テンマクデザインの新作「フラットスペース」がテーブルの概念を揺さぶる!

アウトドアニュース
スポンサーリンク

フラットスペース

とりわけシビアな装備の要求される登山はもとより、UL志向のキャンパーにとってチェアは必需品ではありません。それと同様にテーブルも荷物の優先順位としては下位に位置すると言っていいでしょう。

 

軽量コンパクトなソロテーブルといえばSOTOのフィールドホッパーとスノーピークのオゼンライトが二大巨頭。

しかしながら今回、テンマクデザインからそうした勢力図を書き換える可能性を秘めたソロテーブルが新発売されたのです。

それがフラットスペース

 

最大の特徴は大胆にも脚を排除した引き算の美学

そこからうかがい知れるのは「ULテーブルに求められているのはあくまでフラットなスペースであって高さではない」という徹底したリアリズム。

すなわち「脚など飾りではないのか」というジオング理論に基づくコロンブスの卵、それがフラットスペースなのです。

出典:テンマクデザイン

 

言うなれば単なる二枚の板ではありますが、2パターンの連結方法によって異なるスタイルを楽しむことができるのも特徴のひとつ。

出典:テンマクデザイン

もちろん単体で使ってもいいでしょう。

欲を言えばV字に連結して風防のような使い方ができるとさらに良いかな、と。

 

気になる本体の重量は318g

つまり1枚なら159g

ちなみにフィールドホッパーが395gでオゼンライトは270g

テーブル然として連結させた場合のサイズは30×40.25cm

よって収納時は15×40.25cmとなります。

出典:テンマクデザイン

素材は天板がアルミで連結部分がステンレス。

だからこそ、ここまで安価に設定できるわけですね。

どれくらいかと言うと、キャプテンスタッグのアルミローテーブルに匹敵する価格。

出典:テンマクデザイン

ストイックなアウトドアシーンにおいてテーブルの有無は言うなれば文明と非文明のボーダーライン。余計な荷物を嫌う方も、このフラットスペースをザックの隙間に忍び込ませておくだけで、より健康で文化的な最低限度の食事シーンを堪能できるのではないでしょうか。

 

 

こちらの記事もオススメ
【モノポールインナーテント】テンマクデザインからカンガルースタイル専用のソロテントが新登場!
モノポールインナーテント フロアレスのテントやシェルターって冬季の引きこもりスタイルでもそれなりのアウトドア感があってわたしは好みなんですが、困るのは雨天時。 小雨程度なら全く問題ありませんが、幕内まで水浸しになるような大雨っていう...
【サーカスTCにNEWカラー】テンマクデザイン2019秋の新作を見逃すな!【HOBO'S NEST2】
CIRCUS TC DX ダックグリーンバージョン もはや説明不要、テンマクデザインが誇る少人数向けテントとしての金字塔を打ち建てたモノポールテント「サーカスTC」 それに雨風の吹込みを軽減するサイドフラップを標準装備させたのが「サ...
めっちゃ炎が見える!テンマクデザインから「ウッドストーブ サイドビュー」が新登場!
ウッドストーブ サイドビュー 2019年度のグッドデザイン賞を受賞したテンマクデザインのウッドストーブ。 その進化版ともいえる「ウッドストーブ サイドビュー」が今秋登場します。 目立った特徴はネーミング通りサイドのガラ...
ネイチャートーンズのワンハンドソロテーブルが6/19いよいよ発売!
アイキャッチ出典:ネイチャートーンズ公式Instagram ワンハンドソロテーブル SNS上でその製作過程を何度か投稿されていたネイチャートーンズの「ワンハンドソロテーブル」が遂に発売される模様です。 サイズはA4とB4の2サイズ...
【レビュー】YOKAの新作トライポッドテーブル・ソロを使ってみた
YOKAというガレージブランドはご存知でしょうか。 2015年に立ち上がったこちらのブランドは組み立て式の木製ファニチャーを中心にオリジナルの焚き火台や鉄板、可愛らしい雑貨などを販売されています。 そんな私もつい最近までは不勉強...

Twitterをフォローしてくださると、たまにお役立ち情報をつぶやきます

プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET