ハイランダーのNEWテント第二弾はワンポール!その全貌に迫る

アウトドアニュース
スポンサーリンク

名称不明のワンポールテント登場

ナチュラムのプライベートブランドハイランダーから意欲的なエアフレーム構造のカマボコ型テント『ROOMY』に続き、新作テントの発売が予告されました。

名称や詳細なスペックは未だ不明ながら、その公開された画像からあれこれ推測してみたいと思います。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

類似するテント

私はすぐにキャプテンスタッグのCSクラシックスシリーズのワンポールテントを想起しました。おそらくポリエステルであろうフライシートの質感やインナーメッシュテントが付属している点などが類似しているからです。

出典 キャプテンスタッグ

ひょっとしてOEMなのかな、と当初思ったのですが、

3-4人用はキャノピーがある

とのヒントからそれを打ち消しました。

キャプテンスタッグの3-4人用テントにはキャノピーがないからです。

ターゲットは?

最初のテントにワンポールを選択する方って少数派なんじゃないかなー、と思うんです。ましてやファミリーで。そうするとキャンプにハマって二つ目、三つ目のテントとしてちょっと冒険してみようか、という感じで食指が動くんじゃないか、と。

サイズ感

3-4人用

引き続きキャプテンスタッグのワンポールテントを参照すると、3-4人用であるヘキサゴン300UVのサイズは300×250×H180cm。

出典 キャプテンスタッグ

おそらくこのあたりの数値から大きく外れることはないと思うのですが、どうでしょうか。

1-2人用

気になるのは1-2人用サイズですね。

数少ないソロ用ワンポールテントの代表格と言えばテンマクデザインのパンダシリーズ。

そのサイズが240cm×240cm×150cmの四角錐となっています。

 

バンドックのソロ用ワンポールテントもパンダと全く同じ240cm×240cm×150cmの四角錐。

形としては近そうなアルパインデザインのワンポールテントは210cm×150cm×170cm。

このあたりの数値を参考にするとイメージしやすいかと思います。

価格

すべて2019年1月現在

3-4人用ワンポールテントの価格比較表

メーカー商品名価格
キャプテンスタッグCSクラシックス ヘキサゴン300UV¥13,158
コールマンエクカーションティピー¥16,480
ロゴスナバホ¥32,800
DODビッグワンポールテント(8人用¥25,443
ogawaピルツ9¥81,000
テンマクデザインサーカスTC¥34,344
ノースイーグル

NE156

¥23,750
DODはソロ、3人用、5人用とラインナップ豊富なんですが、すべて売り切れ中

1-2人用ワンポールテントの価格比較表

メーカー商品名価格
テンマクデザインパンダ(30%オフセール中)¥14,904
バンドック

ソロティピー1BDK-75

¥11,241
アルパインデザインワンポールテント210¥7,980

価格予想

上記を踏まえると3-4人用が30000~40000円以内、1-2人用が10000~20000円以内くらいが妥当でしょうか。

発売日

『ROOMY』と同様2019年1月30日(水)

何時からどのように注文可能かはまだ不明です。

オフシーズンに先手を打って仕掛けてきたハイランダーの新作テントラッシュに今後も注目していきましょう!

【アウトドア&スポーツ ナチュラム】

 

Twitterをフォローしてくださると、たまにお役立ち情報をつぶやきます

ちょっとCMです。

アウトドアの新しい遊びテントサウナお貸しします

画像のタープなどは含みません。

 

その醍醐味はなんと言っても大自然という名の水風呂。

 

川や湖、あるいは積雪があればそこに飛び込んだっていいでしょう。

その日、その場所でしか体験できない感動はやみつき間違いなしです!

 

熱源は薪ストーブなのでもちろん電源不要。

薪さえあればどこでもサウナが楽しめます。

簡易テントだからと侮るなかれ、ひとたびロウリュすればその体感温度はいつものサウナ以上。

購入に踏み切るにはちょっとハードルの高いテントサウナですが、レンタルならとっても手軽におおよそ10分の1以下の価格で楽しめます。

是非、一度お試しください!

レンタルセット内容

  • テントサウナ(モビバ製のロウリュできるタイプです)
  • 専用薪ストーブ
  • サウナストーン
  • ロウリュ用のひしゃくとバケツ
  • 簡易ベンチ(二人掛け)
  • ペグ、ハンマー
  • 火消し壺
  • 着火剤、ライター

ご自身でご用意いただく必要のあるもの

ご用意いただくと快適に過ごせるもの

  • ととのいチェア

注意事項

  • レンタル品は直接の受け渡しとさせていただきます。
  • 受け渡し・返却場所は愛知県一宮市内(詳細はご予約時にお伝えします)
  • 料金は原則一泊二日で15,000円(それ以外は応相談)
  • お支払いは現金払いのみとさせていただきます。ご了承ください。

連絡方法

ご連絡はこちら、もしくはTwitterInstagramのDMから

件名を「テントサウナのレンタル」としていただき、

ご利用したい日程をご連絡ください。

追ってこちらから返信させていただきます。

ご予約状況

※リアルタイム更新ではありません

テントサウナの設営方法

【レビュー】ロウリュできるMobiba(モビバ)のテントサウナMB10Aを買ってみた
噂のテントサウナを購入! 手元に届いたのが2020年2月下旬。ところが言うまでもなく、その頃から世間は、いや世界中がコロナ狂想曲による自粛ムードまっしぐら。ウイルス同様、目に見えない同調圧力によってなんだか気分が滅入ってしまい、ちょっとテ...

テントサウナを使ったキャンプの様子

【2020ソロキャンプレポート】5月のひるがの高原キャンプ場
わが愛しのキャンプ場 緊急事態宣言が解除されたら真っ先に駆けつけたいと思っていたキャンプ場、それが今回お邪魔したひるがの高原キャンプ場です。 トイレやシャワーといった最低限の設備のみが近代化されており、サイト自体は必要以上に手を加え...

プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.nero

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュースキャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET