新型コロナ騒動が及ぼすアウトドア業界へのインパクトについて考える

コラム
スポンサーリンク

どうなる?2020年上半期のアウトドア業界

ウイルスよりも壊滅的な経済事情によるダメージが深刻さを増す昨今、第二次キャンプブームとまで呼ばれるアウトドア業界には一体どんな未来が待ち構えているのでしょうか?

そこで、今後の展望を大胆に予測してみることとしましょう。

キャンプ場

感染リスクの低いレジャーとして騒動の渦中からニーズが高まっていることもあり、例年通り、いやそれ以上に混雑するのではないでしょうか。

新型コロナ背景、キャンプ場に行く人なぜ増えた
新型コロナウイルスの感染拡大でレジャー施設の休業が相次ぐ中、関西のキャンプ場が活況だ。利用者間の距離が保てるうえ、風通しが良いことが安心材料となり、土日を中心に予約が急増している。キャンプ場にパソコ

なんだったら公営キャンプ場の一部ではリスク管理の観点から一時的に閉鎖されているとの情報もあり、その混雑ぶりは加速していくかも?

鬱屈した春のストレスがGW、夏休みにスパークして空前のキャンプフィーバー!なんて事態も予想しておきます。

このあたりは東京五輪の中止あるいは延期なんかも大きく影響しそうですね。

 

アウトドアメーカー

3月ともなれば例年もう少し各メーカーから新作情報が発表されそうなものですが、どこも大人しい状況が続いています。

多くのメーカーが製造の拠点を中国やベトナムなどのアジア諸国としていることもあり、ウイルス騒動の影響で製造・物流の遅延が発生してると考えて間違いないところでしょう。

手数の多さで知られるDODやテンマクデザインが新たな情報を一カ月近く公開していないことからも、それは自明と考えていいのではないでしょうか。

これから本格的な行楽シーズンを迎えるというのに、本来売れるはずの商品が手元にない、むろん出荷もできない。

また予定されていた販促やお披露目イベントなども続々と中止に追い込まれている。

このままでは体力のないメーカーから徐々に息切れしてしまうことが懸念されます。

 

まとめ

キャンプ場が元気でも道具がなければキャンプは難しい。

道具があってもキャンプ場がなければ国内でのキャンプは実質無理。

言うまでもなく、キャンプ場とアウトドアメーカーは両輪揃ってこその存在。

 

2019年は大型台風の影響で多くのキャンプ場が壊滅させられる事態となったのは記憶に新しいところ。その復旧もまだ道半ばではありますが、今回はアウトドアメーカーが苦境に立たされるのではないかと個人的に心配をしております。

 

いちエンドユーザーとして出来ることは微力ながら、なにか応援できることはないか模索していきたいと思います。

本当に苦しい中小のメーカーさん、今ならクラウドファンディングなどを活用する方法もありますよ!

 

こちらの記事もオススメ
キャンプとダイエットの両立について考える
キャンプこわい これは「饅頭こわい」的なことではなく、キャンプと体重増加の因果関係から長年目を背け続けてきた実感を率直に述べたもの。 あまりネガティブなことを言いたくはありませんが、わたしの場合キャンプという非日常をエンジョ...
代替チェアはこれ!フジロックでヘリノックス型チェア禁止への対策
フジロックが激おこ! フジロック公式から衝撃的なニュースが飛び込んできたのは2020年1月31日。 なかでも注目されたのがヘリノックスを代表するいわゆる組み立て式X型チェアを会場内へ持ち込む行為が禁止される、というも...
最近見なくなったノース―グルに一体なにがあったのか?
あのメーカーは今 あくまでわたし個人の印象ですが、ノースイーグルの勢いは2015年頃がピークだったような、、、 なかでもワンポールテントとツーリングテントに定評があり、ビギナーも手を伸ばしやすい格安テントとして人気を博していました。...
サウナテントビジネスの可能性を具体的に考える
サウナに夢中 存在だけは知りつつも初めてサウナテントの実物を拝見したのは2019年に愛知県蒲郡市で開催されたフェス「森道市場」の会場でした。 約10張ほどの黒いテントが立ち並ぶ光景は壮観で、利用こそしなかったものの、ものスゴ...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
コラム
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET