ロゴスのロングセラー「ハイパー氷点下クーラー」がバリエーション豊富に!

アウトドアニュース
スポンサーリンク

ハイパー氷点下クーラー

真夏にソフトクーラーでは少し心もとない、かと言ってハードクーラーではかさ張り過ぎる。そんなワガママなユーザー心理を見透かしたようなロゴスのロングセラー。

それがソフトクーラー界の横綱との呼び声高いロゴスのハイパー氷点下クーラーです。

より正確を期するならセミハードクーラーとでも言いましょうか。

 

夏季になるとロゴスショップ店頭では頻繁にこのクーラーボックスを使ったデモンストレーションが行われていますよね。同じくロゴスの保冷剤氷点下パックと共にキンキンに冷やされたおしぼりなんかを見たことがあります。

 

保冷性能に関しては疑いの余地はないのですが、唯一ネックだったのがそのビジュアル。

太陽光を反射させることで保冷力アップに寄与することを目的としたシルバーメタリックに表面が加工されているのですが、これがまあ目に優しくない。

例えばコールマンのスチールベルトのような落ち着きあるシルバーなら許容範囲なのですが、ロゴスのそれはギラつき感が桁違いなのです。

 

往年のジュリアナ感あるいは岡本夏生感とでも言いましょうか、ともかくメタリックメタリックしていて落ち着かない。どんな雰囲気のサイトでも異彩を放つマイナスイメージだけが浮かんでくるのです。しっくりくるとすればサイバーパンクSF調くらいでしょうか。そんなキャンプサイト見たことないですけど。

出典:ロゴス

 

そうしたユーザーの声が届いたのでしょうか、この度ハイパー氷点下クーラーに新たなビジュアルの仲間がラインナップされることとなりました。

なかでも注目すべきはクールマスターと名付けられたアーバンカーボンの存在。

これまでのギラつき感が嘘のように落ち着いた仕上がりとなっているのです。

出典:ロゴス

気を付けてほしいのは今のところ従来のシルバーメタリック以外、サイズ展開が豊富でないということ。容量はそれぞれ、アーバンが40L、カーボンが35Lとなっています。

出典:ロゴス

尚、カーボンはショルダーストラップを付けることで背負うこともできます。

出典:ロゴス

 

クーラーボックスも近年は選択肢豊富となり、いちユーザーとしては嬉しい悲鳴といったところ。ただしソフトとハードどちらの良さも併せ持つハイブリッド・クーラーはロゴスだけ。稼働よりも保管期間のほうが長いクーラーボックスという存在だからこそ、保冷性能以外にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

出典:ロゴス

我が家でもイグルーのハードクーラーが物凄い存在感を放っているんですよね、、、

こちらが新作
こちらが従来のもの

 

こちらの記事もオススメ
コストコでイグルーのステンレスクーラーを購入したので徹底レビュー
igloo ステンレス スチール クーラー 購入先:コストコ 販売価格:12,300円 特別な必要性を感じていたわけではないけれど、コストコで1500円割引になっており気になっていたイグルーのステンレスハードク...
【日常使いも出来る!】オレゴニアンキャンパーのソフトクーラーバッグ【レビュー】
アウトドアイベントで購入 先日のアウトドアイベントFIELD STYLE2018でお得に入手したオレゴニアンキャンパーのソフトクーラーバッグ。その使い心地をじっくり解説していきたいと思います。 オレゴニアンキャンパー...
ハイランダーよりハイスペックでシンプルなハードクーラーが新登場
ポイント 類似スペックのハードクーラーと比較すると安価 ロゴが後付けシールなのでプレーンな状態で使え、好みのステッカーなどでアレンジ可能 容量は3種類(25L、35L、45L) カラーはタンとホワイトの2種類...
DODからキャリーバッグ型の大型クーラー「バベコロ2」が新登場!
バベコロ2 一般的なクーラーボックスと言えば箱型のものが大半ですが、DODらしいアイデアに満ちた意欲的なクーラーバッグが登場しました。 収納のメインがラック棚のようになっており、さながら動く冷蔵庫。 2ℓのペットボトルも横向き...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.nero

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET