寒い!しんどい!帰りたい!登山ビギナーが春の伊吹山にソロで挑む!【後編】

伊吹山
スポンサーリンク

前編はこちら

待ってろ百名山!登山ビギナーが春の伊吹山にソロで挑む!【前編】
初の日本百名山 ここ数年の趣味らしい趣味と言えば食っちゃ寝に特化したキャンプという名の自堕落なひとり呑み。週末ごとに心と腹は満たされるものの、それらと引き換えに遠ざかっていく健康体。 このままではキャンプそのものが楽しめなくなる、そ...

いざ山頂へ

午前9時、おそらく山頂と思われる場所まで辿り着いたと思うのですが、いかんせん何も見えない。風はますます勢いを増し、じっとしていると徐々に体温が奪われていきます。

たかが標高1377mでこの激しさ。

もっと標高の高い場所でキャンプを楽しんだことがあるのに、今はこの状況がただただ恐ろしい。

 

今思えば避難小屋でしばらく待機でもしておけば良かったのかもしれません。でもこの時のわたしは直ちに下山する行動を選んでしまったのでした。滞在時間はおそらく5分程度だったでしょうか。

 

とりあえずめちゃくちゃ寒いのでレインウェアを羽織って暴風対策。

下はペラペラのバーブライトパンツ一枚ですが、意外とそんなに寒くはありません。

それよりも手先が痛いくらいに冷たい。

一応、グローブをしているのですが、防寒力が足りていないようです。

 

たぶん、こっちから来たよな、、、

まったく自信が持てないまま、歩みを進めます。

あれ?こんな道だったっけ?

たまらなく不安になり、再び山頂に引き返して建物との位置を再確認。

うん、間違いない。この道で正解なはず。

 

すると見覚えのある光景が!

これこれ!よく目立つ赤とオレンジのゴミ!

道間違いの不安はこれでなくなりました。

 

手指をグーパーさせながら動かして寒さを誤魔化してみたり。

フードをかぶって顔に直接風が当たるのを防いでみたり。

この時間になると徐々に登ってくる人が増えてきました。

中にはちびっ子の姿も。すげぇな。

えっ?半袖のおじさんがいる、マジ!?

腕組みしながら登っている人をチラホラ見かけるけど、あれは何でなんだぜ?

8合目のベンチでちょっと休憩しようかな、と思ったけど先客が結構いらっしゃったのでスルー。7合目あたりまで下りてくると、ようやく霧も晴れ視界は良好に、風もおさまってきたようです。

結局5合目まで、時折腰掛けやすそうな岩を見つけては座って休むを繰り返したのでした。

山頂で楽しもうと思っていたおにぎりと羊かんを5合目のピクニックテーブルで。

もうこのあたりで体力的には限界を感じていたのですが、羊かんの甘さが少しだけ回復させてくれるのでした。

甘いものってすごい!

それにしてもこの山はトレランする方が非常に多いですね。ゆっくり歩いているだけなのに捻挫しまくっているようなわたしからすると、到底信じられないスポーツです。きっと下山後に飲むハイボールは格別なんだろうな。

わたしも早く帰って呑もう!

 

ここ伊吹山は多くの草花が生息していることでも人気なのだとか。

わたしはこういうの門外漢なのでまったく分かりませんが、興味を持てばまた世界が広がって楽しいでしょうね。

キャンパー目線で見るホームセンターや100均が宝の山であるように。

ようやくゴールが近づいてきました。

わたしの百名山一座目はこれにて終了。

時刻は午前11時59分。

トータル6時間23分の山旅となりました。

 

あっ、あとこの新調したノースフェイスのキャップがめちゃくちゃ調子よかったので後日詳細をレビューしたいと思います。

汗かきな方にこそオススメしたい超優秀なキャップでした。

THE NORTH FACE ザ ノースフェイス MA Active Light Cap MAアクティブライトキャップ 帽子 ユニセックス 2020年春夏モデル ストレッチ NN01982

 

こちらの記事もオススメ
待ってろ百名山!登山ビギナーが春の伊吹山にソロで挑む!【前編】
初の日本百名山 ここ数年の趣味らしい趣味と言えば食っちゃ寝に特化したキャンプという名の自堕落なひとり呑み。週末ごとに心と腹は満たされるものの、それらと引き換えに遠ざかっていく健康体。 このままではキャンプそのものが楽しめなくなる、そ...
【登山トレーニング#16】金華山最後のルート「馬の背登山道」を攻める
春時雨の金華山 いつも通り長良川沿いの無料駐車場に車を停め、登山靴に履き替えているとまた雨が。向かう道中から降ったり止んだりを繰り返していたのですが、これが春時雨というやつでしょうか。 それでも風はやや強いものの、爽やかに晴...
【登山トレーニング#15】開花はじめの金華山「百曲」~「めい想」ルートを行く
週末は雨予報 そして緊急会見を開いて不要不急の外出自粛を小池都知事が要請。 国内で問題視されはじめてから、コロナ騒動は沈静化どころかここに来ていよいよ混迷をきわめてきました。個人的にはお陰様で仕事への影響は今のところありませんが、む...
【登山トレーニング#14】岐阜県池田山「大津谷登山道」を行く
池田山ふたたび 約一週間ほど前に登った岐阜県池田山に再びやって来ました。 標高329mの金華山が身の丈に合っていると自覚するわたしからすると、標高924mの池田山は最初の試練だったのです。 何度か休憩を挟みながら登りきったあの...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
伊吹山 登山
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET