遂に情報解禁!A&Fが手掛ける新興ブランド「SABBATICAL(サバティカル)」の全貌に迫る!

アウトドアニュース
スポンサーリンク

SABBATICAL(サバティカル)

世界の錚々たるブランドを取り扱う業界の先駆者であるA&Fが満を持して立ち上げた独自ブランド、それが今回取り上げる「SABBATICAL(サバティカル)

WikipediaによればSABBATICALとは職務を離れた長期休暇のこと。

あるいは充電期間などの意味合いも含むようで、これは単純に余暇としてのキャンプ・アウトドアの先を目指すA&Fの意志表明だと考えられないでしょうか。

この投稿をInstagramで見る

A&FCOUNTRY 昭島アウトドアヴィレッジ店さん(@aandfcountry_akishima)がシェアした投稿

そして遂に公開された情報によれば、第一弾となるラインナップはアウトドアライフの拠点となるシェルターが2種類と大小のタープの計4点

創業から40年以上の歴史を持つA&Fだからこそ成し得た、ため息の出るようなその造形とアイデア、そして驚きの価格に迫りたいと思います

MORNING GLORY TC(モーニンググローリー TC)

画像出典:SABBATICAL

ぱっと見の印象で「あっ、なんだ。よくあるベルテントのTCバージョンか」と思ってしまった過去の自分を張り倒してやりたい気分。

サイドから見るとその独特な形状がよりお分かりいただけるでしょうか。

なんだかベルテントとワンポールテントをニコイチにしたようなそのカタチ。前面のワイドな開口部が一般的なベルテントとは明らかに別物であることを物語っています。

しかもメッシュパネル構造となっているので開放感を得ながら虫の侵入もシャットアウト。

大きな特徴のひとつがこのハンガーテープ。

この仕様はすべてのモデルに共通しているのも嬉しい配慮。

 

工夫が見られるのは前面だけでなく背面にも。

バックパネル、サイドパネルをそれぞれ別に開くことができるので、風の通り道などを考慮して様々なアレンジを楽しむことができます。

別売りのインナーを吊るすとデュオキャンプにちょうど良いサイズ感。

素材はお馴染みのTC(コットン、ポリエステルの混紡素材)なので結露や火の粉に比較的強く、夏場でも濃い影を期待できます。

さらに驚くべきはその価格、なんと税別39,800円

これはテント業界の勢力図が一気に書き換えられる予感がします。

尚、カラーは2種類(ライトベージュ、フォレストグリーン)ですが、フォレストグリーンはブランドローンチ記念の数量限定カラーなので欲しい方はお早めに

SKYPILOT TC(スカイパイロット TC)

サバティカルが自らフラッグシップモデルと位置付けるのがこちら「SKYPILOT TC(スカイパイロット TC

近年この大型シェルターの分野も盛り上がりを見せており、基本的な構造はMSRパビリオンを代表するツインポールが主流でした。

ところが2019年、コンパクトチェアでお馴染みのヘリノックスから登場した大型シェルターで採用された十字型のポールによって課題であったスペースの有効活用が実現したのです。

そうした文脈を踏まえた上かは不明ですが、サバティカルが提案する次世代型シェルターもコンパクト設計ながら広い内部空間を確保するという矛盾した難題をクリアしたもの。

 

まずはそのシンメトリーな造形の美しさに目を奪われます。

またこの手のシェルターには珍しくメッシュパネルを備えているのも大きな特徴。

もちろん全モデル共通のハンガーテープも。

そして特筆すべきはスカート付きであるということ

ツインポール構造の大型シェルターでスカート付き、というのはわたしの知る限りogawaのツインピルツくらいしかありません。

あるいはスノーピークのランドステーションproもありますが、現在は入手困難となっています。

中華製のパビリオン風シェルターはちょっとここでは置いておきましょう。

ですので冬季キャンプの相棒として考えた場合、結露の少ないTC素材であることも含めて最右翼に躍り出たといっても過言ではないと思うのです。

正確にはSKYPILOT TCはツインポールではないので単純な比較はフェアではありませんが、有力な候補と考えて間違いないでしょう

何故なら価格が驚きの税別76,800円なのですから。

カラーはMORNING GLORY TC同様2種類(ライトベージュ、フォレストグリーン)。こちらもフォレストグリーンはブランドローンチ記念の数量限定カラーなので欲しい方はお早めに

MARIPOSA M TC(マリポサ M TC)/MARIPOSA L TC(マリポサ L TC)

ベーシックなスクエアタープながらこちらも同ブランドの強いこだわりが随所に伺えます。それがこの縫製と張り方

一般的なタープではあまり見ない箇所に縫製の跡があります。

これが強度の向上と誰でも美しく張ることができる秘訣なのだとか。

四隅を落とし込む張り方を推奨しているのも影の集まり方や雨の逃がし方などを計算してのこと。

Mサイズは最大4名が目安、Lは最大6名が目安となっています。

価格はMが税別27,500円Lが34,500円

カラーは2種類(ライトベージュ、フォレストグリーン)。フォレストグリーンはブランドローンチ記念の数量限定カラーなので欲しい方はお早めに

まとめ

この投稿をInstagramで見る

A&FCOUNTRY 昭島アウトドアヴィレッジ店さん(@aandfcountry_akishima)がシェアした投稿

超大型ルーキーの登場にユーザーは狂喜乱舞、同業者は戦々恐々といったところでしょうか。

実物を見ていないのでクオリティはともかく、この素材、このビジュアルでこの価格というのがなんとも良心的だと感じます。

なんと言っても愛着がわきそうな製品のネーミングセンスが良いじゃないですか。

発売時期は2019年9月中旬を予定していますが、それに先駆けて全国各地の「A&Fカントリー」にて展示会が開催されるので、ご興味ある方は参加されてはいかがでしょうか。日程の詳細等はこちらから

画像出典:SABBATICAL

プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET