コスパ優秀!muracoから初の山岳テントRAPIDE X1が新登場!

アウトドアニュース
スポンサーリンク

RAPIDE X1(ラピード エックスワン)

ブランド立ち上げ以来、一貫してクールでスタイリッシュなプロダクトを続々と生み出してきたmuraco。そんな同社が2020年夏、満を持してリリースした山岳テント、それがRAPIDE X1(ラピード エックスワン)なのです。

出典:muraco

構造はベーシックなドーム型を採用。そしてなんと言っても注目すべきはテントの肝と言えるポールの存在。こちら韓国のYunan社と共同開発したというセンターハブによって、クロスフレームながら強度を高めることに成功したのだとか。

ちなみにYunan社は同じく韓国のDAC社、アメリカのEASTON社を含む世界3大テントポールメーカーとして知られています。

出典:muraco

サイズ展開は1Pと2Pの2パターン。重量差はたったの約100g程度ですので、快適さを求めるならソロ利用でも2Pのほうが良いでしょうね。

重量サイズ定価(税抜)
1P約1350g190×220×110(h)cm43,000円
2P約1450g225×220×120(h)cm48,000円

耐水圧は共に2500mmとなっており軽量テントとしては十分なスペック。そして何と言っても驚くべきは相場を大きく下回るその価格です。

出典:muraco

 

ただし命を預ける道具である以上、安けりゃ良いってものでもありませんよね。

ましてや新規参入なら尚のこと。ですので、安全性を裏づけるようなテスト結果などの情報がもう少し欲しいところです。

今後の公式サイトの充実に期待しましょう。

出典:muraco

また8月中旬以降は高所登山におけるベースキャンプとしても使える多人数向けGUSTAVシリーズの発売も控えています。

出典:muraco

国産ブランドの新たなる挑戦にこれからも目が離せません。

 

こちらの記事もオススメ
muracoの新作タイベックシュラフカバーはモンベル製とどう違うのか
タイベック素材とアウトドアの相性 タイベックとは主に建築現場で使われる透湿・防水性に優れたシートのこと。 似た特徴を持つアウトドアではお馴染みゴアテックス素材と違い、素材自体が入手しやすく価格も手ごろであるため、数年前はタイベック製...
muraco初の2ルーム「ZIZ 5P」が7/27発売開始!
ZIZ 5P 2019年の春先より情報が小出しにされていたmuraco初の2ルームテントとなる「ZIZ 5P」がいよいよ発売されることになりました。 名前の通り5名が寝泊まり出来る空間を備え、吊り下げ式のインナーを外せば倍の人数が寛...
muraco初の焚き火台SATELLITE FIRE BASEはグリルメッシュもスタイリッシュ!
SATELLITE FIRE BASE いよいよ発売間近となったmuraco初の焚き火台SATELLITE FIRE BASE その近未来的なガジェットの用途が極めて原始的な「焚き火」であるというシュールさ。 ピコグリルやMO...
muracoがスタイリッシュな新作焚き火台の発売を予告
SATELLITE FIRE BASE 出典:muraco 一見するとまるでアップル製品のガジェットのようにも見えますが、実はこれ焚き火台なのだとか。 出典:muraco ヘリノックスの脚のように...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET