ハイランダーのNEWテント第二弾はワンポール!その全貌に迫る

アウトドアニュース
スポンサーリンク

名称不明のワンポールテント登場

ナチュラムのプライベートブランドハイランダーから意欲的なエアフレーム構造のカマボコ型テント『ROOMY』に続き、新作テントの発売が予告されました。

名称や詳細なスペックは未だ不明ながら、その公開された画像からあれこれ推測してみたいと思います。

 

類似するテント

私はすぐにキャプテンスタッグのCSクラシックスシリーズのワンポールテントを想起しました。おそらくポリエステルであろうフライシートの質感やインナーメッシュテントが付属している点などが類似しているからです。

出典 キャプテンスタッグ

ひょっとしてOEMなのかな、と当初思ったのですが、

3-4人用はキャノピーがある

とのヒントからそれを打ち消しました。

キャプテンスタッグの3-4人用テントにはキャノピーがないからです。

ターゲットは?

最初のテントにワンポールを選択する方って少数派なんじゃないかなー、と思うんです。ましてやファミリーで。そうするとキャンプにハマって二つ目、三つ目のテントとしてちょっと冒険してみようか、という感じで食指が動くんじゃないか、と。

サイズ感

3-4人用

引き続きキャプテンスタッグのワンポールテントを参照すると、3-4人用であるヘキサゴン300UVのサイズは300×250×H180cm。

出典 キャプテンスタッグ

おそらくこのあたりの数値から大きく外れることはないと思うのですが、どうでしょうか。

1-2人用

気になるのは1-2人用サイズですね。

数少ないソロ用ワンポールテントの代表格と言えばテンマクデザインのパンダシリーズ。

そのサイズが240cm×240cm×150cmの四角錐となっています。

バンドックのソロ用ワンポールテントもパンダと全く同じ240cm×240cm×150cmの四角錐。

形としては近そうなアルパインデザインのワンポールテントは210cm×150cm×170cm。

このあたりの数値を参考にするとイメージしやすいかと思います。

価格

すべて2019年1月現在

3-4人用ワンポールテントの価格比較表

メーカー商品名価格
キャプテンスタッグCSクラシックス ヘキサゴン300UV¥13,158
コールマンエクカーションティピー¥16,480
ロゴスナバホ¥32,800
DODビッグワンポールテント(8人用¥25,443
ogawaピルツ9¥81,000
テンマクデザインサーカスTC¥34,344
ノースイーグル

NE156

¥23,750
DODはソロ、3人用、5人用とラインナップ豊富なんですが、すべて売り切れ中

1-2人用ワンポールテントの価格比較表

メーカー商品名価格
テンマクデザインパンダ(30%オフセール中)¥14,904
バンドック

ソロティピー1BDK-75

¥11,241
アルパインデザインワンポールテント210¥7,980

価格予想

上記を踏まえると3-4人用が30000~40000円以内、1-2人用が10000~20000円以内くらいが妥当でしょうか。

発売日

『ROOMY』と同様2019年1月30日(水)

何時からどのように注文可能かはまだ不明です。

オフシーズンに先手を打って仕掛けてきたハイランダーの新作テントラッシュに今後も注目していきましょう!

【アウトドア&スポーツ ナチュラム】

 

Twitterをフォローしてくださると、たまにお役立ち情報をつぶやきます

プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET