【YOKA TIPI】組み立て式アウトドアファニチャーのYOKAが攻めたテントを販売開始!

アウトドアニュース
スポンサーリンク

YOKA TIPI

まるでおもちゃのような組み立て式木製ファニチャーを中心に手掛けるアウトドアブランドのYOKA

わたしも三本脚のソロテーブルを愛用していますが、シンプル構造ゆえに壊れにくく、雰囲気も大変良いので気に入っています。

そんなYOKAから新登場したのは意外にもテントでした。

それもソロサイズのワンポールテント、その名は「YOKA TIPI

出典:YOKA

 

特筆すべきは国内メーカーとして珍しい煙突ポート付きであるということ。

これはわたしの知る限り快速旅団の扱うオリジナルテント以来かと。しかも快速旅団の煙突ポートは後付けオプションであるのに対し、YOKA TIPIはデフォルトで備わっているのです。これが非常に画期的。

出典:YOKA

というのも、言うまでもなくこの「煙突ポート」はテント内での薪ストーブ使用を見込んだ機能。しかしながら、多くの薪ストーブ製造メーカーはテント・シェルター内での使用を禁じているというのが現状です。

よってここに大きな矛盾が生じてしまう。

とは言え、多くのユーザーがそれぞれ工夫を凝らし、テント内で薪ストーブを楽しんでいるのも万人の知るところなわけで。だったら一肌脱ごうじゃないか、と思ったのかどうかは分かりませんが、これぞ大手には真似のできない大英断と言っていいでしょう。

大きな企業になればなるほど、こうした面倒なリスクは避けたがるものですからね。

 

商品紹介ページにこれでもかというボリュームの注意事項が記されていることからも、その心労がうかがえます。

要約すると

「いいかお前ら、これは薪ストーブの幕内利用を推奨するものではないからな。でも、もし、仮に、IF、使うのであればこの煙突ポートを活用してくれたまえ。ただし、くれぐれも安全には注意してくれよな。で、なんかあっても自己責任だからな、頼むぞ。」

みたいなことですね。

 

その他の特徴である夜間の視認性をアップさせるリフレクターの存在感や、保温性を上げ雨風の吹込みを軽減してくれるスカートが付いている点にもご注目。

出典:YOKA

軍幕を想起させるカラーリング「ダークカーキ」の無骨さとポップな仕上がりのリフレクター(反射材)の共存をどう解釈するか、このあたりが好みの別れるところでしょうか。

現在予約受付中で、発送は2020年3月以降を予定

市場がこの意欲作をどのように評価するのか、今後の動向が非常に気になるアイテムとなりました。

 

こちらの記事もオススメ
【レビュー】YOKAの新作トライポッドテーブル・ソロを使ってみた
YOKAというガレージブランドはご存知でしょうか。 2015年に立ち上がったこちらのブランドは組み立て式の木製ファニチャーを中心にオリジナルの焚き火台や鉄板、可愛らしい雑貨などを販売されています。 そんな私もつい最近までは不勉強...
ガレージブランドYOKAがAmazonでの販売を開始
組み立て式の木製ファニチャーが人気のガレージブランドYOKAがAmazoでの販売を試験的に開始しました。 2019年2月現在、取り扱っているのはCOOKING FIRE PITという焚き火台のみ。 画像出典:YOKA ...
ガレージブランドYOKAのソロテーブルが気になるので調べてみた!
YOKAとは? 公式サイトによれば立ち上げが2015年らしいのですが、ごめんなさい不勉強ながらこれまで存じませんでした。ところが数日前に知ったこちらのソロテーブルがずっと気になっており、どうやら2019年2月1日に発売されるとのこと。 ...
【2019年3月】ソロキャンプレポート@アウトドアベース犬山
キャンプに行きたいものの、公園チックな広場じゃなくてやはり林間がいいな、と思ったり。 ただ、冬季も営業しているキャンプ場は数少ない上に林間というシチュエーションにこだわるとさらに選択肢が狭まります。そんな中でここアウトドアベース犬山は...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET