ユニフレームから分離型のガスストーブ「セパレートバーナー US-S」新登場!

アウトドアニュース
スポンサーリンク

セパレートバーナー US-S

CB缶を燃料とする分離型ガスストーブとしてスマッシュヒットを続けているSOTOのフュージョンですが、なんとこれに類似したガスストーブがユニフレームから登場しました。

火力調整のツマミ位置や、フュージョンよりもやや長めに設計されたホースなどに並々ならぬ研究の跡がうかがえます。価格も1,000円未満とは言え低めに設定しているあたりは、後発ゆえの涙ぐましい努力の賜物でしょうか。

出典:楽天市場

こちらもSOTOの傑作ストーブST310のような一体型と比べ、分離型最大のメリットは輻射熱によるCB缶加熱事故のリスクが軽減されるというもの。長時間に及ぶ煮込料理などをする場合は分離型の方がより安心というわけです。

一方デメリットとしてはある程度のスペースを必要としますので、それを確保する必要があること。

出典:楽天市場

気になる重量を比較してみた結果がこちら

セパレートバーナー450g
フュージョン245g
ST310350g

 

軽量化という意味ではフュージョンが頭ひとつリードしています。

このあたりも人気の秘訣でしょうか。

 

こうしてみるとセパレートバーナーを選ぶ決定的な理由が見当たらないのですが、強いて言うと

  • フュージョンよりちょっとだけ安い
  • ホースが長い(バーナーヘッドとボンベをより離せるので安全)
  • 希少性が高い

といったあたりでしょうか。

出典:楽天市場

しかしながら考えてみればユニフレームの製品は総じて堅牢性がウリですから、軽量さなどを気にするのははなはだナンセンス。つまりSOTOフュージョンの機能性に質実剛健なユニフレームイズムを注入したのが本製品だと考えるのが妥当でしょう。

とは言え、その堅牢性を証明する術が今のところないのがいかんともしがたいところ。

 

こちらの記事もおすすめ
遂に出るぞ!ユニフレームの大傑作「焚き火テーブル」にLサイズが新登場!
焚き火テーブル ラージ アウトドアテーブル界のマスターピースとして長年に渡り君臨するユニフレームの「焚き火テーブル」 そのシンプルな構造が故に傑出した堅牢さ。しかもほぼメンテナンス不要ながらヘビーデューティー。絶妙な使い心地...
ソロ用グリルの新定番!ユニフレームの「薪グリルsolo」が販売開始!
薪グリルsolo 近年ソロキャンプが市民権を獲得するに至り、キャンプでのメインイベントとも言える“焚き火”及び“焚き火調理”を演出するギアの存在感が増してきました。 そして遂にキャンプギア界の優等生ユニフレームからその決定版とも言え...
ユニフレームより鋳鉄製のグリル鉄板「ユニ鉄」が新登場!
ユニ鉄 サイズ:約200×200×17mm 重量:約1.45kg 出展:ユニフレーム ユニフレームよりちょっとしたグリル調理に最適なサイズの鉄板「ユニ鉄」が登場します。 肉や魚の余分な脂を落とす波状...
ユニフレームのREVOタープシリーズがリニューアルして登場!
REVOタープⅡ ユニフレームのREVOタープがタンカラーになってリニューアルされました。また拡張性の高いオプションも豊富にあるのでじっくり見ていきましょう。 まずは活動のベースとなるタープ。 サイズはMとLの2種類。その形状...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET