バンドックから焚き火陣幕が登場!今のところ買えるのはアマゾンだけ!

アウトドアニュース
スポンサーリンク

令和2年は陣幕元年

なんて呼ばれることに後年なってしまうかも。

風よけ及び輻射熱による暖をとる便利アイテムとしてにわかに活気づく小型陣幕(リフレクター)市場。その決定版とも思える機能をひっさげて先日リリースされたクイックキャンプの焚き火陣幕も記憶に新しいところ。

 

そんなホットなジャンルに俺たちのバンドックが遂に参戦を表明しました。見るからに同じくバンドックのソロベースTCやソロティピーTCと合わせてくれ、と言わんばかり。

出典:Amazon

テントはTC生地でしたが、より焚き火と近い位置で使う陣幕は100%コットン素材。多少の火の粉なら平気の平左でございやす。

 

クイックキャンプの焚き火陣幕はランタンスタンドやツールハンガーなど、確かに便利そうな機能が満載だったわけですが、その分お値段にもそれが反映されていました。

その点バンドックの陣幕は余計な機能をそぎ落としたシンプル設計。

ゆえにとってもリーズナブル。

出典:Amazon

必要最低限の機能さえあればそれで良い、そうした思考の持ち主にとってはバンドックの陣幕が最適解と言っていいでしょう。

アフターコロナでは男女問わず、ますますソロキャンプ人口は増えていくはず。よって風よけのみならず、ソーシャルディスタンスを確保する、あるいは他者の視線を遮る目的のアイテムというのは新たな潜在的需要としてより注目を集めていくのかもしれません。

 

こちらの記事もオススメ
ブレイクなるか!?クイックキャンプの焚火陣幕 焔‐HOMURAが遂に発売!
QUICK CAMP(クイックキャンプ)とは? ECショップ運営を主軸とする株式会社eSPORTSが手掛けるアウトドアブランド。 一般的には近年急速に頭角を現しはじめた格安ブランドのひとつと認識されているでしょうか。既視感のあるアイ...
アレにそっくり!?バンドックのソロティピーTCについて調べてみた
ハイコスパブランドは電気パンダの夢を見るか? 2019年にソロテントとしては異例のスマッシュヒットを記録したバンドックのソロベース。 失礼ながら数ある格安アウトドアブランドのひとつという認識でしかなかったバンドックですが、こ...
【レビュー】バンドックの和製USパップ「ソロベース」をどこよりも詳しく!
ジェネリックUSパップ ことBUNDOK(バンドック)のソロベース。 ソロキャンプ界隈の中でもさらにニッチな市場、軍幕愛好者が色めきだった2019年8月下旬。USパップテントをデフォルメ化した既存のテントとは一線を画す本格リアル志向...
【徹底検証】DODパップフーテント2はどこがどう変わったのか?
パップフーテント2 軍幕、とりわけUSパップテントの意匠を取り入れたレジャー仕様の民生テント。ガレージブランドでしか取扱いのなかったこのジャンルに大手ブランドとして先鞭をつけたのがDODでした。 初代パップフーテント ...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.nero

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET