テンマクデザインから「コンパクト焚き火台 ORU」が新発売!

アウトドアニュース
スポンサーリンク

コンパクト焚き火台 ORU

コンパクト焚き火台のパイオニアとも言える笑’sの「B6君」をはじめアメリカ生まれの「FIRE BOX」、あるいは中華製の激安ソロストーブなどがひしめく昨今。

そんなレッドオーシャンに我らのテンマクデザインもいよいよ参入を表明しました。

商品名は「コンパクト焚き火台 ORU

出典:WILD-1

ぱっと見の印象としてはやはり「B6君」の影響を色濃く感じるわけですが、スペックはどうなっているでしょうか。ざっくりと比較してみましょう。

 

ORU B6君
使用サイズ 188×122×158(H)mm 215×122×165(H)mm
収納サイズ 182×158×15(H)mm 181×122×18(H)mm
重量 400g 500g

 

さほど大きな違いがないように思えますが、「ORU」単体では脚がない点を考慮しなければなりません。このあたりは「FIRE BOX」同様、例えば芝生の上では使用をひかえる、あるいは防炎シートなどで地面を保護する等の対策が必要となります。

 

それにしても今更ながら「B6君」の完成度ってすごいですね、、、。

 

そうした懸念事項をカバーしてくれる「コンパクト焚き火台用プレートセット」なるものも同時に発売されているんですが、個人的には「ORU」を使うなら絶対に欲しいオプション。

というより最初から付属していて欲しいレベルですかね。

出典:WILD-1

あくまで個人の見解ですが使い勝手云々はともかく、圧倒的にビジュアルが良くなる気がします。

どうせなら使っていて気分のアガるギアがいいですもんね。

あとはこんな感じに「男前グリルプレート」がしっくり馴染むのも特徴でしょうか。

出典:WILD-1

 

調理した流れでそのまま焚き火に移行って感じの使い方を望むなら、とってもいいかもしれませんね。

プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュースキャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET