テンマクデザインから大型シェルター「CIRCUS(サーカス) 720SS」登場!

アウトドアニュース
スポンサーリンク

CIRCUS(サーカス) 720SS

A型フレームを採用することで広い内部空間を確保してみせたテンマクデザインの「CIRCUS(サーカス) 720DX」

この投稿をInstagramで見る

akito(@akito.0321)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

安田(@toshio5032)がシェアした投稿

 

そこから「インナーテント」を引き算し、「サイドウォール」を足し算したのが今回新たにラインナップに加わった「CIRCUS(サーカス) 720SS

厳冬期を迎えるこれからの季節に活躍しそうなまさしく大型新人の登場です。

出典:テンマクデザイン

 

ざっくりとした特徴は先述したように「インナーテント」が付属しないフロアレスシェルターである点。さらに側面を跳ね上げた際に雨風の吹込みなどを防ぐ「サイドウォール」がセットされている点の2つ。

出典:テンマクデザイン

展開時のサイズはどちらもまったく同じ720×360×220cm

ただしカラーはSSがカーキに変更されています。

出典:テンマクデザイン

それにしてもいくらスカート付きとは言え、これだけ大きいと内部を暖めるには石油ストーブ1台ではやや力不足かもしれませんね。

 

ほかに似た構造としてはタラスブルバの「ワンサイドフォークアレンジシェルター」が想起されるでしょうか。

しかしながら、あちらはまさしくA型フレームが「ワンサイド」だけなので居住性の高さは圧倒的に「CIRCUS(サーカス) 720SS」に軍配があがります。

とは言え価格にかなりの開きがあるのでフェアな比較は難しいわけですが。

 

まとめ

仕様変更としてはDXから大きく変わっているわけではないので、コット寝やカンガルースタイル前提、あるいは活動時間の大型リビング空間として活用するイメージでしょうか。

スカート付きで保温性が高い分、フルクローズすると夏季は蒸し風呂状態となることが予想されますので、先々の利用シーンも考慮するといいでしょう。

 

最も効果を発揮してくれそうなのがやはりこれから寒くなる季節。ここを宴会幕として仲間と鍋でもつつきながら雪見酒なんかしたら最高でしょうね。ただし、幕の素材がポリエステルなので結露の発生はある程度覚悟しなければなりません。それを避けたいならコットンやTC素材の幕を探すのが賢明です。

となると有力なのはこのあたり?

 

こちらの記事もオススメ
テンマクデザインから軽量ソロテント「PANDA LIGHT(パンダ ライト)」新登場!
PANDA LIGHT(パンダ ライト) サーカスTCと並ぶテンマクデザインの代名詞的存在となったソロテント「PANDA」 2019年にリニューアルされた同シリーズにいよいよUL仕様が追加されました。 通常のP...
めっちゃ炎が見える!テンマクデザインから「ウッドストーブ サイドビュー」が新登場!
ウッドストーブ サイドビュー 2019年度のグッドデザイン賞を受賞したテンマクデザインのウッドストーブ。 その進化版ともいえる「ウッドストーブ サイドビュー」が今秋登場します。 目立った特徴はネーミング通りサイドのガラ...
テンマクデザインよりラージメスティン専用オプションが新登場!
メスポット/メストレイ 既存の製品をより便利に、よりスタイリッシュにアレンジして楽しむために「この世に無いなら作ってしまおう」というのはガレージブランドではよくある光景。 ではありますが、今や国内屈指の人気キャンプギアメーカーへと成...
【レビュー】nemo(ニーモ)ヘキサライト6Pエレメント初回利用時の印象
購入動機 昨年購入したスノーピークのヴォールト。 2018年11月のファミリーキャンプではこのようにサーカスTCをリビング、ヴォールトを寝室として運用したのですが、たとえ3人家族とは言え、サーカスをリ...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュースキャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET