薪ストーブの煙突に「焼きつき防止耐熱潤滑剤」の使用はNGってマジ!?

コラム
スポンサーリンク

テンマクデザインからの注意喚起

何気なく新作紹介のページを眺めていると珍しく注意書きを発見しました。なんでも焼きつき防止耐熱潤滑剤」の使用はNGだというのです。

 

簡単に噛み砕いて説明しましょうか。

薪ストーブを使い終わった後、煙突を分解する際に焼きついてしまって外れにくい時がありますよ、と。

なので使う前に結合部部にあらかじめ「耐熱潤滑剤」を塗り込んでおくと外れやすくなって便利、というのがあたかもライフハックみたいな情報として出回り、実際に利用者からの評判も上々です、と。

しかーし、それって実は危険な行為で煙突内にタールが溜まりやすくなり、ひいてはそれが原因で発火する可能性もあるよ、というのがNGの理由なのだとか。

だから煙突が外れにくい場合は、冷えたのを確認してから、「スプレー式の防錆潤滑剤」の使用を推奨します、ということらしいです。

 

あっぶねー。

購入する一歩手前でしたわ、自分。

耐熱潤滑剤」自体の問題というより使い方の問題でしょうから、あえて固有名詞は出しませんが、薪ストーブの販売業者がこう言うのだから従っておきましょう。

そのくせテントで使う準備を着々と進めているというダブルスタンダードな態度は重々承知しています。申し訳ございません。

 

でもサウナテントってあるじゃないですか。

あれがOKなのは海外製だからってことなんですかね?

この先、日本製のサウナテントなんて望むべくもないのでしょうか。

例えば昨今のキャンプブームに比例して冬季の一酸化炭素中毒事故や火災なんかが増加したら、「テント内での火器使用」が法律で禁じられることもあったりする!?

 

と、話が脱線したので戻しますが、推奨されている「スプレー式の防錆潤滑剤」というものを調べてみました。ただし、どれも「薪ストーブの煙突外しに最適!」みたいなことはうたっていないので、ご利用はご自身の判断でお願いいたします。

 

こちらの記事もオススメ
薪ストーブの購入に向けてリサーチしてみた
薪ストーブって実際どうなの? 厳冬期キャンプにおける最強暖房ギアとして名高い薪ストーブ。 無論、その存在は知りつつもずぼらな性格上メンテナンスや設置撤収の手間、ランニングコストの面などから、これまで導入には二の足を踏んできました。し...
【薪ストーブ購入への道】候補をしぼり特徴を理解する
奥深い薪ストーブの世界 アウトドア用薪ストーブの購入に向けて自分なりに調べているのですが、これがなかなか難しい。 どれにも一長一短あり、「完全無欠の薪ストーブ」というものは存在しません。 これはテントに置き換えると腑に落ちるん...
ホンマ製作所の薪ストーブをついにポチッた!でもいまさら恐ろしくなった話
ついに買ってしまった! 厳冬期に向けた薪ストーブの導入に向けて構想を練ること約半月。 具体的な使用時のイメージを膨らませ、自分に合った薪ストーブを比較検討していたのでした。 最終的にホンマ製作所の薪ストーブを選...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
コラム
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET