記

2018年末、家族でのキャンプ用に新たに購入。

スノーピーク ヴォールト

レビューはこちらを参照ください。

 

Twitterをフォローしてくださると、たまにお役立ち情報をつぶやきます

プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET