ハイランダー×藤田金属コラボ再び!今回は超極厚の「焚き火鉄板」!

アウトドアニュース
スポンサーリンク

ハイランダー×藤田金属

これまで焚き火フライパンなどを実現させてきたハイランダーとスタイリッシュなフライパン「ジュウ」の製造元として知られる藤田金属による最新コラボの一報が届きました。

今回はなんと6mmという超極厚の「焚き火鉄板」

出典:楽天市場

しかも近頃流行りのお一人様サイズではありません。

中(33.5cm×16cm)、大(40cm×22cm)の2サイズ展開で餃子、焼きそば、ステーキどんと来いのビッグサイズ。

 

「焚き火鉄板」というくらいですから、ドカンと焚き火に放り込んでワイルドに調理したいですよね。おまけに藤田金属独自の技術であるハードテンパー加工がされているので面倒な油ならしも不要。購入したその日から野外で鉄板料理屋がオープンできてしまうのです。

出典:楽天市場

縁がしっかりあるので油が垂れたりなんてこともありません。お肉を焼いて出た油でガーリックライスなんか作っても美味いでしょうね。軽量だのコンパクトだのしゃらくさいことを全部巴投げしたような豪傑鉄板。どうやっても壊れようがないので、一生のお付き合いになることは間違いないでしょう。

 

こちらの記事もおすすめ
ハイランダーからダウンなのに格安なシュラフが登場!
ダウンシュラフ400/600 保温性と価格は比例するもの、ましてやそれが化繊でなくダウン素材なら尚のこと。これまではそれがシュラフの常識でした。 ところがその常識を破壊してみせたのが業界の風雲児ハイランダー。 なんと今...
ハイランダーと藤田金属のコラボ再び!焚き火鉄板が新登場!
焚き火鉄板 ハイランダーと藤田金属コラボの件はこちら アウトドア用の鉄板やフライパンってホントに選択肢が多くて迷いますよね。 わたしはソロだと16cmくらいの小さなスキレットを愛用していますが、大きめの...
ハイランダーのレバー式GIコットがアルミ製でさらに軽量化!
レバー式GIコット これまでスチール製だったハイランダーのレバー式GIコットのポール素材。 コットの総重量はおよそ6.5kgでした。 それが今回アルミ製に改良され、使用時の大きさと耐荷重120kgをキープしたまま約1k...
ハイランダーがまたやった!プライウッドヘキサゴンテーブル登場!
プライウッドヘキサゴンテーブル 出典:ナチュラム キャンパーのツボを心得たハイランダーからまたしてもヒットを予感させるニューアイテムが登場です。 ヘキサ―テーブルの代表格と言えばガレージブランドの「The Arth」で...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET