FIELDOORから木製スパイスボックスが新登場!ってまんまアレなのでは!?

アウトドアニュース
スポンサーリンク

それでいいのか!?FIELDOOR

FIELDOORが生み出すプロダクトは既存製品のデザインに大きなアレンジを加えず、よりコストパフォーマンスに優れた価格設定とする傾向にあります。

 

例えば先日発売された大型サイズのウッドロールテーブル

FIELDOORの人気ウッドロールトップテーブルにビッグサイズが追加!
ウッドロールトップテーブル 当時、高嶺の花だったウッドロールテーブルをどこよりもコスパに優れた価格に抑えて投入し、その歴史を上書きした「ハイランダー事変」から早数年。 その後、競合他社も追随し、今では2万円以下の価格設定も決して珍し...

他社と比較しても頭一つ飛びぬけた驚安価格は目を見張るものがあります。

たしかに似たような製品なら少しでも安いほうに手が伸びるという消費者心理も十分理解できる一方、ブランドとしてのセールスポイントが“安さに先鋭化してしまうのは、長い目で見た時に与える影響として良いものだとはわたしには思えません。

 

なんてことをつい考えてしまうのは、先日取り上げたYOKAとナチュラムの騒動があったから。

【アウトドア業界の闇】パクリとインスパイアの境界線ゆるふわ問題を考える
YOKA 怒りの告発 アウトドア業界に限ったことではありませんが、ヒット商品やヒットサービスの影には二匹目のどじょうが常に身構えているもの。もちろん模倣されることは名誉なことである一方、時に死活問題にも発展する可能性を孕んでいます。 ...

これまではいち消費者としての立場でしか考えていなかったのが、YOKAが訴えるアイデアやデザインを盗用された側のリアルな心の叫びを耳にし、「たしかに丸パクリ(に近いかたち)されたら腹も立つよな」という至極当たり前なことに気付かされました。

 

木製スパイスボックス

と、前置きが長くなりましたが、ここでFIELDOORの新商品をご紹介。

ご覧ください、このスタイリッシュなスパイスボックスを。

出典:FIELDOOR

 

アウトドアアウトドアしていないのでご自宅で利用しても違和感なし。

調味料だけでなく引き出しにはカトラリーなども収納でき、うっかり忘れものをする機会もぐっと少なくなるでしょう。

出典:FIELDOOR

 

こんな独創的なアイテムって見たこと、、、

 

 

いや、あるぞ!!

アレでしょ!?テンマクデザインとSOLUMがコラボしたスパイスボックス!!

出典:テンマクデザイン

取っ手の具合といい、棚や引き出しの配置といい、誰がどう見てもまったく同じ

変更点と言えば全体のサイズ感をやや大きくしたことと、転落防止のバーを木製からアイアン製にしたことくらい?

出典:FIELDOOR

 

例えばですけど、スノーピークだったらこんな真似しないと思うんですよね。

メーカーとしてのプライドがそれを許さないし、担当者に魔が差して企画しても会社として最終的なゴーサインは出さないだろうと。

 

正直言うと今回のスパイスボックスだってテンマクデザイン製のものが完全オリジナルかどうかわたしには分かりません。ひょとしたら何か別の元ネタからインスパイアされたのかもしれませんし。

少なくともわたしに分かるのはFIELDOORのスパイスボックスはテンマクデザインのものに酷似している、という一点だけ。

もう一歩踏み込むと、FIELDOORが低い価格設定を実現できるのは開発費用を必要としないからだと言ったら言い過ぎでしょうか。

狼よさらば(Death Wish)

そんなわけで消費者がこれをどう受け止めるかは自由ですが、少なくともキャンプ好きが高じてこうしたメディアを運営する身分としては「この商品はこの商品に酷似している」という事実くらいは指摘しておきたい。

 

そのうえで「いや、別にどこの誰がが作ろうが安いほうが助かるので」って方がいても全然OK。特にビギナーの方は嬉しいでしょう。その心情はよく理解できます。

わたしもこれまでアルパインデザインのパチノックスやヒルバーグのアラックそっくりなnature hikeのテントを購入してきました。そして残念ながらどちらも使い心地は抜群です。

 

勘違いしないで頂きたいのは、正しさを争ったり、あるいはクオリティの優劣をジャッジする気などさらさらないということ。あくまで「これってあのメーカーのアレにめちゃくちゃ似てるよね」という(なるべく)客観的な事実を指摘しておきたいだけ。

で、それが結果的にオリジナル商品のクリエイターさん、メーカーさんの利益に繋がれば本望かなーという地味なビジランテ(自警団)活動。

 

0を1にする作業というのはどんなジャンルであれ苦しみが伴うもの。

それをあっけなく横取り40万していくのはやはり健全ではありません。

クリエイターが心血を注いだプロダクトを安易にコピーするアウトドア業界の悪しき風潮にNO MOREアイデア泥棒という銃口を突き付けていく所存!

 

いくぞ、エイエイオー!

 

こちらの記事もオススメ
【アウトドア業界の闇】パクリとインスパイアの境界線ゆるふわ問題を考える
YOKA 怒りの告発 アウトドア業界に限ったことではありませんが、ヒット商品やヒットサービスの影には二匹目のどじょうが常に身構えているもの。もちろん模倣されることは名誉なことである一方、時に死活問題にも発展する可能性を孕んでいます。 ...
テンマクデザインSOLUMコラボのスパイスボックスがAmazonプライムの対象に
スパイスボックス 大人気のテンマクデザインとSOLUMのコラボシリーズ。 そのスパイスボックスがAmazonプライムの対象商品となりました。 魅せるキャンプあるいはBBQギアとしてハイレベルな逸品。 アイデア次第でスパイ...
FIELDOORの人気ウッドロールトップテーブルにビッグサイズが追加!
ウッドロールトップテーブル 当時、高嶺の花だったウッドロールテーブルをどこよりもコスパに優れた価格に抑えて投入し、その歴史を上書きした「ハイランダー事変」から早数年。 その後、競合他社も追随し、今では2万円以下の価格設定も決して珍し...
価格破壊!FIELDOORからパネル式 木製囲炉裏テーブルが新登場!
パネル式 木製囲炉裏テーブル アウトドアシーンで焚き火を囲みながらお酒や料理を楽しめる囲炉裏テーブル。 一度使ってみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。快適さだけでなく、小さなお子さんの火傷防止策として導入を検討されている...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET