東海エリアのブッシュクラフターに朗報!森林レンタルサービスforenta爆誕!

アウトドアニュース
スポンサーリンク

ソロキャンプ文化もようやく市民権を得はじめた昨今、いよいよこんなサービスが登場しました。それはほぼの手つかずの原野を、ある程度の自由さで年間利用できる、というもの。

つまり森の一部を丸ごとレンタルできるというわけです。

その名もforenta

サービスを提供するのは岐阜県加茂郡東白川村を拠点に林業を営む株式会社山共

利用できるキャンプ地は同社が所有する山林の一部となっています。

 

公式サイトの参考画像を拝見するかぎり、マジで手つかずのワイルドサイトであることが分かります。ですからキャンプの前にすることは、まず草刈りや地ならし。マイノリティかもしれませんが、こうした作業にワクワクが止まらない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さすがにそこまではちょっと、、、という方も有料(2万円)で代行いただけるようですよ。

 

  • キャンプブームの盛り上がりは歓迎するものの、週末の予約争奪戦には正直うんざり、、、
  • かと言って山林を購入するのはリスクが多くためらわれる、、、
  • でもプライベートキャンプ場の夢は諦めきれない、、、

なんて方にはうってつけかと。

利用料

気になる利用料は年間契約でなんとたったの6万円

月一程度しか利用できないとしても、月額5,000円ですから十分お小遣いの範囲で楽しめるのではないでしょうか。開拓初期こそ手間はかかるでしょうが、ブッシュクラフトした作品をそのまま常設しておくなんてことも許されるわけです。

まさに海外ユーチューバーみたいなことが現実に!

個人的には小川の流れているサイトなんかあったらテンションあがりますかね。

アクセス

名古屋の中心部から岐阜県東白川村までは距離にして約80km。

車で約2時間程度のドライブですから十分許容範囲かと。

申し込み方法

今回は第一期として9区画のサイトが公募されており、今後も段階的にサイトは増やされていく模様です。

駐車スペースや仮設トイレ、水場といった最低限のインフラは整備されるようなので、公園然としたキャンプ場にときめかなくなったガチ勢は今がチャンス!

申し込みは先着順ではなく、抽選なので慌てなくとも大丈夫ですよ。

現地見学会も予定されているみたいで、「やっぱりやめます」もOKなのだとか。

是非とも成功させていただきたい楽しみなサービスが誕生しましたね!

詳しくは公式サイトをご確認ください。

 

ちょっとCMです。

アウトドアの新しい遊びテントサウナお貸しします

画像のタープなどは含みません。

 

その醍醐味はなんと言っても大自然という名の水風呂。

 

川や湖、あるいは積雪があればそこに飛び込んだっていいでしょう。

その日、その場所でしか体験できない感動はやみつき間違いなしです!

 

熱源は薪ストーブなのでもちろん電源不要。

薪さえあればどこでもサウナが楽しめます。

簡易テントだからと侮るなかれ、ひとたびロウリュすればその体感温度はいつものサウナ以上。

購入に踏み切るにはちょっとハードルの高いテントサウナですが、レンタルならとっても手軽におおよそ10分の1以下の価格で楽しめます。

是非、一度お試しください!

レンタルセット内容

  • テントサウナ(モビバ製のロウリュできるタイプです)
  • 専用薪ストーブ
  • サウナストーン
  • ロウリュ用のひしゃくとバケツ
  • 簡易ベンチ(二人掛け)
  • ペグ、ハンマー
  • 火消し壺
  • 着火剤、ライター

ご自身でご用意いただく必要のあるもの

ご用意いただくと快適に過ごせるもの

  • ととのいチェア

注意事項

  • レンタル品は直接の受け渡しとさせていただきます。
  • 受け渡し・返却場所は愛知県一宮市内(詳細はご予約時にお伝えします)
  • 料金は原則一泊二日で15,000円(それ以外は応相談)
  • お支払いは現金払い、銀行振込み、あるいはpaypay・LINEpayのいずれかによる送金からお選びください。

連絡方法

ご連絡はこちら、もしくはTwitterInstagramのDMから

件名を「テントサウナのレンタル」としていただき、

ご利用したい日程をご連絡ください。

追ってこちらから返信させていただきます。

テントサウナの設営方法

【レビュー】ロウリュできるMobiba(モビバ)のテントサウナMB10Aを買ってみた
噂のテントサウナを購入! 手元に届いたのが2020年2月下旬。ところが言うまでもなく、その頃から世間は、いや世界中がコロナ狂想曲による自粛ムードまっしぐら。ウイルス同様、目に見えない同調圧力によってなんだか気分が滅入ってしまい、ちょっとテ...

テントサウナを使ったキャンプの様子

【2020ソロキャンプレポート】5月のひるがの高原キャンプ場
わが愛しのキャンプ場 緊急事態宣言が解除されたら真っ先に駆けつけたいと思っていたキャンプ場、それが今回お邪魔したひるがの高原キャンプ場です。 トイレやシャワーといった最低限の設備のみが近代化されており、サイト自体は必要以上に手を加え...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.nero

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET