薪ストーブの購入に向けてリサーチしてみた

コラム
スポンサーリンク

薪ストーブって実際どうなの?

厳冬期キャンプにおける最強暖房ギアとして名高い薪ストーブ。

無論、その存在は知りつつもずぼらな性格上メンテナンスや設置撤収の手間、ランニングコストの面などから、これまで導入には二の足を踏んできました。しかしながら、今年こそはついに手を出してみようかと画策しているのです。

そこでわたしのスタイルに合った薪ストーブは一体なんなのか、まずは一旦整理してみることに。

 

ざっくりとした条件を並べると

  1. ガラス窓は欲しい(やっぱり炎のゆらめきは見たい!)
  2. 市販の薪をそのまま投入できるサイズ感(よってミニサイズはNG)
  3. 使用環境はテンマクデザインのサーカスTCあるいはニーモのヘキサライト内を想定

といったところ。

気になった薪ストーブたち

さて、それでは気になるストーブをいくつかチェックしてみましょう。

まずはぱっと見の印象が一番好みだったのがノルウェー生まれのGstove

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

こちらはサイズがノーマルとXLの2種類あり、どうせならXLがいいかなと。

というのも希望条件で述べたように燃料となる薪のサイズにナーバスにならなくていいのと、単純に発熱量が高いから。

ただし、いかんせん価格が高いのがネック。

仮にXLを購入するとして、煙突ガードなどのオプションも含めると軽く7万オーバーは覚悟しなければなりません。

 

次にそのGstoveを製作している工場が立ち上げた独自ブランドというWinner well。そんな不義理なことしていいの?という気もしますが、とりあえずその件は横に置いておき。

Gstoveの気になるポイントを改良したほとんど姉妹のような関係性と考えたらいいでしょうか。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

やや角ばった造形ながら、ほぼGstoveを踏襲しています。

価格もさほど大きくは変わりませんね。

 

で、さらにそのWinner wellとコラボしたのがテンマクデザインの名を冠したウッドストーブ。大小2サイズ展開やセット販売の手法なども含めてほぼそっくり。

さらにはソロ用のSサイズまで。

View this post on Instagram

【新商品情報】 ついに登場!ソロキャンプを極めたコンパクトな『ウッドストーブS』 軽量コンパクトで場所をとりません。 耐久性抜群のステンレス304使用で耐久性も抜群です。 M,L同様丸蓋を外せば直火料理が可能。 薪は約30センチまで入ります。 ■ウッドストーブS 29,800円+税  11月中旬販売予定 ■ウッドストーブS スペシャルパッケージ 39,800円+税 12月中旬発売予定 ※サイズ比較の写真は左がMサイズ 右がSサイズです ※ウォータータンクは専用設計ケトルとなります。蛇口はつきません。 ※Sサイズのサイドヴューモデルは設計上装着が不可なため販売予定はございません。 #テンマクデザイン

A post shared by テンマクデザイン (@tentmark2011) on

これが2018年のグッドデザイン賞を受賞してしまったのだからGstove社の心中やいかに。

View this post on Instagram

【2019グットデザイン賞受賞】 おかげさまで「ウッドストーブ」がグットデザイン賞を受賞いたしました。 ありがとうございます。 ■審査員の評価 ニーズに応える適切な製品企画と豊かなアウトドアシーンを想起させるデザインが高く評価された。細部まで丁寧に使い勝手が設計されており、また経年変化が楽しめる素材選定と外観形状も素晴らしい。ユーザーの使用状況を深く観察した痕跡が製品に表れている。 いよいよ薪ストーブシーズンが始まりますが、今年も秋冬に多数新商品を発売しお客様のアウトドアライフを応援いたします。 今後もテンマクデザインをよろしくお願い申し上げます。 #テンマクデザイン#グッドデザイン賞受賞 #グッドデザイン

A post shared by テンマクデザイン (@tentmark2011) on

ここまではGstove3姉妹といっても過言ではありませんね。

2019年はさらにガラス窓が追加されたバージョンも登場しました。

めっちゃ炎が見える!テンマクデザインから「ウッドストーブ サイドビュー」が新登場!
ウッドストーブ サイドビュー 2019年度のグッドデザイン賞を受賞したテンマクデザインのウッドストーブ。 その進化版ともいえる「ウッドストーブ サイドビュー」が今秋登場します。 目立った特徴はネーミング通りサイドのガラ...

 

そして国内メーカーの老舗ホンマ製作所によるアウトドア特化型薪ストーブ「ステンレス ストーブコンロセット

こちらは三面ガラス窓に最大450mmとなる無段階調整可能な脚付き。

なんだかじっと見ていると四本脚の鈍重な生き物のよう。

画像出典:ホンマ製作所

Gstoveのようなスタイリッシュさは感じられないものの、なんだかとってもキュート。気になる価格はGstove勢の半分くらいなのも重要なポイント。

ネットショップを見回っていても在庫切れが少なく、ホームセンターなんかでも煙突の扱いがあるので助かります。

 

最後は同じく国内メーカーの新保製作所から「FIRE SIDEキャンプセット

こちらも三面ガラス窓が売り。

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

脚はホンマ製のように長くはありませんが、オプションによって延長が可能。

黒いボディが落ち着いた印象を与えてくれます。

画像出典:新保製作所

ホンマ製にも黒バージョンが存在しますが、ツートンカラーなのが個人的にはイマイチ。

受注生産なので在庫切れの不安がないのもいいですね。

諸々のオプションを含めると4万オーバーは覚悟したほうがよさそうですが、まあ妥当なところではないでしょうか。

 

他にも各メーカーから様々なタイプの薪ストーブが発売されていますが、わたしが調べた限りではこのあたりが有力な候補。

というわけでさらに熟考に熟考を重ねて検討したいと思います。

こうした自分にとって未知の道具を選ぶのって、テントをはじめて購入した時のドキドキに似ているかも。

なにが正解なのか分からないんですよね。

まあこれも楽しい行程のひとつということで。

 

その他のおすすめ記事はこちら
めっちゃ炎が見える!テンマクデザインから「ウッドストーブ サイドビュー」が新登場!
ウッドストーブ サイドビュー 2019年度のグッドデザイン賞を受賞したテンマクデザインのウッドストーブ。 その進化版ともいえる「ウッドストーブ サイドビュー」が今秋登場します。 目立った特徴はネーミング通りサイドのガラ...
2019は限定モデル!スノーピークのレインボーストーブが今年も出るぞ!
スノーピーク レインボーストーブ 2019 EDITION 今年もそろそろ各社からストーブの新作が発売される時期となってきました。 スノーピークからも恒例となったレインボーストーブが登場します。 しかも2019限定モデル。 ...
センゴクアラジンの新作は炙り焼き特化型カセットガスストーブ「ヒバリン」
ヒバリン センゴクアラジン名義による新作プロダクトの詳細がいよいよ発表されました。 それが日本古来の暖房器具である火鉢と調理器具の七輪から着想を得たという、その名も「ヒバリン」 ポテっとしたキュートなデザインが目を引き...
非おしゃれポリタンクの救世主!瑞穂化成工業から新色モスグリーンが登場!
ポリタンク野暮ったい問題 何故ホームセンターで販売されているポリタンク、灯油缶は生活感丸出しの赤やブルーばかりなのか。このどうしようもない問題に直面し、途方に暮れていた方もきっと多いのではないでしょうか。 以前も同様の問題に...
完売必至!トヨトミの2019モデルGEAR MISSION(ギアミッション)シリーズがアツい!
GEAR MISSION(ギアミッション)シリーズ 名古屋市瑞穂区に本拠を構える石油ストーブ製造の老舗TOYOTOMI(トヨトミ)。 キャンプファンからはスノーピークへのOEM供給元としても広く知られています。 そんなトヨトミ...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.nero

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
コラム キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET