2020年最後の大型シェルターDODスパイダーベースはズバリ買いか否か?

アウトドアニュース
スポンサーリンク

言うまでもなく2020年は新型コロナの影響によって製造ラインや物流システムが混乱あるいは停滞し、どの分野でも販売計画に狂いが生じたであろうことは容易に想像できます。

そうした逆風が吹き荒れる中でも、各メーカーのたゆまぬ努力によってアイデアに満ちた新作ギアの数々が今年も我々を楽しませてくれました。

 

アイデアという意味では業界随一の自由さを誇るDODですが、2020年最後の大物が新登場しました。それがスパイダーベースと名付けられた大型シェルターです。

出典:DOD

偽悪的にコミカルなワードチョイスをするDODですが、これは久々に会心のネーミングと言っていいのではないでしょうか。

スパイダーとは言い得て妙。

出典:DOD

構造としては同社の「ロクロクベース」や「ソロソウル ウォウウォウ」のインナーポールを外側に配置したようなイメージ。なるほど、これによって内部空間の有効面積が広がり、快適性は格段にアップした印象です。

しかしながら、設営には相当なスペースを必要としますので、サイト選びには慎重さが求められることでしょう。

出典:DOD

加えてオープンタープのように四方を多くのガイロープに囲われていますから、夜間の出入りやシェルター周りでの行動にも注意を払わねばなりません。

つまり先述の「ロクロクベース」や「ソロソウル ウォウウォウ」とはトレードオフの関係にあるわけです。この点をどのように評価するのかが、購入時の決め手となりそう。

出典:DOD

個人的にはこの斬新なアイデアには敬意を表しつつも、税込み93,500円という販売価格がどうしても気になってしまいます。

これだけの予算が捻出できるなら、わたしだったらogawaのツインピルツやサバティカルのスカイパイロット、nemoヘキサライト、鎌倉天幕のHIDE OUTあたりを選択肢とするかも。

出典:DOD

あるいは内部空間の快適性にこだわるなら、従来型のフロアレスシェルター、すなわちコールマンのタフスクリーンタープやスノーピークのリビングシェルといったドーム構造が強度的にも優れているのではないでしょうか。

出典:DOD

などと外野から好き放題言っていますが、DODのこうした攻めの姿勢には喝采を送りたいのです。

いいぞDOD、来年ももっとやれ!

 

こちらの記事もオススメ
伝説再降臨!DODレンコンテント2でコロナ鬱をぶっ飛ばせ!!
テント内で焚き火という攻めに攻めたキャッチコピーに沸いた2018年末。これまでの日常が当たり前でなくなり、何もかもが停滞し姿かたちを変えざるを得なくなった2020年。 あれから約2年の歳月を経て、ついに伝説のテントが再び我々の...
TC素材になったDODショウネンテントは何がどう変わったのか?
希少なソロ用ロッジ型テント ソロサイズのロッジ型テント、このありそうでなかった発想をさらりと実現させるフットワークの軽さ、これこそがDODの真骨頂。なんの話かと言えば、まるで2ルームテントのような使い勝手と居住性が好評なショウネンテントの...
DOD待望の新作SOLO SOUL WOWWOWはどんなキャンプスタイルに適しているのか?
SOLO SOUL WOWWOW(ソロ ソウル ウォウウォウ) 新しい衛星放送の仲間、あるいは時にはムーブメントを起こすtonight的な何か、そうした90年代のノスタルジックな記憶をどこか刺激するネーミング。DODのこうした奇をてらった...
【最強クラスの巨大要塞】DODのロクロクベース2が公式サイトで販売中!
大型シェルターの代表格と言えばスノーピークならランドステーション、MSRパビリオン、あるいはロゴスのデカゴンあたりを含めてもいいでしょうか。 近年ではNEMOヘキサライトやサバティカルのスカイパイロット、ヘリノックスの...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.nero

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET