御在所岳に初挑戦!絶景と超絶アスレチックが楽しめる中登山道を満喫してきた!

御在所岳
スポンサーリンク

伊吹山に登ったのが緊急事態宣言が発令される前のことでしたから、おおそよ2カ月半ぶりとなる山登り。その間に何度か金華山でトレーニングは継続していたものの、持久力に不安が残ります。反面、捻挫していた左足首の痛みがかなり緩和されてきたのは好材料。

さてさて、どうなることやら。

 

自宅を出たのがまだ真っ暗な午前3時。交通量の少ない真夜中にドライブするのってストレスフリーで好きなんですよね。コンビニで水と食料を調達すると、登山口駐車場までまっしぐら。

日曜日ですが、午前4時半なので駐車場はまだガラガラ。

他方、下山時は枠外駐車や路上駐車もあるくらい大混雑でした。

 

登山届を提出し、いざ出発!

あら、いきなり結構登るんですね。まだ少ししか進んでないけど、この登山道かなり好きかも。それにしても、しっかり整備されているなぁ。駐車場も無料だし、入山料もないし、なんだか申し訳ないですね。どこでお金を落とせばいいのかしら。

 

おっきな岩だなぁ。

岩の下に小枝がいっぱい並べてあるのはどういう意味なんだろう。

 

おや、なんか狭い通路が現れたぞ。

くぐってみると、、、ってなんじゃこりゃあ!

ピサの斜塔どころじゃない傾き加減。

おばれ岩っていうのか。

後で調べたらおばれとは、方言でおんぶの意味だそうな。

なるほど、確かにおんぶしているように見えなくもない。

 

この日見た花の名前を、僕はまだ知らない。

 

おっともう5合目か。

結構あっという間だったな。

山の上に見えるのがロープウェイの乗り場だろうか。

それにしても疲れた頃に現れる絶景スポットが非常に良いアクセント。

こんな景色眺めていたら疲れも吹き飛ぶよなぁ。

 

でたぁー!

天然の芸術、奇跡の均衡。

この地蔵岩は登山道を己の足で登ってきた人にしか拝めないご褒美なのだとか。

あざっす。

 

これは帰りに撮ったものなんですが、往路では風が凄まじくて撮影どころじゃなかったんですよね。

飛ばされそうなキャップと首に巻いていたタオルをザックにしまって下っていきました。金華山で言うところの馬の背コースのアレの難易度をさらに上げた感じといいましょうか。皆さんワーキャー言って楽しんでみえました。

ここが中登山道最大のアトラクションと呼んで差し支えないかと。

 

他にもあれ?行き止まりじゃん、と思わせるようなトラップがあったりと中登山道の表情は非常にバラエティー豊か。

山頂までまったく飽きずに山登りが楽しめます。

約2時間ほどかけて登りきることができました。

 

とりあえず山頂まで向かい、一通り景色を堪能。

空腹感はあまりなかったけど、ベンチに腰掛けておにぎりを一つ。

時折強く風が吹くことはあるものの、終始良いお天気。

前回の伊吹山ではまったく山頂感がなかったので、感慨もひとしお。

下山では一気に人が増えて多くの方々とすれ違いました。

律義にマスクを着用されている方も数名いらっしゃいましたね。

登山しながらマスクってめっちゃ苦しいんだよな。ご苦労様です。

 

今回、印象に残った会話。

60オーバーと思われる男女ペアのパーティー(ご夫婦ではなさそう)。

男性「登山者は膝の悪い人が多いよ。自分も山で痛めて半年も登れなかった」

女性「半年だけ!?」

 

そうなのか、山歩きって膝に悪いのか!?

なんか健康に良さそうじゃんと思ってはじめたのにショックだな。でも膝の関節なんて鍛えようもないし、傷めないコツでもあるのだろうか。これはちょっと今後の課題としておこう。

あとせっかく地図を買ってみたものの、見方がよくわからないのも大問題だよな。山アプリを活用したり動画で勉強するなりして、この問題にも向き合っていかねばなるまい。

あるいは手っ取り早く講習のようなものに参加してみようかしら。

 

こちらの記事もオススメ
【登山トレーニング#19】馬の背~百曲を往く
新緑の岐阜公園 自宅待機の間にすっかり花も散り、一面濃い緑に染まった公園の景色。 パラパラとジョギングや散歩を楽しむ人の姿も目立つようになってきました。 ところで、金華山でハイキングする方々のマ...
待ってろ百名山!登山ビギナーが春の伊吹山にソロで挑む!【前編】
初の日本百名山 ここ数年の趣味らしい趣味と言えば食っちゃ寝に特化したキャンプという名の自堕落なひとり呑み。週末ごとに心と腹は満たされるものの、それらと引き換えに遠ざかっていく健康体。 このままではキャンプそのものが楽しめなくなる、そ...
【登山トレーニング#14】岐阜県池田山「大津谷登山道」を行く
池田山ふたたび 約一週間ほど前に登った岐阜県池田山に再びやって来ました。 標高329mの金華山が身の丈に合っていると自覚するわたしからすると、標高924mの池田山は最初の試練だったのです。 何度か休憩を挟みながら登りきったあの...
【登山トレーニング#13】百々ヶ峰を松尾池ルートから登る
百々ヶ峰に再挑戦 長良川を挟んで向かい合う金華山と百々ヶ峰。 どちらも標高はたいしたことありませんが、むしろ日々のトレーニングにはちょうど良い感じ。 百々ヶ峰の南に位置する松尾池はバードウォッチングの名所としても人気が...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
御在所岳 登山
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET