安い!涼しい!直火もOK!長野県の白樺高原キャンプ場を徹底解説!

キャンプ場情報
スポンサーリンク

白樺高原キャンプ場

長野県売木村には高規格キャンプ場として知られる「うるぎ星の森オートキャンプ場」の他、村営でリーズナブルに利用できる「岩倉ダムキャンプ場」と今回取り上げる「白樺高原キャンプ場」があります。

それぞれ違った魅力があるわけですが、少しワイルドなキャンプスタイルがお好みなら「白樺高原キャンプ場」はいかがでしょうか。

まずは基本情報

場所

〒399-1601 長野県下伊那郡売木村軒川2653−122

アクセス

名古屋方面からは猿投グリーンロードの終点「力石IC」から国道153号線をひた走ります。キャンプ場までは走りやすい道ばかりなので特に心配はいらないかと思います。

「白樺高原キャンプ場」とは至近距離なので、ナビに「うるぎ星の森オートキャンプ場」と入れてもいいかもしれません。

営業期間

4月下旬から11月末まで

利用料金

小学生以上1名につき 200円
テント1張り 1,000円
タープ1張り 1,000円
車両乗り入れ 1,000円

ソロでテントとタープを張ると2,200円

テントだけなら1,200円という格安さで利用が可能

設営撤収時のみサイト内へ車両乗り入れが可能なので特に不便はありません。

チェックイン/チェックアウト

チェックイン フリー
チェックアウト 12:00

チェックアウトを一応12:00としましたが、公式のアナウンスではなく受付時に「昼頃までに撤収を」と言われるのであくまで目安だとお考えください。

このあたりは村営なので良くも悪くもかなりざっくりしています。

キャンプ場の雰囲気と簡単な特徴

標高1100m近くあるので平地とは気温差が6℃近くあります。ですので日中過ごしやすい反面、朝晩は冷え込むので防寒着を用意してください。

8月下旬の日中でも25℃くらい

道路を挟んだ両サイドがキャンプエリアとなっており、管理棟及びサニタリーのあるエリアが比較的拓けたサイトとなっています。

川遊びもできるため、夏場の明るい時間帯は小さな家族連れで賑わいます。

サイトはすべてフリー。予約もできないので基本的には早い者勝ち。

ですが比較的ハイシーズンでも空いていることが多いので空きスペースがない、という事態は稀だと思われます。

それでも難しい場合は「岩倉ダムキャンプ場」ものぞいてみましょう。

管理棟/売店

ちょっとしたカフェとしても営業されている管理棟。

400円で薪の販売もされていました。

キャンプ利用の際はこちらで受付を。

夕方には閉まるので、それ以降のチェックインは翌朝以降に手続きしてください。

炊事場

綺麗に管理されたシンクが一か所。

しかも嬉しいことにここの水は飲用可能。

トイレ

気になるお手洗いですが、男女兼用の落下式和風トイレなので抵抗ある方も多いかもしれません。

洋式のバイオトイレもあるのですが、わたしが訪れた際は故障中となっていました。(2019年8月下旬頃)

温泉

車で15分ほどの場所に「うるぎ温泉こまどりの湯」という温泉施設があります。

営業時間は9時から21時まで

サウナも露天風呂もありながら大人500円という安さ。

買い物

近くにコンビニやスーパーはありません。

しかしながら「うるぎ温泉こまどりの湯」の近くに「南信州うるぎ ふるさと館」という道の駅があるのでちょっとした地元食材などはそこで購入できます。

薪も販売されているのでキャンプ場で入手できなかった場合はこちらで。

食堂があるので食事も可能ですよ。

まとめ

名古屋方面からは比較的アクセスしやすい為、避暑キャンプに最適だと思います。

しかも今どき貴重な直火OKというのも高評価ポイントでしょうか。

ただしお手洗いが「THE昭和」な仕様のため、ここを譲れない方にはおすすめできません。

ファミリーなら近くの「うるぎ星の森オートキャンプ場」がいいでしょうね。

予約は大変取りづらいですが、、、。

ちなみにもう一つの「岩倉ダムキャンプ場」もほとんど同じ条件ですので雰囲気を知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

白樺高原キャンプ場を利用した際のレポートはこちら

 

プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
キャンプ場情報関東のキャンプ場
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET