滋賀のディープなキャンプ場「D’swood」の魅力を徹底紹介

関西のキャンプ場
スポンサーリンク

知る人ぞ知る穴場キャンプ場

琵琶湖の西側、JR湖西線「北小松駅」から坂道を車で5分、徒歩なら20分くらい登ったところにある小さな喫茶店「D’shut」その店の裏側に広がる山を開拓して野営地としたのが今回ご紹介する「D’swood」です。

いわゆるポピュラーなキャンプ場とは一線を画すディープでドープな世界観の一部をお届けしたいと思います。

 

場所

〒520-0501 滋賀県大津市北小松1760

比良げんき村の向かい側に位置します

 

予約方法

基本的には電話予約が必須

飛び込みでもサイトに空きがあれば受け入れいただけるでしょうが、なんせサイト数が10もないので、事前予約が望ましいと思われます。

予約は利用予定日の30日前から(GW等のフライング予約が多くて困っているそうです)ここはオーナーのご厚意でキャンセル料などのペナルティを設けていません。よって仮押さえの予約などは絶対に止めましょう

TEL:077-596-0919

11:00~18:00(金曜日定休)

 

受付からサイト選び

私のケースでは受付用ノートに必要事項を記入したのち、オーナーから場内と各サイトの特徴を丁寧に説明いただきました。テントとタープを張って広々使えるサイトはごく僅かですので、サイトに空きがあっても張れないケースがありそうです。

 

こうした事態を避けるためにも予約時に利用人数、張る予定のテント、タープサイズはきっちりと伝えましょう。

 

各サイトの特徴

森の中サイト

今回、私がチョイスしたサイト。パップテントサイズでもギリギリというかなり狭いサイトですが、雰囲気は最高。

近くには直火可能な炉が設けてあるのでここを利用してもいいでしょう。

車の横付けは出来ませんし、足元は大きな岩がゴロゴロしているのでキャリーカートなども使えません。

View this post on Instagram

おかんさん(@okan846)がシェアした投稿

 

丘の上サイト

キャンプファイヤーが出来そうな大きな炉とウッドデッキを備えたサイト。

View this post on Instagram

ルミッコさん(@koumemama72)がシェアした投稿

このサイトには車が横付け出来ます。

奥に続く山道の途上にあるので、ひょっとしたら人の往来があるのかもしれません。

 

木漏れ日サイト、陽だまりサイト、せせらぎサイト

木々に囲まれながらも広々とした空間が確保されています。

いずれも駐車スペースからはやや距離があり段差もあるので荷物の運搬は手運びとなります。あまり大掛かりな装備は控えたほうがいいでしょう。

View this post on Instagram

TaKeShiさん(@camp1zdrug)がシェアした投稿

View this post on Instagram

🍳Takahiro🍳さん(@takahiro.0214)がシェアした投稿

View this post on Instagram

Wajii-sanさん(@wajii_san)がシェアした投稿

 

隠しサイト

このほかにも常連さんだけが知る絶景隠しサイトがあるようです。

足繁く通ってオーナーさんからの信頼を得ましょう。

 

トイレ

場内にトイレはなんとありません

ですので用を足す際は向かい側の公衆トイレをお借りする必要があります。

この他人の褌で相撲感がむしろ潔いですね。トイレは物理法則を利用した垂直落下式ジャポネスク・スタイル。清潔感は保たれており、ニオイも気になりませんでした。多目的トイレは洋式ですが、鍵が壊れていましたね。

 

炊事場兼シャワー棟

炊事場は一般家庭のような雰囲気。お湯も出ます。

スナックよろしく、どなたかが置いていったお酒や食器が並んでいますが無断での持ち出しは厳禁。このあたりからどんな雰囲気がお察しいただけるのではないでしょうか。

ここにはシャワー室もあるのですが、利用しなかったので覗きませんでした。

 

料金

施設利用料

大人 ¥1,000
子供 ¥500
大人と子供の境界線はオーナーのさじ加減(つまり直接確認してください)

サイト利用料

持ち込みテント ¥1,000

チェックイン/チェックアウト

通常 繁忙期
チェックイン 10:00 10:00
チェックアウト 13:00 12:00

 

魂を揺さぶるアットホーム感

夕方6時頃だったでしょうか、そぼ降る雨の中、テント内でブルーノ・マーズを聴いてまどろんでいるとオーナーに呼ばれました。なんでも焚き火を囲んでこれから食事をするというのでお誘い頂いたのです。

 

お邪魔してみると屋根付き、ベンチ付きの囲炉裏スペースで焚き火が行われていました。通称「バス停」というのだとか。なるほど言われてみれば確かにバス停。

 

しばらくするとビールと前菜のカプレーゼが運ばれてきました。ついでマグロのカルパッチョにメインのおでん。しかも食事を提供されているのは聞けば常連のお客さん。料理が好きでご厚意でされているのだとか。この世知辛い世の中にこんなあたたかい瞬間があるとは思いませんでした。

View this post on Instagram

ryu_szkさん(@ryu_szk)がシェアした投稿

入れ替わり立ち代わりがありましたが、オーナー含め総勢5名ほどが一つの焚き火を囲むことに。〆に中華麺をご用意いただいていましたが、もうみんなお腹いっぱい。でも別腹でチーズケーキと紅茶をいただいてしまったり。(ダイエット中)ともかく見ず知らずの私にも分け隔てなく、大変親切にしていただいたのでした。

 

近くのスーパー

ちょっとした買い物程度なら「北小松駅」近くのセブンイレブンで間に合うでしょう。

 

161号線を12キロほど北上した先に平和堂バロー、また2019年春にはスーパープラントがオープンするようです。木之本IC方面からのルートはこちらを利用するといいでしょう。

 

関西方面からのルートでは平和堂和迩店が一番近く大きなスーパーでしょうか。

 

近くの入浴施設

比良とぴあが車で15分程度で最も近いと思われます。

 

まとめ

いずれのサイトも利益を度外視したような隣近所が気にならないレベルの間隔が設けてあるのでプライベート感たっぷり。芋洗い状態のキャンプや近隣トラブル・ストレスに辟易している方には最高のシチュエーションだと思います。

 

ただ車の横付け可能なオートサイトではありませんし、トイレが場内にない、といった通常のキャンプ場では考えられないデメリットもあります。そうした点を踏まえて自然の恩恵を享受出来る知識とスキルを身に着けてから利用させていただきましょう。

 

オーナーの本業は別にあり、商売っ気のない経営形態ですので利用者の質、モラル・マナーが低下すればいつ閉鎖されても不思議ではありません。この希少な野営地を守るためにもしっかりとルールを守って使わせていただきましょう。私は完全にリピート確定です。

 

ご予約はこちらから

TEL:077-596-0919

11:00~18:00(金曜日定休)

プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
関西のキャンプ場
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET