史上最強コスパ!タラスブルバの厳冬期用シュラフに大注目!

アウトドアニュース
スポンサーリンク

シュラフ界に新星現る!

化繊シュラフの特徴はダウン製に比べて安価であること、比較的水濡れに強いこと、手入れのしやすさなどが挙げられます。ただし最大のデメリットは圧倒的にかさ張る点。その為、シビアな条件が求められる登山などには向きませんがオートキャンプなら話は別。

 

オートキャンプシーンにおける厳冬期用シュラフの代表格と言えばモンベルの化繊シュラフ「バロウバッグ」シリーズというは衆目の一致するところでしょう。

そんな化繊シュラフの絶対王者に挑むのは休眠状態から2019年にリブートした老舗ブランドのタラスブルバ。

果たしてこの意欲的なシュラフがモンベルの牙城を崩すポテンシャルを秘めているのか、その実力をチェックしてみたいと思います。

 

マミーシュラフ -17度

形状はもちろん保温性に優れたマミー型

出典:タラスブルバ

ファスナーは信頼と実績のYKK

出典:タラスブルバ

首周りはチューブ構造になっており、冷気のシャットアウトと保温性アップが期待できます。スマホなんかを入れておける小さなポケット付きなのも気の利いたポイントでしょうか。

出典:タラスブルバ

肝心の対応温度をモンベルのバロウバッグ#0と比較してみましょう。

ちなみにどちらもEN(ヨーロピアンノーム)13537という世界共通の保温力表示規格に基づいています。

マミーシュラフ -17度バロウバッグ#0
快適温度-10℃-7℃
限界温度-17℃-14℃

保温力ではタラスブルバが大きく一歩リード。

タラスブルバの価格が上回っていればそれも当然なのですが、なんとバロウバッグ#0よりもはるかに安いのだから驚きです。

価格は変動することもあるのでお手数ですがリンク先でご確認ください

これぞスポーツオーソリティを展開するメガスポーツのメガパワー。

 

もちろんモンベルにはストレッチ性という独自にして最大のセールスポイントがありますので、そこに魅力を感じる方はこれまで通りバロウバッグ一択。

出典:モンベル

 

個人的にはタラスブルバのマスタードっぽいカラーがバロウバッグよりも好みですかね。

強いて残念なポイントを述べておくとネーミングでしょうか。もう少し愛着の持てるものだと良かったかなと。あるいは端的にスペックが把握しやすい「TBシュラフ-10-17」くらいの感じでもいいので。

同じく新発売となる3シーズン用シュラフも合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

わたしは今年、スナグパックの新作「ソフティエリート5」を購入したのですが、恰幅の良い方やがっつり着込んで寝る派にはこちらもオススメですよ。

【レビュー】Snugpak(スナグパック)2019新作シュラフ「ソフティーエリート5」の特徴とメリット・デメリット
冬用シュラフの追加購入を検討 現在わたしが所有しているシュラフ、それを保温性の高い順に並べてみると ISKA(イスカ)アルファライトEX1300 NANGA(ナンガ)450 そして初期に購入した数千円の格...
ここが良い!スナグパックのソフティエリートを30日以上使った感想
仮眠習慣 ホントかどうか知りませんが、各国の軍隊でも正式採用されているとうたうイギリス生まれのアウトドアブランドSnugpak(スナグパック) 。とりわけ化繊シュラフが有名で、ちょっとしたアウトドアショップなら在庫陳列されていることもしば...

 

こちらの記事もオススメ
【レビュー】NANGA(ナンガ)メリノウール生地のインナーシュラフをじっくり観察
NANGAメリノウール マミー型 シュラフシーツ 先日発売されたのNANGA(ナンガ)のインナーシュラフ。 生地は保温性、防臭性に優れた天然素材メリノウール100%ということで早速購入してみました。 まずは開封して大きさをチェ...
スポオソのPBとして復活したTARAS BOULBA(タラスブルバ)から目が離せない!
TARAS BOULBA(タラスブルバ)とは? かつてasicsが展開していたアウトドアブランドで、誕生したのは1976年。2010年頃、asicsがスウェーデンのアウトドアメーカー「ホグロフス」を子会社化。そこでホグロフスに注力するため...
【シュラフ収納ストレスを解消!】カリマーの防水バッグでダウンシュラフが簡単に片付く
収納するのがとにかく苦手 私は使用後のテントを収納バッグへ綺麗に仕舞うのが非常に苦手で、バッグのファスナーがきっちり閉まる確率はいつだって30%以下という体たらく。それはシュラフ(寝袋)においても例外ではなく、購入時に付属するバッグに収め...
低スペックでも大丈夫。化繊とダウンの二枚重ねで保温性が格段にあがる!
かなり冷えると予想して 私が所有しているダウンシュラフはナンガ製のオーロラ450という秋口まで通用するスペックのもの。さらに厳冬期にも活躍するイスカ製の化繊シュラフでアルファライト1300EXがあります。 気温が0℃前後だと...
ハイランダーからダウンなのに格安なシュラフが登場!
ダウンシュラフ400/600 保温性と価格は比例するもの、ましてやそれが化繊でなくダウン素材なら尚のこと。これまではそれがシュラフの常識でした。 ところがその常識を破壊してみせたのが業界の風雲児ハイランダー。 なんと今...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET