muracoの新作タイベックシュラフカバーはモンベル製とどう違うのか

アウトドアニュース
スポンサーリンク

タイベック素材とアウトドアの相性

タイベックとは主に建築現場で使われる透湿・防水性に優れたシートのこと。

似た特徴を持つアウトドアではお馴染みゴアテックス素材と違い、素材自体が入手しやすく価格も手ごろであるため、数年前はタイベック製のシュラフカバーを自作する方も多くいらっしゃいました。

近年ではモンベルからもタイベック製のシュラフカバーが製品化されており、購入してしまったほうが手っ取り早い環境となっています。

他にはタイベック製のバッグなんかも比較的目にする機会が多いかもしれませんね。

 

で、先述したモンベル製のタイベックシュラフカバーがこちら。

出典:モンベル

 

そうですね。

質の良いものを手頃な価格で提供してくれる代わりにデザインに関してごちゃごちゃ言わない、というのがモンベルと我々ユーザーのコンセンサス。

 

まさかとは思いますが、このデザインに納得がいかないのなら、muraco(ムラコ)の新作タイベックシュラフカバーはいかがでしょうか。

タイベック素材は基本的に白であるため、モノトーンを基調とするmuracoとの親和性は言わずもがな。

出典:muraco

気温10℃前後なら激安化繊シュラフでも十分機能しますが、デザインの野暮ったさだけはいかんともしがたいもの。そこで活躍するのもこのmuracoのタイベックシュラフカバーというわけです。

 

出典:muraco

シュラフカバー本来の目的は結露からシュラフを守ること、さらに副次的効果として保温性のアップが期待されるわけですが、muracoのシュラフカバーならここにスタイリッシュさも手にすることが出来ます。

出典:muraco

単純にモンベルとmuracoのスペックを比較したものがこちら

モンベルmuraco
重量154g202g
使用サイズ225×84cm220×86cm

ULあるいはコスパ原理主義者なら問答無用でモンベル一択。しかしながらオートキャンプならこの程度の重量差は誤差の範囲。価格にさえ目を潰れるなら、muracoのシュラフカバーは非常に魅力的でイケてるのではないでしょうか。

現在すでに発売中で発送開始は2020年1月末から。

 

こちらの記事もオススメ
muraco初の2ルーム「ZIZ 5P」が7/27発売開始!
ZIZ 5P 2019年の春先より情報が小出しにされていたmuraco初の2ルームテントとなる「ZIZ 5P」がいよいよ発売されることになりました。 名前の通り5名が寝泊まり出来る空間を備え、吊り下げ式のインナーを外せば倍の人数が寛...
muraco初の焚火台SATELITE FIRE BASEの収納ケースはこんな感じ
SATERITE FIRE BASE 先日お伝えしたmuraco初の焚火台に続報です。 収納ケースのデザインや仕様が公開されました。 パッと見た感じ折りたたみ傘のよう。 ちょっとわかりにくいですが...
muraco初の焚き火台SATELLITE FIRE BASEはグリルメッシュもスタイリッシュ!
SATELLITE FIRE BASE いよいよ発売間近となったmuraco初の焚き火台SATELLITE FIRE BASE その近未来的なガジェットの用途が極めて原始的な「焚き火」であるというシュールさ。 ピコグリルやMO...
muracoから虫の嫌がるハーブエキスたっぷりの化粧水が登場!
アイキャッチ出典:muraco ”m” OUTDOOR SPRAY muracoからこれからの季節に活躍してくれそうな化粧水が登場しました。 アウトドア好きな方でも蚊やアブといった虫とはなるべく仲良くしたくないですよね。 虫...
プロフィール
SIDE B CAMP
Dr.ネロ

現役会社員の傍ら、登山とキャンプとサウナを満喫するアウトドアニュース配信者。too machな情報をサクッと軽めの記事に調理してお届けします。

フォローする
スポンサーリンク
アウトドアニュース キャンプ道具
スポンサーリンク
フォローする
SIDE B CAMP.NET