DODカマボコテント3の詳細が遂に発表!ブラッシュアップされた人気テントを早速チェック!

アウトドアニュース
スポンサーリンク

カマボコテント3

2016年当時、まだドッペルギャンガーというブランド名だった頃のDODが発売した初代カマボコテント。

出典:DOD

2ルーム構造、区画サイトにジャストフィットなサイズ感、リーズナブルな価格、ポップなデザインなどの要素が相まって一躍人気テントの仲間入りを果たしました。そしていよいよその最新バージョンとなるカマボコテント3が正式発表されたので、詳細をチェックして参りましょう。

 

サイズ展開

カマボコテント3にははじめからSMLという3種類のサイズが用意されています。

利用人数の目安としてはSが3名、Mが5名、Lが7名

具体的なサイズを表にしたものがこちら。

カマボコテント3(単位cm)

 SML
250300380
500640760
高さ185195218

Lサイズともなるとテントというより巨大シェルターと称したほうがしっくりきますね。

とは言えオートサイトにもギリおさまるサイズというのがポイントで、これならレイアウトに頭を悩ませる必要がありません。

出典:DOD

 

価格

次に気になる価格をお先にチェック。

手頃なお値段というのがカマボコテントの魅力のひとつであったわけですが、それが果たしてどうなったか。

 SML
価格¥53,900¥64,900¥75,900

Sと近いサイズ感のカマボコテントミニ、Mと近いカマボコテント2と比較すると、それぞれ1万円近く値上がりしています。

何故か?じっくりとその原因を探っていきましょう。

 

ポールの変更

大きな変更点のひとつがテントの心臓部とも言えるポールの存在。

なんとあのDAC社のポールが採用されているのです。

出典:DOD

DAC社のポールと言えばテント界のロールスロイスことヒルバーグも採用する世界最高峰の代物。

その強靭かつ軽量なポールの存在を一躍世に知らしめたのがみんな大好きヘリノックスのチェアというわけです

 

ここで公式の説明文を引用してみましょう。

カマボコテント3より、DAC社のPressfitポールを採用しています。継ぎ目を旧モデルのパンチングではなく、プレス方式で接続しているため、クラックが起こりにくい構造です。

専門的な製造工程を説明されても素人にはよく分かりませんが、要するにクラック(亀裂、ひび割れ)しにくくなったよ、ということ。

ここが値上がりポイント其の一。

 

全面メッシュパネル化

インナーテントすべてのパネルをメッシュ化できるように改良。

もともとオールシーズン活躍することがセールスポイントでもあったわけですが、これによって夏季もより涼しく過ごせるようになりました。さらにインナーの前後に出入口を配すことで、導線や風の通り抜けがよりスムーズに。

出典:DOD

インナー同様、フライシートも全面メッシュ化されています。

ここが値上がりポイント其の二。

 

ベンチレーターの改良

カマボコテント最大の弱点とも言えるのが結露のしやすさ

その大きな要因は、

  • リビング空間(土間部分)が広く、地面からの湿気があがりやすい
  • スカートがその湿気を逃がさない

などが考えられます。

そこを改善すべく見直されたのがベンレーターの構造。

出典:DOD

ここが値上がりポイント其の三。

 

まとめ

以上3点が値上がりの大きな要因。

カマボコシリーズの手頃な価格に魅力を感じていた方はいよいよこのカマボコ3が買う・買わないの分岐点になるでしょうか。Lサイズともなるとスノーピークのエルフィールドがもう少しで手の届く価格ですし、ヴォールトならSサイズよりも安くなります。

つまりこれはDODがカマボコテントのセールスポイントを価格ではなく、クオリティに舵を切ったことの証左。人気テントであるがゆえにユーザーの声が届きやすく、それをフィードバックさせた結果の改良に伴う値上げというわけです。

 

ちなみに今回のカラーはタンとカーキの2種類。

出典:DOD

個人的にタンカラーはカマボコ2のほうが好みだったかも。

また他シリーズにはない豊富なオプションの存在も魅力的。

出典:DOD

 

抽選販売は2020年1~2月頃を予定。

おそらくDOD公式オンラインショップでの販売になると思われるので、必須となる会員登録は事前に済ませておきましょう。

 

こちらの記事もオススメ
DODの真骨頂!TCサイドテント&サイドパネルでワンタッチタープがメガ進化!
拡張型ワンタッチタープ ワンタッチタープあるいは簡易タープなどと呼ばれる、運動会やフェスでお馴染みのアレ。重くてかさ張るという大きな欠点はあるものの、省スペースかつ比較的容易に設営でき、さらに安価であることから幅広い層に支持され続けていま...
【徹底検証】DODパップフーテント2はどこがどう変わったのか?
パップフーテント2 軍幕、とりわけUSパップテントの意匠を取り入れたレジャー仕様の民生テント。ガレージブランドでしか取扱いのなかったこのジャンルに大手ブランドとして先鞭をつけたのがDODでした。 初代パップフーテント ...
ついにDOD直営Eショップがオープン!したはいいけど…
満を持して DOD直営のEショップが遂にオープンしたって言うのでちょっとお邪魔してきたんですが、今のところ(2019年11月時点)「ホットサンドメーカー専門店」でした。 いや、ホントに。 これは公式からも申し訳なさそう...
【エイテント/ショウネンテント】DOD2019秋の新作をじっくりチェック!【めちゃもえファイヤー】
エイテント/ショウネンテント DODから新たに発表された二種類のロッジ型テント、それが「エイテント」と「ショウネンテント」 最大5人が就寝可能な「エイテント」はノルディスクのユデゥン5.5やテンマクデザインのPEPOと競合するサイズ...
これぞDOD的発想!モノポール型2ルーム「ヤドカリテント」が新登場!
ヤドカリテント 百聞は一見に如かず。まずはこちらをご覧ください。 一見するとテントなのかタープなのか判然としませんが、、、 これはいわゆる「2ルーム」の概念をモノポールテントに持ち込んだもの。 現状でも例...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、野営地とキャンパーのマッチングwebサービスを立ち上げたものの志半ばで断念。返す刀でアウトドアニュース配信者に変わり身して日々奮闘中。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET