テント内で焚き火できる!?DODのレンコンテントはタキビストのハートを射止めるか?

アウトドアニュース
スポンサーリンク

【重要】2019/1/26時点 ナチュラムでは売り切れですが、こちらに在庫あり!

 

2018年末、DODより新作テントが続々リリース

年の瀬だと言うのについ先日もキノコテントなる簡易設営可能な小型ベルテントを発表したばかりのDODさんですが、

画像出典:ナチュラム

矢継ぎ早に今度はポリコットン素材のワンポールテントを開陳されました。

画像出典:ナチュラム

ポリコットンワンポールという2つのキーワードからは当然、テンマクデザインの傑作テントサーカスTCを連想さざるを得ないわけですが、単なるエピゴーネン、二匹目のドジョウ狙いになっていないのは流石の一言。

画像出典:ナチュラム

サーカスTCとの比較

サイズ 重量
レンコン 八角形 420×420×260(H) 12kg
サーカスTC 五角形 420×420×280(H) 11kg

レンコンは形が八角形なので基本のペグ打ちがサーカスTCより3本多くなります。

画像出典:ナチュラム

 

そして高さはレンコンがサーカスよりちょっとだけ低め。

画像出典:ナチュラム

他は似たような感じ。

画像出典:ナチュラム

スカートもしっかり付いています。ここ大事ですよね。

 

価格

2018年12月末の現時点では不明。

判明次第ここに追記しておきます。

追記

価格は税込み39,800円が相場の様子。

ちなみにサーカスTCは34,344円。※2019年1月時点

その差5,456円。

まとめ

テント内で焚き火と言えばやはりテンティピの製品を私なんかは思い出すわけですが、

国内だとこうした攻めたギア、つまりテント内の焚き火を推奨するような商品を売り出すのは決して簡単なことではないと思います。

少ながらず一酸化炭素中毒の恐れなどもあるわけですからね。

なんにせよ、多様性のあるアイテムが市場に増えるのはいちユーザーとして大歓迎です。

 

一点、DODさんにお願い事を申し上げると、やはりおじさんにはウサちゃんマークがなんとも抵抗感があってですね。せっかく男前なギアもポップさ・キャッチーさが強調されてしまい、私のような泥まみれ系キャンパーには手が出しにくいので、生意気なことを言いますが、よろしくお願い致します。

画像出典:ナチュラム

 

公式に推奨はしていないものの、テンマクデザインのサーカスTC BIGなんかもテント内の焚き火は可能でしょうね。

画像出典:ナチュラム

 

余談ですが、愛知県犬山市のアウトドアベース犬山ではテント内で焚き火の出来るティピーが設置されています。

閉鎖空間での焚き火を体験するにはうってつけなので、是非ご利用ください。

 

よく売れてるようなのでご購入はお早めに

 

Twitterをフォローしてくださると、たまにお役立ち情報をつぶやきます

プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュースキャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET