薪ストーブに初火入れ&煙突カバー装着時の表面温度をチェック

コラム
スポンサーリンク

本格導入前の下準備

わたしにとって未知なる道具「薪ストーブ

未使用状態の薪ストーブ本体には防錆材がコーティングされているらしいので、まずは実戦投入前の慣らし運転をしてみることに。

薪と着火剤を入れて、いよいよ初火入れ!

う~ん、なんだか新鮮です。

火を入れるとあっという間に本体が変色してきました。

ちなみにわたしが購入した薪ストーブの材質は鉄製

ステンレス製と迷いましたが、耐久性に劣るというデメリットはあるものの、より効率の良い発熱性を求めての判断です。

 

本体からもうもうと立ち上がる煙。

1時間もすると本体はすっかり様変わりしてしまいました。

 

本体の表面温度をチェックしてみると250℃前後を示しています。

いわゆる適正温度というのがこのくらいのようですね。

近づいてみると寒空の下でもポカポカしてきます。

 

今度は根本寄りの煙突の表面温度をチェック。

意外にも80℃を少し下回る程度の温度でした。

 

煙突カバーはどうでしょうか。

温度計はピクリとも反応しません。

恐る恐る素手を近づけてみると、、、

いけますね、触れました。

これならテントの生地が触れても大丈夫でしょう。

 

カバーのずれ落ち防止に二つ割りを取り付けてみました。

 

細めの針葉樹を4本ほど投入した試運転の結果。

まあ、こんなものですかね。

 

おっかなびっくりで稼働させてみた、はじめての薪ストーブ。こんなシンプルな道具なのに驚くべき暖かさに改めて感動しました。自分の中で懸念事項だった煙突カバーも無事機能することが確認できましたので、いよいよ次はキャンプに持ち出してみようと画策しています。

 

使い込むうちに風格も備わってくるでしょうし、これはなかなか育て甲斐のある道具ですね。

雪中キャンプなんかもさらに楽しみ!

 

とは言え、非常に利用者のリテラシーが要求される道具なので、あくまで慎重さ、臆病さは失わないよう肝に銘じたいと思います。ましてやメーカーが禁じているテント内利用を目的としているわけですからね。

 

購入した薪ストーブ一式はこちら

 

こちらの記事もオススメ
薪ストーブの煙突に「焼きつき防止耐熱潤滑剤」の使用はNGってマジ!?
テンマクデザインからの注意喚起 何気なく新作紹介のページを眺めていると珍しく注意書きを発見しました。なんでも「焼きつき防止耐熱潤滑剤」の使用はNGだというのです。 簡単に噛み砕いて説明しましょうか。 薪ストーブを使い終...
ホンマ製作所の薪ストーブをついにポチッた!でもいまさら恐ろしくなった話
ついに買ってしまった! 厳冬期に向けた薪ストーブの導入に向けて構想を練ること約半月。 具体的な使用時のイメージを膨らませ、自分に合った薪ストーブを比較検討していたのでした。 最終的にホンマ製作所の薪ストーブを選...
【薪ストーブ購入への道】候補をしぼり特徴を理解する
奥深い薪ストーブの世界 アウトドア用薪ストーブの購入に向けて自分なりに調べているのですが、これがなかなか難しい。 どれにも一長一短あり、「完全無欠の薪ストーブ」というものは存在しません。 これはテントに置き換えると腑に落ちるん...
薪ストーブの購入に向けてリサーチしてみた
薪ストーブって実際どうなの? 厳冬期キャンプにおける最強暖房ギアとして名高い薪ストーブ。 無論、その存在は知りつつもずぼらな性格上メンテナンスや設置撤収の手間、ランニングコストの面などから、これまで導入には二の足を踏んできました。し...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
コラム
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET